1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
09

Category: 2012年07月08日 近場物件

Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

2012年07月08日 近場物件 前編
2012年07月08日 近場物件 前編

昨晩 嫁に今日は雨だと 散々 脅されてたけど 見事に晴れたぞ  自分が行きたくない寄り合いに参加しなければならないらしく 嫌がらせをされた 

結果 ノープラン。 でもこんな時の為に いつでも行けるだろうと思ってて、なかなか行けてない近場物件の調査に 8時頃 出発。 やっぱりキックは10回以上 ちょっと間をあけると すぐこれだ

木曽川の左岸側の堤防道路を走って「ライン大橋」で木曽川を渡る ものすごく水を放出していた ずーっと雨だったから水量 ハンパない

渡ってすぐ 久しぶりに「犬山城」とSRの記念写真。  いい天気

P7080365.jpg

相変わらず 凛々しいお姿  おはようございます


振り向いて渡ってきた「ライン大橋」 こっち側から見ると水面がおとなしいけど反対側はすごい水しぶき

P7080366.jpg


国道21号に入って、 坂祝町を抜ける  今月の28日に花火大会が行われるって 横断幕が張られてた

国道21号で国道41号をくぐって、「中山道 太田宿」の辺り 前から気になってた 碑。

P7080374.jpg

右 東京善光寺  左 飛騨高山 って書いてある すごくザックリした道標だった  結構古いけど こんなに大雑把だと みんな目的地まで かなり迷ったんじゃないかな  まぁいいや


国道21号と国道41号の重複区間 途中でこれも久しぶりの「太田橋」に寄る

P7080388.jpg

やっぱり 大正生まれなだけあって何回見てもすごいな 天気のおかげで迫力度アップ。 

P7080378.jpg

アールデコな親柱に青銅の装飾が施され 取付けられてるランプもよく似合ってる  きちんと立ってる紳士みたい。 か ヘルメットをかぶったどっかの国の門番さんかな  いい感じ。  また寄らせてもらいます  さようなら



「太田橋」で木曽川を渡って国道248号の「新太田橋」でまた木曽川を渡ったすぐ 「今渡ダム」。今回は忘れずに写真を撮った  やっぱり水がたっぷりなのか ダムもお仕事の真っ最中

P7080392.jpg

このローラーゲイトのすぐ裏 JR太多線の美濃川合駅にも寄った 午前中だからなのか結構意欲的なオレ

P7080393.jpg

無人駅で入場券とか必要ない   緩やかなカーブを描くホームの先端まで行くと いましたJR太多線の「木曽川橋梁」  風 は、もうちょっと具体的な指示がほしい

P7080394.jpg

この橋も太田橋も 2010年5月30日に詳細があります 興味のある方 は いませんよね グスン。



気を取り直して国道41号から岐阜県道350号に右折して 八百津町に向かう。 途中、へんてこな看板と記念撮影 なんだ「へぼ」って 

P7080399.jpg

岐阜県(東濃地方)では、地蜂の子を「へぼ」と呼び、炊き込み御飯へぼめしにして食べる習慣がある。甘露煮にした瓶詰も作られて販売されている とアル。 そんなの聞いた事ないぞ 本当なのかな 岐阜の人間は全員蜂の子食べると 思われるの なんだかやだな  オレ チャレンジもしたくないけど へぼに罪はない



岐阜県道350号から有名な酷道418号に変わって、だんだんと登って行くのがわかる この辺は酷くない

P7080432.jpg

トンネルをくぐって右折して道なき道を進んでくと 丸山ダムに出た 丸山ダムも水大放出中。

P7080433.jpg

そのすぐ下流側に「小和沢橋」と「のぞみ橋」発見。

P7080438.jpg

こっちの吊り橋が「小和沢橋」もう使われてない感じ

P7080444.jpg

「小和沢橋」
1952年(昭和27年)
吊橋トラス補剛

すぐよこに「のぞみ橋」

P7080442.jpg
 
のぞみ橋(のぞみばし)は、岐阜県可児郡御嵩町と加茂郡の木曽川に架かる橋
新丸山ダムの建設工事車両用の橋。完成当初は一般車両などの工事関係者以外の者・車両の通行は禁止されていたけど 現在は小和沢橋に代わって一般車両なども通行できようになった

供用  2003年(平成15年)11月16日
延長  91.6m 
構造  端部分離型上路式PC吊床版橋
平成15年度の土木学会田中賞(作品部門)を受賞。とアル

ほんとちょっとめずらしい感じ だけどあんまり興味湧かない 残念。
   


来た道戻ってもう一回、国道418号にでた どなたか偉い人の写真がでっかく道路沿いにかざってある いけないとわかっていてもスルーした   でも旧 八百津発電所の誘導看板に誘われて右折すると 茂り過ぎてしまった木の葉が 幾重にも重なり お日様を透さない暗い暗い道に迷い込んでしまった 頼りないその道には、山から溢れ出す昨日までの雨水で川が出来ている 洗い越しが幾つもあって 後輪をとられる。 早く抜け出したいなと思ってたら いきなり開けて 諸田公園に出た 諸田公園の駐車場に単車を止めて ちょっと歩いて降りてくと 「旧 八百津発電所」

P7080406.jpg

天気がいいから まだ平常心を保ってられるけど、ここは一人で来るとこじゃないな 妖怪とか出てきそうな雰囲気。  建物にプラグが何本も刺さってる さすが電気が流れてそうな建物だ  一枚だけ写真撮って逃げてきた 
正確には、今は「旧八百津発電所資料館」。
1911年(明治44年)に竣工し、1974年(昭和49年)に廃止された八百津発電所の本館を博物館として活用したもので、1998年4月に開館した。同年5月には発電所本館、放水口発電所ならびに水槽、余水路と土地が「旧八百津発電所施設」として国の重要文化財に指定されている。とアル

こうやって写真で見ると、年代らしい ちょっと教会のようなわりと素敵な建物だけど  行くとわかるけど なにか結界がはられているような感じがした  奥の赤い橋は、「蘇水峡橋」上路のランガー。 もうしばらくいい さようなら


来た道と反対側に進んで行くと 居ました 本日の大本命の橋 「油皆洞橋」発見。 無骨  筋肉もりもりのじいさんって感じ

P7080414.jpg

イギリス人っぽい  鉄道橋の再利用なんだって  大人の握りこぶし ぐらいのピン ごっつい

P7080418.jpg

親柱も4つ立派なのが付いてるし すごくいい雰囲気。

P7080424.jpg

「油皆洞橋」(ゆかいどうはし)  
1954年(昭和29年)竣工
下路で平行弦のポニーワーレントラスで(ピントラス) 1連

また来ます さようなら


やっぱり 2012年07月08日 近場物件 後編につづく

スポンサーサイト

12

Category: 2012年07月08日 近場物件

Tags: ---

本文: 7  Trackback: 0

2012年07月08日 近場物件 後編
2012年07月08日 近場物件 後編
 
木曽川にそそぐ 油皆洞川を SRと「油皆洞橋」で渡って しばらく進むと 「八百津大橋」。が 太くなった木曽川を大きく跨いでいました

P7080450.jpg

「八百津大橋」(やおつおおはし)は、岐阜県加茂郡八百津町の木曽川に架かる岐阜県道358号井尻八百津線の橋
供用  1975年(昭和50年)
延長  357.9m 幅員  6.0m
橋の構造:3径間連続の上路で平行弦のワーレントラス


橋の真ん中まで来ると上流側に吊り橋の主塔が残ってた この主塔は、全長148.0m 幅1.5mの「錦織橋」だったけど 1983年(昭和58年)9月29日の集中豪雨により流出してしまったとです (涙)

P7080451.jpg
 
川の水がすごく濁ってるな   振り向くと 橋上の貴公子。 フフフーン  いい天気

P7080453.jpg

「八百津大橋」で木曽川を渡り 県道381号から県道83号にぶつかる所に なんかあった

P7080455.jpg

2001年(平成13年)9月30日限りで営業を終了した「名古屋鉄道八百津線」の八百津駅跡だった  そうだったんですか としか言い様がない  トヨタのお膝元故なのか この地域は鉄道が延びて行くってことがない 名鉄だけが頑張ってるけど 主要部を残してるだけで 毛細血管は切れて行く一方  この記念碑も何年か経つとただの置物になって意味をなくしてくんじゃないかな  周りは、真新しい住宅が幾つも建ってたから 駅が無くなってからこの地に来た人は、語り継いでいくはずもない  アーメン

後ろにくくってあるのは、新調したカッパ関係。 嫁が云うには、絶対雨が降るから持って行けと シツコイからさぁ 


県道83号で多治見市に向かう。 岐阜 うどん ランキング って打つとヒットする「信濃屋」さん 食べログの評価は、実に3.68と違いのわかりにくい食品にしては高得点。 口コミ 78件 | お気に入り 44人 | 行ってみたい 296人 ]  行ってみたい人この時点で297人になったよ 出ーー発。

山を登って下る 山間なのに暑いし 全然くねくねしてないし 峠に名前もない   道も太くなってきてそんなに田舎でもない 住宅地を通り過ぎ 国道248号に左折するといきなり都市になった でもなんか工事してて渋滞。 こんな時単車は助かる 国道248号からそのまま真っすぐすすむと国道19号に変わった すぐ 中央本線の高架の手前を右折すると  この辺りなはず 道が細くて住宅街 「信濃屋」さんはきっと隠れ家的なんだな 時間もちょうど11時24分。  駐車場でプリウスを洗車していた おじさんに尋ねてみた (この辺りにおいしいうどん屋さんがあるって聞いてきたんですけど) そしたらおじさん (ああ信濃屋さんね) やっぱり超有名なんだ と思った直後 (キョウハヤスミダヨ) キョウハヤスミ?  あのう今日、全国的に日曜日ですけど それにこの地域すごい天気いいし    でも関係ないみたい雨でも営業日は営る様。  もう随分大人なんでおじさんの前では そんなにショックじゃない振りをした。  場所だけ聞いてSRと「信濃屋」さんで記念撮影。 (号泣)

P7080459.jpg

どなた様も この営業日時トラップに 是非、引っかかてほしいので 営業日は確認してこなかった かなりワイルド  ひょっとしたら来週の日曜日は営業してるかもね へへへ

パンクしてるんじゃないかって云うぐらい 重い足を引きづりながら「信濃屋」さんを跡にした

気を取り直して、近所にあった和食屋さんに入店。 そんなに期待してなかったけど 捨てる神あれば拾う神在り。 もう口がうどんだったんで、さるうどんが付いた 「夏膳」にした そしたらドドーンと来た。

P7080461.jpg

茶碗蒸しをセンターに持ってくるこのセンス イカすぜ  オレ茶碗蒸し大好き けして主役じゃないよ でもあの裏ごしされた玉子と出汁の滑らかさ 外からは何が入ってるかわからない びっくり箱的な楽しさは、老若男女 誰からも好かれる  サウイフモノニワタシハナリタイ。

出てきたときは、こんなに食べれるかな って思ったけど おいしいからペロッといった ちょっとだけ付いてる コーヒゼリーまで ちゃんとおいしかった  ごちそうさまです



午前中にいっぱい汗をかいたんで今度は、お風呂。  すごく気に入ってる「三峰温泉」は この辺りじゃなかったかなと 地図で確かめると だいぶ戻んなきゃならない   近場物件はあと3本  時間はたっぷりあるから大丈夫

「三峰温泉」
のんびりと、ゆったりと…四季折々の景色を眺められる露天風呂。天然温泉アルカリ単純泉なのでシルクのようやさしい肌触りのお湯が疲れた体を優しく癒します。とあります

リニューアルオープン って 開店花がズラリと並んでたけど あんまり変わった様子がなかった
 

さっぱりして出発。 また多治見の方に戻る そう云えば 多治見市って 日本で最高気温を叩きだした伝説の都市だった  暑いわけだ

国道248号の「国長橋」で 土岐川を渡り 県道15号に右折して 土岐川沿いを上る  川沿いになった途端にヒンヤリとした 天然のクーラーにスイッチが入った  木漏れ日の川沿いはとっても気持がいい

対岸の山には、今はもう使われていない 旧中央本線の古いトンネルがたくさん保存されてて こっちを見てる 目も会わさず 走り抜けてると  トンネル抜けた先に 居ましたよ 「天ヶ橋」。 ちょっと曇ってきて残念だけど 上路のアーチは、赤色がとっても似合う  会いたかったよ

P7080470.jpg

「天ヶ橋」は岐阜県多治見市の土岐川に架かる橋
1926(大正15)年12月
橋長 51.2m 幅員 2m
上路の2ヒンジブレスドリブアーチ

本当きれいな橋だね  また来ます さようなら


川沿いに道なりに県道15号を進むと 定光寺駅前に 堂々としたお姿の 「城嶺橋」発見 京都の昔の四条大橋をオマージュ。 の割りには、結構西洋的な感じもするね

P7080479.jpg
 
すぐ横の廃墟ホテルが不気味 有名な心霊スポットになってしまっている

P7080477.jpg

「城嶺橋」(しろがねはし)
1937年(昭和12年)竣工
橋長 71.9m 橋幅 4.5m
上路のコンクリートアーチで  3連

それじゃ さよなら


また川沿いに道なりに県道15号を進むと 一方通行の「鹿乗橋」。 知らなくて 逆走してしまった ごめんなさいね  途中で気づいて降りて押した 幅員が3mしかないけど 車の人結構スピード出して通ってく

P7080487.jpg

入口のコンクリートの欄干は、だいぶ血を吸っているな

P7080490.jpg

降りれないかなと近所を探してたら 中央本線の橋台が煉瓦積みだった 単線の時代からそのままなんだ

P7080491.jpg

結局 橋のすぐ横から強引に降りて下から撮った

P7080492.jpg

「鹿乗橋」元は、
1910(明治43)年5月完成
橋長72.6m 幅員3m
上路2ヒンジブレーストリブアーチ橋

鉄のアーチ橋だったのを1950(昭和25)年10月にコンクリートで被覆補強した リニューアルコンクリートアーチ 

めずらしい  古くていつ壊れるかわからないから 知ってる人は急いで渡るのかな

本日の近場物件終了。   近場は、あと四日市と名古屋の堀川沿いに呼ばれてる  はーい

まだまだ暑かったから喫茶店でアイスコーヒー飲んで帰りました  雨なんか一滴も降りゃしない

本日の走行距離 忘れた