1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
  06 ,2016

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
25

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 20  Trackback: 0

ハレてきた
昨日、 とうとう 48グループのメンバーになりました。  オレ 小さい時からずーっと オレだから、 兄が小学校の修学旅行に行ってて自宅にいないだけで すごく快適だなぁと 自由を実感して もう帰ってこなければいいのにと そっち方面の空を眺めたこととか、 その修学旅行では オレにお土産を買ってこなかったと シレッ と云われた時の衝撃。 全身が震えるくらい悲しくて トイレに閉じこもって泣いたこと  とか 自分しか知らない思い出が この歳になると 1,000個ぐらいあるんだけど 500個ぐらい忘れてる やっぱり歳かなぁ(涙)  どうかここからの人生が ハレマスヨウニ。


IMG_2758.jpg

もう先々週の話。 なじみのバイク屋さんに無理を云って ジュニアを4速に改造してもらった 3速だとエンジンブレーキが効きすぎるのと 山道は厳しいだろうなと思っていたから。 あとウインカースイッチを左に移設してもらい 前のスプロケットの歯数を増やした

SRとは操作方法からして違うから 様子見がてら練習してきた先々週の日曜日。  郡上から 湿度の高い せせらぎ街道で明宝を抜けて 山道に挑もうと 県道86号に入ると 結構なくねくね道。 慣れてないから多少ギクシャクしたけど 力強く わりとスムーズに小川峠を越えた。  ギヤを入れるタッチが明らかに軽くなってる いいかも 全然問題ない。 曇り空なのにニヤけてきた フフン。
 
IMG_2782.jpg

せっかくだから 温泉につかろうと 飛騨金山に到着したら 久しぶりの景色に思い出して 「境橋」に会いにいくと 覚えててくれたみたいで ちょっと明るくなってきたし 河原に降りれるよと 案内してくれるような 道を見つけた  ヤー久しぶり。

「境橋」
1926年(大正15年)
中路のブレースドリブタイドアーチ の1連
 
あいもかわらず キュートな橋。 赤系だったらもっと鼻息が荒くなっるんだけどね


IMG_2786.jpg

帰りは国道41号をビビりながらも フルスロットル。 小さなエンジンだけど 絞るように引っ張ると80ケロぐらい出る  でも、一番上以外は どのギアもずーっと全開にしてないといけないから 壊れそうなのが心配。  まぁいいや

本日の走行距離は 251km。 朝6時半ごろに出発して 一時間ゆっくり温泉につかっても 15時過ぎには帰ってこれたから すごく心配してたんだけど 1日300kmぐらいの 道のりなら十分旅に出れる フフン。  おー「しまなみ海道」方面がだいぶハレてきたー



スポンサーサイト

02

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 12  Trackback: 0

スポンサー対策
去年ほどじゃないにしても、一昨年の自分だったら 間違いなく気が狂ってるぐらいの 程よい忙しさなので 竹田城址をサイトシーイングしてから もう 一ヶ月も経ってしまいました(涙)  行ってきた 行ってきたって 自慢ばっかりしてても 信憑性も臨場感もないのは知ってる。 経験からして 当日の記憶が薄らいできた頃になると 決まってブログにスポンサーがつくしね。

P5020234_201606021858300bd.jpg

石垣のピン角がたまらない。 完成されたものを眺めている分には 当たり前だけど 現実としてわりと簡単に把握というか 受け入れられるんだけど ミロのビーナスの両腕と同じで ”無い” と いつまでたっても 飲み込めない。  でも眉間にしわを寄せて うーーん、 じゃなくて ニヤニヤ眺めてられるところが ロマンなんだろな フフン。