1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2013

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
22

Category: 2013年10月13日 淀川前編

Tags: ---

本文: 16  Trackback: 0

淀川沿い
お仕事の予定と秋の空。 と 云う事で 前日に急遽予定が無くなった体育の日。 いいのか悪いのかはあまり考えずに 行く気満々で早起きして見た秋の空は もう隅々まで太陽の光が届いて 高いし 奥の宇宙の暗闇が透けて見えるぐらいに蒼かった。 絶好の運動会日和、イコール 絶好のツーリング日和。 少なくても天気は歓迎ムードだったから心配事をよそに浮かれることができた。  前日の夜に近所で花火大会が開催されてて SRに乗って行ったから 今日はキック一発。6時半頃出発。

PA135086.jpg

いつもの国道22号、新木曽川大橋の橋上に取付けてある温度計は14℃を示してた いつもの国道21号に合流すると いつものように速度が一段階UPするから 走っていると寒い寒い  でも、もうこの時間帯からすれ違う単車は多いし みんな今だけ寒さに耐えてニヤけてる はず。 いい天気だもん すぐ暖かくなるのはお見通し。

垂井を過ぎて片側1車線になった国道21号だけど まだ車も少なくて快走。 でも国道8号に合流する手前に取付けてあった温度計も14℃のまま そろそろお日様にも本気出してもらわないと 肩凝ってマジヤバい。 それでも国道8号に合流して彦根を順調にすぎると いつもこの辺りから威厳のたっぷりこもった低い声が聞こえてくる ここまで来たら無視できないジェントルマンにご挨拶。

PA135091.jpg

国道8号のすぐ横 近江鉄道本線の愛知川を渡すイギリス人 おひさしぶりです 低い声の持ち主とは思えないポップな出で立ちは相変わらずだけど かわい子ちゃんなのか頑固じいさんなのか判断が難しいところ ハイジに用があって行ったのに怒ってるオンジしかいなかった時みたい  だいぶペンキは剥げてきたけど元気そうで何よりです

「愛知川橋梁」
近江鉄道本線の愛知川駅-五箇荘駅間の愛知川に架かる橋
1897年(明治30年)ハンディサイド製
橋長 239m
下路で平行弦のポニーワーレントラス(ピントラス) 30.1m 1連
上路のプレートガーダー 22m 2〜9連

元々は木津川沿いで見に行った事のある関西鉄道の「木津川橋梁」の初代の1連か3連。斜橋を直橋に直して こちらにおいでなさったようです もう一人はどこにいったのかな それか直橋に直す時に2コ1にしたのかもしれない  近いんでまた来ますね  (もう一回 調べたら製作会社も違うし関西鉄道の「木津川橋梁」の初代は補強されてまだ現役みたい 調査中。)


「愛知川橋梁」にさよなら云って 前回、思いのほか時間がかかった失敗から 気持ちのいい湖岸道路はあきらめてそのまま国道8号を進み しばらくすると自然に国道1号になった この辺りは国道1号が2本あるけど、前回の宿題が残ってたから大津側の国道1号を選択した  大津駅を横目にしばらくすると 前回停まれなかった名神高速道路の「蝉丸橋」を発見。 発見はするんだけど やっぱり停まれるところが無くてくぐっちゃた くぐって少ししたら空き家があったんでなんとか停まれた フー。

PA135096.jpg

でもなんのイヤがらせなのか足場が組んであって良く見えない(大泣)。 写真左側が蝉丸トンネルで橋をはさんで大津トンネルにつづく。 小さいけど山と山の間のこの道が東海道。 国道1号になれたのが当然で実績のある 古くからの道なんです

「名神高速道路蝉丸橋」
上りも下りも 上路のスパンドルブレースアーチで1連
元はアーチ橋として架かり1991年に改良されて斜材が追加されたそうです


足場がバレた後にまた来ないといかんね  達成感もなく「蝉丸橋」をあとにして しばらく国道1号を進むと これも前回素通りしてきた「逢坂の関」。橋もトンネルもレンガの跨線橋だってみんな「蝉丸」なのに 前回は蝉丸と聞いてもピンとこないオタワケにはなんの変哲もない坂でした(涙)

PA135101.jpg
 
蝉丸さんはここ、逢坂の関に庵をむすんで、往来の人を見て「これやこの 行くも帰るも分かれつつ 知るも知らぬも逢坂の関」の和歌を詠んだ歌人で音楽家。 勝手に女の人かと思ったけど全然違って坊さんっぽい 「東国へ旅立つ人も、その人を見送って引き返す人も、ここで別れを繰り返すし、知っている同士も、知らない同士も、ここで出逢いすれ違うんだなぁ」みたいな。 今はアスファルトが敷いてある坂道だけど幅は昔とそんなに変わってないんじゃないかな 日陰になりがちなゆっくりした下り坂を行く後ろ姿を涙ながらに見えなくなるまで見送った人や これからはじまる長い旅の先に思いを馳せ晴れやかに坂道を踏みしめた人。 それはそれは沢山のドラマがあった事でしょう

上の写真をもう少し右側に振るとちゃんと下り坂なんですよ いくら探しても坂が写った写真がない残念。 ほとんどは山の陰になってたけど ところどころに朝露がキラキラと日の光を反射して すこし怖いぐらい 情念渦巻く坂道でした(笑)

一つ賢くなって、今度はちゃんと蝉丸さんにさよなら云った。 そのまま国道1号で京都に入り 今回はスルーしようかなって 一瞬思ったけど見るだけでもと思いなおし やっぱり府道にのりかえて「澱川橋梁」(近畿日本鉄道)に会いにいった どこにでもある街並はかわりなけど今回は渋滞もなくすんなり到着「澱川橋梁」。

PA135109.jpg

ちょっと見ないあいだにまた大きくなったんじゃないの? 今回は「観月橋」を渡らなかったから右岸側から接近 結構人がいる。 堤防の坂道を利用して一心不乱に体を鍛えてる人達は ここが元、帝国陸軍の架橋演習場(渡河訓練場)だった事を知ってて突き動かされているのかもしれない 「澱川橋梁」はどんなふうに映ってるんだろう 邪魔?

PA135111.jpg

大きな大きな体を支え続ける 支承部。やっぱりかなり大きい  1977年、この辺りに損傷が見つかって1983年に各部交換や補修が実施された以外 完成以来80年以上にわたりほぼ竣工時のままのお姿だから 近寄るとやっぱり年相応でリベットが沢山のイボイボ肌。 何回も何回も重ね塗りされたペンキでマカロンみたいになってるから もう最初に締めたときのスパナじゃ回せないでしょうね  抹茶じゃなくて青汁のマカロンだからまずそうだけど

PA135114.jpg

「澱川橋梁」(近畿日本鉄道)
近畿日本鉄道京都線の桃山御陵前駅-向島駅間
竣工 1928年(昭和3年)
橋長 164.6mの1連の複線
下路曲弦プラット分格トラス(ペンシルバニアトラス)

右岸側からだとすごく近づけたし こちら側に文化財のプレートが付いてたのも確認できた チラッと見るだけのつもりで行ったのに 気づいたら30分ぐらい経ってた。  あなたやっぱり魅力ありすぎ なかなか離れられない

罪作りな「澱川橋梁」に なんとかさよなら云って 淀川沿い その2につづく



スポンサーサイト

15

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 16  Trackback: 0

鉄分補給


ウソでしょう  急遽、放り出されたようにポッカリ予定が空いたこの連休。 ウソでも幻でもいい この後どんな辛いお仕事が待っていてもかまわない 嫁もすんなりゆるしてくれたし 神様がお恵みしてくれた奇跡の2日間をもちろん無駄にはしなかった  もう本当にあきらめていたんですよ  でもこんなかたちでの淀川沿いリベンジなので 準備不足だったから 淀川に架かる他の名橋は中途半端な感じになったけど まぁいいや  また来るし

で、 渡ってきたぁーーーーー 「赤川鉄橋」。

PA135156.jpg

お日様が傾きだした頃に到着したのに ここは銀座かと思うぐらいの黒山の人だかり みんな思う事は同じで 橋上から眺める景色にサヨナラをいいにきていました ありがとうはいったかな  なぜか誰もいないイメージだったから 予想に反して熱気ムンムンの橋上だったけど  色の無い風がみんなを冷ますように 諭すように 引きかかった幕をゆらしながら やさしく吹き抜けていきました




03

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 31  Trackback: 0

赤川鉄橋
座ったまま居眠りしてたら ガクッってなって ビックリして起きたらもう10月になってますね 朝は起きられないし お昼ちょっと前になると眠たくて 眠たくて 気づいたら意識の無い時間が15分ぐらい過ぎてて こんなことなら10分ぐらいちゃんと横になれば良かったと そこを反省する自分にツッコミをいれたくなるぐらい とってもいい季節になりました

で 10月で思い出しました きっとみなさんも傾慕している 大阪の澱川に架かる「赤川鉄橋」ですが 2018年(平成30年)に予定されている おおさか東線(北梅田 - 放出間)の開業により複線化のため、今月の31日をもちまして人道橋が閉鎖されます(涙) 「赤川鉄橋」は元々複線の幅をもって建設されたけど 今までずーっと単線で運行されてて 余ってる部分を大阪市が借りて歩行者用の人道橋にしてくれていました 1929年(昭和4年)の完成から84年間、川幅のある澱川を簡単に渡れる生活の道として 世代を超へたくさんの方に愛されてきた人気者。 本当に おつ おつ お疲れ様でしたね うう(涙) 

800px-Akagawa-truss_bridge02.jpg
                        ウィキペディア写真拝借

「赤川鉄橋」と親しまれていますが本名は「淀川橋梁」JR西日本城東貨物線
竣工 1929年(昭和4年)
橋長 610.739m 
下路の平行弦ワーレントラス 18連

電車と人が通行出来る橋も今ではめずらしいし 完全に鉄道橋になってしまえば あたりまえだけど電車に乗ってでしか渡れないから その前にいつか橋上に立ってみたいと願っていましたが いまだに淀川沿いリベンジならないまま 今月になってしまいました。 自分が渡れないのは仕方ないにしろ 80年以上の歴史がある橋ですから  社会人になってから今まで毎日渡ってる人や 犬の散歩コースに含まれている人 今は渡らないけど学生時代は毎日渡ってた人もいるかもしれません 鉄橋自体がなくなるわけではないですが 人によっていろんな情景があるはず お別れはお早めにどうぞ。   ああ 淀川の流れは早いのかな 慌ただしい朝日や やおらな帰り道の夕日。橋上から見る景色はどんなだったんでしょう。