2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
26

Category: 2010年07月04日  美濃橋

Tags: ---

本文: 2  Trackback: 0

2010年7月4日 梅雨中の近場物件
2010年7月4日 梅雨中の近場物件

いまにも降り出しそう。 天気予報は、雨だったけど、全然単車に乗ってなかったんで近場物件を見学に強行。

昼ごはんは冷やし中華らしく 1時には帰って来こいと嫁。 暗雲の空を見上げながら11時ごろ出発。

愛知県道175号を西に「大毛」の信号を今日は、右折してみた
堤防に登ってそのまま「渡橋」で木曽川の支流「南派川」を渡る

川島の領土に一旦入り「平成川島大橋」で「木曽川」を渡る。  しかし雲がドドーンとしている。

「渡橋」は、露草色がハゲてきた色をしてた。


                              この写真は違う日に撮影

「渡橋」(わたりばし)は、愛知県一宮市光明寺と岐阜県各務原市川島渡町の「南派川」に架かる愛知県道150号・岐阜県道115号 一宮 川島線のトラス橋であるとアル。

供用 1964年(昭和39年)11月16日
延長 258m 幅員 6m
下路で曲弦のワーレントラスで4連。


                              この写真も違う日に撮影

「渡船」がやっぱりあった場所。 現在は、2代目。

初代は、1943年(昭和18年)10月に木造の橋が完成
昭和20年代に「美空ひばり」主演の映画撮影にこの木造の橋が使われたとある。
やばい見てみたい 

昭和20年代の美空ひばりの主演映画は、
1 1949年 「踊る竜宮城」
2 1949年 「悲しき口笛」
3 1950年 「東京キッド」
4 1951年 「鞍馬天狗 角兵衛獅子」
5 1952年 「りんご園の少女」
の5本だけどタイトルを読む限り あまり見たく・・な   メモに残しとく

1959年(昭和34年) あの。伊勢湾台風で完全に流出。仮橋が架けられたけど。
1964年にやっと現在の鋼製の「渡橋」が完成。5年間は、だましだまし

1996年先の「平成川島大橋」開通から10年。交通量が増したので

2006年に歩行者、自転車専用橋が「渡橋」の横に出来た。 
延長 270.3m 幅員 3m
下路で平行弦の連続ワーレントラス
まだハゲてない露草色。ついででは、塗れない。

歩行者、自転車専用橋の方が12mも長いのは、なんで? 「南派川」って名前も小さい時から渡っているのに初めて知った。  まぁ普通すぎてあんまり。「平成川島大橋」は、もっと興味なし。


「アクアトトぎふ」を左手にスルーして岐阜県道93号「河川環境楽園東口」の信号左折。左折しても岐阜県道93号のままで、堤防に登る様に左折と云うか、左コーナーの登り。 ちょうど信号に引っかからないで「東海北陸自動車道」の高架をくぐる。 岐阜県道178号のピアゴとセブンイレブンの信号を右折して、道なりに国道21号をくぐる。下から見る国道21号のプレートガーター部は、オリーブ色をしていた。ハイセンス。いい色だ。

くぐってすぐ岐阜県道77号に左折する  岐阜県道77号のここ「境川」の支流かな に架かってるコンクリートの橋は、古そうだなー 欄干の造りなんかは、なかなか、カッコイイ。
この岐阜県道77号は、旧国道21号だからきっと古い橋だろう。いっかい止まってちゃんと写真を撮らんといかんな

県道77号から国道156号に右折してストトトトーと「境川」を渡るこの橋に名前は、あるのだろうか。
「名鉄各務原線」をくぐって、すぐ「高山本線」をひと跨ぎ。 お盆休みには、国道41号を上って「高山本線」の多くの橋梁たちに会いに行くよ ぜったい。

少しずつ登って「岩戸トンネル」頭上の岐阜城は、天気のせいか機嫌が悪そう。 「岩戸トンネル」は、明るくて怖くないぜぃ。  大きくて広い国道156号ズバーっと。 「日野」の信号でいつもどうり一気に道幅が狭くなる。
でも好きな道。よく見ると廃線あとの電車のレールはもうないけど、駅とかの遺構がいっぱいだ。
いまのうちに写真を撮って20年後とくらべんといかんな。

国道156号は、おなじみの道 だし 数字の並び的にも好き。 イチコロ。


しかし雲がどんよりしている。 ブ厚くて下側は、影になって黒いのがたくさん浮かんでいる 
デリデロデリリン と魔王のリズム。 雲より上は、晴れてる。 どうか降らないで。

1時には、帰るつもりで近場物件のつもりが、 結構走ってるなぁ 国道156号からは、遠回りだったみたい

やっとこ「小倉城」の山が見えた。 坂を登って下って 道の駅「にわか茶屋」を左手にスルー。
「曽根」の信号左折して「 新 美濃橋」で長良川を渡る。 渡ったドン突きまた左折して、見えました。

「美濃橋」 重苦しい空に、ブスッとした表情で長良川に架かっております。


 
「美濃橋」(みのばし)は、岐阜県美濃市の長良川に架かる、人、自転車専用の吊り橋であるとアル。
1915年(大正4年)に起工 1916年(大正5年)8月完成。
橋長 113.0m 支間 116.0m 幅員 3.1m

現存する最古の近代吊り橋であり、2001年(平成13年)に土木学会選奨土木遺産を受賞して、2003年(平成15年)に国の重要文化財に指定されたと

昭和40年頃までは、小型乗合バスなども通行していたとアルけど床板は、木だよところどころコンパネを上からビス止めして補修してあるし、 渡るのおっかない。

主塔と云うか門だな は、コンクリートの白色でトラスの補鋼は、赤色となかなかの配色。 門は、どっぷりめな大きさで強度計算しずに「勘」で造ると大きくなり過ぎるんじゃないだろうか。
計算は、してるだろうけどスマートじゃない。



アンカーの片方は、裏の畑に刺さってて、のんきだ。もう片方は、小倉山に刺さってた。



長良川は、やっぱり水量が多く濁って流れも速い。今日じゃない日に見たらだいぶ印象が違うだろうな

また来ると思う。さようなら

ここに着いたのが12時40分ごろで。帰りに冷やし中華用のハムを買って来るよう留守電がはいってた。近道に切り替えても2時ぐらいになっちゃうと折り返すも、もう麺ゆで済みのご様子。急いで帰る。

国道156号から岐阜県道17号に左方向に進み「マーゴ」をスルーして少し登りながら「津保川」を渡る 橋の名前はわからない  左手に廃橋があるな、見つけた 今日は、急いでるんでスルーまた会いに来る。

ストトトトーと緑の濃い山道から下って行くと ちょこっと街になったなーと思ったら 国道21号に出て「名鉄各務原線」を高架でまたぐ。いっつも思うけど 各務原の漢字に(かがみはら)の「み」の字は、文字どうり「み」あたらない。 まぁいい。


スーパーを完全に無視してしまったのでセブンイレブンで75円のハムを2つ買って「愛岐大橋」で木曽川を渡って帰宅。

「愛岐大橋」(あいぎおおはし)は、愛知県江南市草井と岐阜県各務原市前渡東町の木曽川に架かる
愛知、岐阜県道17号江南 関線のトラス橋であるとアル
供用 1969年(昭和44年)
延長 610.4m 幅員 8.1m
3径間連続で平行弦のワーレントラスで3連。


2006年奥田瑛二監督、モントリオール世界映画祭でグランプリを取った「長い散歩道」のロケ地の一つだそうだスゲーな うーん。

たぶん露草色だったけど禿げてところどころ錆びはじめてる 塗装のほったらかしかげんとテキトーな名前の付け方からあまり大事には、されてないみたい

本日の走行距離 74km ぬれずにすんだ。





スポンサーサイト