FC2ブログ
1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
24
25
26
27
29
30
31
  08 ,2012

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
20

Category: 2012年08月12日 急遽彦根

Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

2012年08月12日 急遽彦根
どうせ雨だし と思ってゆっくり起きた お盆休みの初日  
8時半過ぎに目覚めると 快晴とまではいかないけれど雨なんか降る気配もしない うんざりするぐらいの猛暑日。 すでに、約10,000匹のセミがシーシーシャーシャーと大合唱。  

あわてて天気予報を確認すると、かなり複雑な様子。 その中でも唯一 彦根方面は1日中雨が降らないと天気予報は云う  仕方ないし、もったいないから 急いで準備して、家を出たのがちょうど9時29分。

P8120798.jpg

確か彦根近くにもずーっと呼ばれ続けてる橋が何本かあったはず 今日はその為の日なのかもしれない

いつものように国道22号から左折して国道21号に合流。 アロハシャツをはためかせ簡単なヘルメットを冠って走るアメリカンな彼は、今日晴れる事を知っていた様にぶっ飛ばしてた  しばらく一緒に走しったけど 彼はマックに寄って さようなら

垂井町を過ぎると国道21号は、片側1車線の緑多き田舎の道に変わって「中山道」らしくなってきた 関ヶ原を過ぎて 滋賀県に入り 国道21号の中山道と東海道本線と名神高速道路が一番接近する辺り 高速からもよく見える廃業したデッカい ガソリンスタンド発見。 

P8120799 18-43-51

田舎の国道沿いには、廃墟レストランとか廃墟ラブホテルなんかもよく見られる こういった廃墟には どこから現れるのか全国的な範囲で 同じ人のポップな落書きを見る事が出来る。  いつかそう云った落書き解析の専門家がでてくると思っている 

「伝説の落書き人」 フフフ と考えながら走っているとデカイ「中山道」の文字 趣はひかえめ。

P8120801.jpg

ゆるやかに坂道を上り国道8号に突き当たる  左折して国道8ごうになってもまだ「中山道」のまま。 

道沿いに米原駅を過ぎた辺りだったと思う  蒸気機関車が煙をあげてたのが見えて線路をくぐり接近。

P8120807.jpg

おおー 蒸気機関車ーー  とは思ったものの それ以上こみ上げてくるものは、無かった 客車が新しいからだと思う  古けりゃ みんな偉いってわけでもない。  何人かのカメラマンがいて、みんなそれぞれ楽しそうだったから蒸気機関車も面目躍如。

国道8号に戻って彦根の街は、一旦スルー。 最初の目的地「芹川ダム」を目指す
国道8号のコンクリティーな橋上で信号待ち 川名を見ると「芹川」とアル「芹川ダム」は、この川の上流でしょうと左折して芹川沿いを上る  それにしても暑い 草ぼうぼうの川沿いは水面が見えない  

P8120819.jpg

感応式の信号待ちからのスタートでエンスト。  キック100回してもエンジン掛からない 邪魔になるんで押して信号を渡り なにも無いところで休憩。 SRはオイルの温度が高いとエンジン掛からない どうなだめてもスかしても掛かってくれない 仕方が無いので温度が下がるまで休憩。 めんどくさいヤツだけどオレも暑かったし まぁいいや

20分位してから再スタート 

芹川沿いを走っていると、今日ぐらいだったら10人の孫が帰省していそうな佇まいの豪農を発見。 さすがにこらえきれず SRを入れて記念撮影  いい感じ

P8120821.jpg

続けて、芹川沿いを走っていたつもりがいつの間にか 山間を走っていて スルスルと県道17号の終点「河内の風穴」に到着。なにココ ドコ? 駐車場と見学で700円也。

P8120829.jpg

山の中の木漏れ日の登り道を徒歩で しかも踵のあるエンジニアブーツで登って行く 完璧に山をなめてるな

P8120833.jpg

マイナスイオンたっぷりなツルツルすべる階段を 結構登ったら到着。 山の岩の裂け目からすごく冷気が吹き出てる場所 ここが噂の「河内の風穴」か  なんて噂も聞いた事無いし 来るつもりも無かったけど 岩の裂け目から山の中に入ってみた 

P8120837.jpg

オレの前のご家族出演、「河内の風穴の入口 〜おとうさんは、いつも大変〜」からの一コマ。

入口は、こんなに狭いけど中に入ると結構広い  勘だけど東京ドームの1/89ぐらいはあるって云う人が何人かいてもおかしくないと思う

P8120839.jpg

みなさんの服装や靴を見てもそうだけど 最初からココに来るつもりだった人は駐車場の整理をしていたあのお兄さんだけだと思う  わるいけどきっともう・・・ねぇ

駐車場に戻り地図を確かめると「芹川ダム」だいぶ通り過ぎていた ただでさえ遅くに出発しているのに余分な時間を過ごしてしまった 

気を取り直して「芹川ダム」近くに戻り 間違いなく管理道路をたどると   

P8120850.jpg

カギかかってるし   カギなんかかけて管理してたら この先に架かってる プラットトラス もう誰も見にこなくなるよ  芹川ダムを管理してる人ぉ  オレもう知らないよ かばいきれないからね

やっぱり今年の夏は呪われてる 運が悪いんじゃなくて もう運がないのかも  失意の中 まだ1本も会えぬまま 2012年08月12日 急遽彦根 その2につづく



スポンサーサイト