1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2011

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
23

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 2  Trackback: 0

2011年10月9日 高山祭り
近況少し  でもちょっと前

2011年10月9日 高山祭りに初参戦してきたーー

少し寒かったけど早起きしたよ 東海北陸道の木曽川 IC は家から5分と大変便利で利用頻度多し


ひるがのサービスエリアで朝ご飯。 鶏ちゃんうどん食べたけど写真なし 初めてだったけど残念 味はうどんに鶏ちゃん2、3個 乗せた感じ。
  


あれに見えるは、「大日岳」らしい  いい天気。


渋滞もなくすんなり高山市内に入れたけど 何時も停める駐車場が満車。(一般のコインパーク) 絶大な信頼をおいていただけに この裏切りが信じれない  他に頼るところも知らないし うろうろ。

やっとの思いで見つけた駐車場は、ちっと歩かないといけない 遠いとこ。
でもそのおかげで偶然 挾土 秀平(はさど・しゅうへい)さんの塗り壁が見れた ラッキー



こんなフツーに古い街に溶け込んでるのがすごいね し 大胆。





ちょっと肌寒いのに 打ち水の出来る水路は、 防火対策で町中流してるの かな





高山には、毎年2回以上は来てる だから宮川沿いの朝市では、お気に入りのカブ漬けをいつも決まった人から購入するぐらい きっと常連。 いつもの朝市って感じ



ポポ 日本のバナナって書いてある  バナナの本場でもこれは、まだ青くて小さいと判断されるだろう
 




いつもと違うのは、今日が秋の高山祭りの日 だから、朝市の最後の方は、野菜とかじゃなくて、普通の祭りの出店になって、鶏皮串とか焼きそばとか売ってた 普段は、なかったと思う。
 



朝市の通りからはずれて、お祭りの出発点「桜山八幡宮」に向かうと 少し しなやかな街を通る。



まだ アサガオが控えめに咲いてた。葉っぱのハートマークがいっぱい ロボコンがんばる
  




まずはお参り。  伊勢神宮の人気ぶりに比べたら まだまだ だけど結構人いっぱい。




あまりにも天気が良くてたくさん人が来てくれたのを喜んで涙を流す馬。  偉い馬なのか




昔から噂は聞いていたけど、初めて見る山車は、凄く手の込んだ作りで妥協がない ほとんどが何百年もまえのもので、重要文化財になってたりして みんな神経をすり減らして保存している  まさに、お披露目の日。 晴れて良かったね
日本の装飾はシンプルなイメージがあるけど 仏壇とか霊柩車なんかは デコデコの派手派手 奥深い人間模様を表しているのか どこかエロい。



うーうー 唸り声が聞こえてきそうだけど  こいつは、この枠からでられない。





大胆に商売替えをしたのか それともオーナーが変わったのかな 経費を掛けずにうまくいった





このにぎやかな通りに面した路地 と云うか私道。 この家の持ち主は、高山まつりをどう思っているかな
商売をしてれば、人が集まるのはうれしいだろうけど。


  


気を取り直して「やよいそば本店」の高山らーめん はじめて食べた。意外と醤油醤油してなくて、結構オイリーだったな 麺は、細ちじれでスープに良く絡んでおいしいかった すごく混んでたんで名店なのかな




お腹いっぱいになって、高山を抜け国道158号で 「ひらゆの森」へ いつもの楽しみ。
途中、「ほうのき平」に寄って、散りかけのコスモス見たけど写真はなくて

 
「ひらゆの森」には、いろんなナンバーの単車が沢山来てて 天気いいから羨ましくて
温泉出てからすぐ近くの平湯大滝を見てきた



ハシャグ嫁40歳。
  



平湯大滝の入口に足湯があって すごい硫黄臭 本物の温泉。足湯に浸かったまま食事できるみたい。
みんな景色を見たり本読んだり ウトウトしたりして贅沢な時間を楽しんでた。





帰り道、もう紅葉始まってるかなと  下道のせせらぎ街道を通ったけど、 まだ全然。
急に薄暗くなってきて、遠くで子供を叱るお母さんの声。 前に来た時イノシシを見たのを思い出して 怖くなって車に飛び乗り急発進。



帰り道沿いの国道156号
岐阜県美濃市で  あかりアート「和紙とうだつの町」をちょうど開催してて寄ってみた
プロアマを問わず 地場産業の美濃和紙を使ったランプを制作して 道に置き 2日間だけ古い町並みをライトアップしてる 現代感覚でデザインされた個性豊かなランプ達だけど。 どの作品もあかりを灯せば 古くから伝わる灯籠の様に見えるのは、美濃和紙の素朴な暖かみを透かしてるから なのかな





なかには、小学生が作ったものもあって その小学生が私が作ったと説明してくれた  もう遅いから帰ったほうがいい。   どれかは、もちろん覚えてない。









こうして長い一日を使い 嫁さん孝行していれば、連泊での一人キャンプツーリングの許可が下りるんです
ロボコンがんばる。


スポンサーサイト

10

Category: 2010年07月19日 空港と海

Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

2010年7月19日 海へ行って来た 完結
2010年7月19日 海へ行って来た 完結

国道247号を右折して、愛知県道301号に左折。愛知県道304号に右折。愛知県道303号に左折して「矢作川」を上って行く。

愛知県道303号の「中畑橋」で矢作川を渡ってから右岸側の堤防に。 中畑橋より河口側に2本橋あるけどトラス鋼橋じゃないからスルー。



この堤防は見通しが良くて 気持ちがいい ぶっ飛ばしてしまう でも80ケロぐらいだから
「米津大橋」なるコンクリティな橋の手前で堤防を降りなきゃいかんくて 信号まで出て直進のかたちで「名鉄西尾線」をくぐった。 また堤防に上がったら車が全然いないので ぶっ飛ばしてしまう。

客観的にこの行動を振り返ると  不格好としか言い様がないな。まず落ち着かんといかん。いい年だし。

そう云えば「中畑橋」は下路の平行弦で5径間連続のワーレントラスで、コバルトなブルーだった。


ストトトトーと堤防を走り抜けると、小さい風車 小さいって云っても大きい が見えて赤い橋に到着。

堤防を一瞬だけ降りる時に停止線があって、パトカーが隠れる様に停まっていたけど ちゃんと足をつけたんでセーフだった。 急ブレーキに近かったけど  あぶねい。

あんな所で取り締まる意味がわらない。 暑いから木陰で涼んでたのかもしれない。

赤い橋は、「志貴野橋」 青空に映える。古くはないけど何枚も写真を撮ってるので風景共々気に入ったんだろう



「志貴野橋」1970年(昭和45年)4径間連続下路で平行弦のワーレントラス。


左岸堤防はこの先行き止まりだったんで、Uターンして「志貴野橋」で矢作川を渡り右岸堤防を またぶっ飛ばす
ラブサイケデリコが歌うボブディランの名曲。 曲名失念。をすごいテキトーに何回も同じところのフレーズをうたいながら 川沿いのステキな道を上って行く。  いい天気。 べつに急いでないし。ラ〜ラ〜ラゥ ラララ〜ラララ。


へんてこな大きな橋が見えた。 どんなコンセプトなんだろう  「伊勢湾岸道路」の「豊田アローブリッジ」って云うみたい。  ぶっちゃけ「斜張橋」なんだけど   なんか主塔が 仏教的な形をしている。 でかすぎる。  SRを入れて記念撮影するも、でかすぎて霞んでいる。 



主塔のすぐ横を通れるようで近づくと、やっぱりもっとでかい。 真横に並んだ時の主塔のでっぷりラインは、あくびちゃんの履いていたパンツのラインにそっくりだった。
あくびちゃんは、インド人だと思うんで仏教的に感じたのは、間違いじゃなかった。


すぐ横を抜けて堤防沿いを走ってると堰があってそれが「水源橋」だったんで左岸側に矢作川をまた渡った。変態。 渡った左岸側は、愛知県道340号で  道なり? 川なり?に上って行くと しばらく木で視界が悪くて、ちょっと開けた時に 赤い橋が見えて、 これか って思った。 「鵜の首橋」。  由来は聞きたくないような 変な名前だったんで 昨日、地図を見てるときに印象に残ってた。


      橋に付いてる温度計この時で32度
「鵜の首橋」1962年(昭和37年)下路で曲弦のワーレントラスの2連。赤色。

1車線しかないのに一方通行じゃなくて、みんなカーブミラーでタイミングをとって、こちからも あっちからも。
結構交通量が多い。県道でもないけど 街の中心に位置しているからかな  これは、事故多いだろうな。逆にすごく注意して通るからいいのかな   渡らなかった  渡れなかった。


国道301号に出て「久澄橋」でまた矢作川を渡り 国道248号右折して「豊田大橋」でもう一回 矢作川を渡る 完全にいかれとる。 今日もいっぱい橋を渡った。



「久澄橋」1992年(平成4年)瀧上工業製1993年(平成5年)竣工。単主構下路ローゼの2連。

田中賞受賞の橋とアル。「土木学会田中賞」とは 1966年(昭和41年)社団法人土木学会が 橋梁・鋼構造工学での優れた業績に対して、土木学会の賞として設けた賞。 
名前の由来は、関東大震災後の首都の復興に際し、帝都復興院初代橋梁課長として隅田川に架かる「永代橋」や「清洲橋」といった 数々の名橋を生み出した、 田中豊博士にちなんだもの。

すげーー  「橋梁課長」って名刺に書いてあったのかな  カッコイイ。  オレが店内に作った橋はみんな木製なんで、 田中賞は、受賞できんな。    「永代橋」や「清洲橋」は、今も在る 現存する橋。 機能だけでも長く存在することは、できないだろうし 雰囲気や運もあるでしょう  造った物になんかが憑いたら本物だろう。  昔、みんながくじけそうな時 とってもがんばった人なんだと思う。

でも、「久澄橋」の良さは、オレには、わからない。  どうもなぁ



「豊田大橋」これは、下路のニールセンローゼで2連。
なんか アニメ 入った橋。 初号機っぽい。 あまり興味なし


「豊田大橋」を写真に撮ったのが 16時41分。 やばいなまだ豊田で5時。 帰るよ。

国道153号で名古屋方面へ。  国道153号久しぶり 長野の時は大変お世話になりました。
そう云えばさっき、国道248号に会ってるし、ヤッパリ岐阜で会った時と違って シティ派だった。


国道153号 途中の打越インターの所に架かるローゼ橋をわざわざ単車停めて写真を撮ってる。まぁわりと雰囲気のある橋だ。




本日の走行274km  日に焼けたし やけどした。





04

Category: 2010年07月19日 空港と海

Tags: ---

本文: 2  Trackback: 0

2010年7月19日 海へ行って来た その6
2010年7月19日 海へ行って来た その6




うめの湯 500円と意外と安い

体を洗って濁ったお湯に入ると マフラーでさわった足のふくらはぎが地味にしみる。 うー痛い

風呂場は、小さくて狭い。だから安いのかな サウナもない。ねばったけど15分ぐらいでその施設を全部使い切ってしまった。  昨日のレクチャーどうりに日焼け止めは、洗えたんだろうか。

髪を乾かしてたら 全身に入れ○の入ったおじさん登場してた たぶん同じ年ぐらいだと思う オレとは育った環境も競いあってきた人間もまったく違う人生なんだろうな 過ぎた年月は同じでも。 これからも負けんなよって云ってやった。    うそ 目も合わせなかった。

さっぱりして出発。

「うめの湯」[源泉名]南知多天然温泉「まるは」うめの湯
      [泉 質]ナトリュウム・塩化物強塩泉
      [泉 温]源泉37度
      [効 能]神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動マヒ
       うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期
       疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病 など

やけどに効いたかな、この後2日ぐらいしてすごく痛くて病院いったけど。

さっぱりして出発。 道がくねくねしてきて、地形をたどってるんだなと思った。

師崎港ターミナル。 単車とフェリーに乗って反対側の伊良湖岬に行ってみたい  フェリー初体験は、どこなんだろう たのしみ。

師崎の端から今度は、知多湾に沿って上って行く  カーブミラーにお尻を突き出したぶかっこうなおっさんがSRに乗ってる姿が映って、姿勢を正した。   さようなら伊勢湾。 サンセットがきれいだと、ところどころに看板が出てた。


天気のすごくいい海沿いはすげー気持ちいい
おおきなタワーホテルが出来とるなぁ と思ったら、マンションで こんなとこに住める人達は、もう働かなくってもいい人達かな。  ある程度は、働かないと休日の意味がなくなると考える自分は、貧乏が染込んでるんじゃないだろうか 休日を楽しみたくて ガンバって働く  まぁいいんじゃないかな。


                             写真拝借


海沿いだけどちょこっと街になってきて  美浜町の辺りかな の 海側の塀に かっぱが鯛を持って座っとったよ    もちろんニセモノ。


                              写真拝借



国道247号をずっと上る  この辺りの人々は、生活が苦しい漁師さんといった雰囲気はしない。結構 ポップでナウな感じがした。

国道247号の海側が大きな大きな工場地帯に変わってきた。 継ぎ足し継ぎ足しで工場を大きくしていったのか、まとまりがない。 この辺あいてるからこの機械ここに建設しよう ってな感じで どんどん大きくなって へんな風に完成した   デキソコナイのロボットは、 言う事聞くのかな。




街中になってきて交通量も多い タラタラ走ってると眠くなってきて何回もあくびがでるし、道路の照り返しで温度は、40度ぐらいじゃないだろうか。 でも不思議と汗はあんまりかかなかったな。



道を何度か間違えるも、なんとか国道247号で、 会いたかった「衣浦大橋」が見えた おおー   
右折しながらグレーの橋を渡るけど。 この辺では、めずらしいカンチレバー橋なんだけど。なんか ぱっとしない

「衣浦大橋」(きぬうらおおはし)は愛知県高浜市碧海町から同県半田市州の崎町に至る 海上 に架かる道路橋であるとアル。

国道247号、愛知県道46号重複区間で 衣浦湾で隔てられた知多半島と三河地方、碧海を結ぶ重要路線となってる

1956年(昭和31年)1月27日に有料道路として開通。
1968年(昭和43年)4月1日から無料開放。

下り線がトラスの方で6径間。
橋長 412m 幅員 8.9m 2車線。
カンチレバートラス



わりと新しいんで パット見あんまり ピン とこないんだろうか。 まぁいいし近くまで歩いて行ったわりに1枚しか写真とってないって事はあんまりだったんだな。



2010年7月19日 海へ行って来た 完結につづく