1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  10 ,2016

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
25

Category: 2016年10月09日  大井川

Tags: ---

本文: 11  Trackback: 0

大井川 その2
最近 うちのココさん(猫) 朝方になると なんか ”にゃうにゃう” 文句云いながら 布団の中に入ってくるけど 昼間はまだ冷たいコンクリートの床にお腹をつけているから 本人もここんところのへんてこな気象に困惑してるのかな。  でも彼の場合 春夏秋冬 朝昼晩 ほとんど寝てるから そんなに関係ないハズなんだけどね。

雨上がりの体育の日のつづき  「蓬莱橋」が架かっていたココ、静岡県島田市は 「文金高島田」とかの「島田髷」の発祥地。 毎年9月の第3日曜日に「島田髷祭り」が行われている。 今日は10月9日なので「島田髷祭り」じゃぁないだろうけど この日も駅前の道路をホコテンにして 大層 騒いでいたから 島田市民はお祭り好きなんだと思う。 おかげで 大回りしなきゃいけないし 迂回路は大渋滞。 30km離れた静岡駅近くの本日のお宿に到着した時には すでに 夜の帳シャッターが閉店ガラガラ(涙) 

PA100077.jpg

個室にトイレとお風呂がない部屋は一泊3、900円の 「サンキュープラン」。 大浴場には小さいけどサウナも付いてて大満足。 お世話になりました

翌朝6時19分。 息も白くないし ホテルの人がここに停めてって云うから心配したけど シートも濡れてなかったからよかった SRもチョークを引かなくても キック1発 おはよう 出発。


PA100081.jpg

ホテルがある「しあわせ通り」から 県道208号を左折して 進んだって云っても 500m。 まだ開けきってない うす曇のふわふわとした 穏和 でさえ あなたを より 剛健 とするための 演出なのでしょうか 「安倍川橋」。  はじめまして おはようございます。

PA100083.jpg

間違いなく 旧国道1号で 由緒正しき東海道。 安倍川も明治になって川越人足が廃止になり 渡船の後、木橋がかかり 現在の橋が3代目。 右岸側(写真右側)の1連が大きいのは、1990(平成2)年、右折レーンを設けるために 2連のトラスを撤去して 3車線分の幅をもつローゼ桁に取り替えられたから

「安倍川橋」
1923年(大正12年) 下路のボーストリングトラス 35.1mが12連
1990年(平成2年) 下路のローゼ 1連

もちょっとしっかり明るくなるのを待てばよかったかな  ちょっぴり後悔しながら 「安倍川橋」で安倍川を2回渡って 安倍川沿いを上る。

PA100091.jpg

大都会の「安倍川橋」から安倍川沿いを15kmも遡ると 民家もなくなって 完全に夜が明けた。 安倍川は河原に何本もの流れの筋を作って まとまりがないし 水量もそんなに多くないと思う。  県道27号をしばらくして「玉機橋」で安倍川を渡り、 「西山橋」で中河内川を渡ってからは いよいよ山道になる雰囲気。  最初の分岐で県道189号を選択すると 並走するせせらぎは西河内川になった。

PA100095.jpg

県道189号に入ると当分登りだから 道もくねくねしてくるし 木の影になって気温は下がる  昨日の雨の名残なのか この辺りはいつもそうなのか知らないけど アスファルトはちょっと湿り気味。 慎重に進むから鼻歌はいつの間にか「君が代」をローテーション。  ちーよーにーー やぁーちーよーにーー と 標高1049mの 「笠張峠」 を越えた

PA100100.jpg

「笠張峠」を越えてすぐの開けた場所に 掲げられた道路標識には「左折 大型車通り抜けできません」の文字。 イヤイヤ ここまでだって無理でしょう と思ったけど  万が一ここまで大型車が来てしまった時は Uターンできるように 大きくスペースとってあるのかな  大型の運ちゃんが ブツブツ云いながらも 苔を払うぐらいに スペースを目一杯使って 綺麗にUターンしていくシーンが浮かんだ

PA100101.jpg

運ちゃんに口笛吹いて 県道60号を井川方面に進み 今度は標高1184mの 「富士見峠」を越えた 越えてから30分ぐらいくねくね道を走って トンネルを抜けると 井川ダムの堰上道路に到〜着。 バイクに乗ってる方は ダムが好きな人が多いってことは知ってる 自分は興味がないわけじゃないけど どっちかって云うと ビビってて おっかない。  同じライダーとしてダムに萌えない自分を恥じながら 一枚だけ写真を撮って 既読スルーです ごめんなさいね

PA100108.jpg

堰上道路の突き当たりを左折してすぐ 大井川鐵道井川線の「井川駅」。 残念ながら 2014年9月の大雨の影響で土砂崩れが発生して 末端側の接岨峡温泉~井川間が不通となってて 今は、ロープで簡単にだけど 封鎖されていたし 人っ子一人いない状態。 でも調べてみたらこの11月に再開するみたい

PA100110 (1)

この分岐に気づかずに えんじ色の板金屋根が並ぶ町内をだいぶウロウロした  井川ダム建設で沈んだ井川村は 金銭補償ではなくて代替地造成による新しい井川村の創造という補償を求めたそうだから  きっとあの町内が新しくなった井川村なんだと思う  お墓とかもちゃんと移せたのかな。 


見えにくいけど 今日の中間目的地、「千頭」の文字がやっと見えたから 良しとして 大井川 完結につづく



スポンサーサイト

17

Category: 2016年10月09日  大井川

Tags: ---

本文: 12  Trackback: 0

大井川
毎年、この日は そんなに大げさに祈らなくても 大抵の場合 ハレるんだけど 今年は前の晩からシトシトと雨が降りつづいていた 体育の日。  お母さんが無駄にお弁当を作る前に運動会は中止になったのかな    自分はお仕事もちょうど 一物件片付いたし せっかくの連休がもったいないから 9時頃まで雨が上がらないかな と ねばったけど 結局カッパを着て 雨の中 出発。 案の定キックも 20発。(涙)

予報でも午後からは 雨もあがるって云ってたように そんなに大した雨じゃぁない 前の車が跳ね上げる水滴が シールドにへばりつくのが鬱陶しいだけで あとはそんなに嫌いじゃない 濃いめの霧みたいな煙が漂う 名古屋の街なかを抜けた さすがにバイクとは すれ違ってない。 

生2

熱田神宮をすぎてから国道1号に入ると 速度も乗ってくるし 停まるのが億劫になって 長い時間黙々と走っていたから どこからって聞かれても はっきりしないけど 完全に雨も止んでるなぁ と気づいた頃でした(遅)  お久しぶりの「西浜名橋」。 なんだけど 全員ツノを尖らせて  やっぱりなんだか不機嫌そう
 
「西浜名橋」
竣工 1932年(昭和7年)
上路のRCアーチ 13連

今でこそ歩道橋になってしまって 国道の番号も剥奪されたけど 昔は車も渡していたし 間違いなく旧国道1号で 由緒ある東海道。 国道だった頃、本当はツノの三角形の出っ張りに すずらん型のランプが設置してあったんだそう。 

でも、ご機嫌ナナメの「西浜名橋」にさよなら云って 700〜800m。 今度はそんなに尖っていない「中浜名橋」を発見。 こちらも当然 お久しぶりです

中浜名

「中浜名橋」
竣工 1929年(昭和4年)
上路のRCアーチ 9連

地形も変わっているだろうし どっちの「浜名橋」が元祖かはわからないけど 「浜名橋」は まだ浜名湖が海とつながる前の 平安時代から架っていた 悠久の歴史を持つ橋。 

鳥居

なんども歌に詠まれているくらい。 意外だけど東海道が海に面してる区間は少ないそうで 東海道を旅する昔の旅人が「浜名橋」の橋上に立って 美しい遠州灘の大海原を前にしたら やっぱり ”うひゃー” ってなったただろうな そりゃ ちょっとでも覚えがある人なら きっとこの橋に感謝して 歌だって詠みますよ  オレには絶対無理だけど

鳥居の先、今の国道1号の「浜名大橋」のはるか はるか さき、 いろんな時代の「浜名橋」の橋上からみえた景色に思いを馳せ  現代の「浜名橋」達に さようなら云って再出発  またおじゃましますね


バイクともたくさんすれ違うようになった 旧国道をそのまま しばらく進むと 今業界で大問題! わわわわ 噂には聞いていたけど なんでこんな おっかない色になってるの?「掛塚橋」。

掛塚橋

どこのどなたが決めたのか 軍艦みたいな色になって おっさん度がメチャメチャ上がってる あの愛嬌たっぷりだった ピンク色の時代を知ってるだけに これはアリエナイ(涙)

「掛塚橋」
竣工 1955年(昭和30年)
橋長 877m 橋幅 6m
下路のカンチレバートラス 58.2mが 15径間 

15径間もあるんだスゲーな。  でも、人が変わっちまった「掛塚橋」で これまたお久しぶりの天竜川を渡り ナビの云う事を聞いてたら どっかの街中で新幹線と東海道本線の高架をくぐって また国道1号に戻ってた  国道をだいぶ走ってから 道なりに県道381号になって しばらくしたら お待ちかねで 初めましての大井川を これまた初めての「大井川橋」で渡らせてもらった フフーン。

PA090029.jpg

以前教えてもらったんです 「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」!! 自分でも調べてみたら 表向き徳川幕府は江戸防衛の「砦」として 大井川に橋をつくらせなかったので 東海道一の 難所だったとありました 橋や渡船がない代わりに 肩車や蓮台っていう 簡単な神輿みたいなのに お客を乗せてその神輿を担ぐ 川渡しのプロ集団、川越人足さん 達に 料金を支払って川を渡してもらっていたそうで 中には わざと深いところを通って 転んだりして通常より高い料金を請求する悪いヤツもいたみたい でも渡ってみたい!

PA090042.jpg

大井川が ひとたび大雨に見まわれて 水深が5尺(約1,5m)以上になると「川留め」になって 通常は2日~1週間ぐらい待てば再開するんだけど1868年(慶応4年)に連続で28日間「川留め」になった時は 島田宿や周辺の宿場は大変繁盛して儲かったそう 自分はいつも ハレマスヨウニ と願うけど 宿や酒場の経営者達は フリツヅキマスヨウニ と願ったのでしょうか 

PA090035.jpg

「大井川橋」
竣工 1928年(昭和3年)
橋長 1026.4m 幅員7.3m
下路の曲弦プラットトラス 17連

渡船や橋を架けても良くなったのは 明治維新後。 はじめは当然「木橋」だった「大井川橋」で 初めて駿河と遠江がつながった 難所だった分 みんなすごく嬉しかっただろうな あらためて橋って偉大。  同時に自由の象徴でもある「大井川橋」に ありがとうを云って さようなら また来ますー

「大井川橋」に直接取り付けられている「大井川橋東」の信号機の交差点は右折禁止なので 一旦左折して150mぐらいさきの回転道路を使って左岸側の堤防道路に出た その県道342号を大井川に沿って下ること1km弱。 大勢いるから即発見!「大井川橋梁」(東海道本線)。

PA090055.jpg

やっとお会いできましたぁ  レンガで出来てる橋脚に何枚もの鉄板のタガで補強してある方が下り線(左側)。 橋脚は1888年(明治21年)竣工当時のものを補強して現役。 これに「第五長良川橋梁」や「第一九頭竜川橋梁」が乗って 連なっていたのかと思うと 泣けてくる お墓まいりに来た気分。 でも今回帰ってきてから調べてみたら「第五長良川橋梁」や「第一九頭竜川橋梁」は「大井川橋梁」の初代じゃないことがわかった 初代はポーナルさん設計のダブルワーレントラス 現「揖斐川橋」と同種。 転用先も気になるところ。

「大井川橋梁」(下り線)
竣工 1915年(大正4年)
橋長 1018m 単線
曲弦のプラットトラス 62.4m×16連

次回は「第五長良川橋梁」や「第一九頭竜川橋梁」の写真を額に入れて持参します さようなら〜

PA090058.jpg

お〜い川。

また県道342号で大井川と並走して下ること 今度は2km強。 ギネスブックにも載ってる”世界一の長さを誇る木造歩道橋” 「蓬萊橋」。
さっきまでの「大井川橋」や「大井川橋梁」で 写真を撮ってる人は一人もいなかったけど 「蓬萊橋」はカメラマンだらけ。 こんなに近いのに 「蓬萊橋」だけが観光地なんだね(涙)

PA090073.jpg

「蓬萊橋」
竣工 1879年(明治12年)
橋長 897.422m 幅員2.7m
木造橋

明治12年竣工なので 本当の参勤交代で大名たちが渡ったことはないはずだけど 映画の撮影で使われるのは雰囲気なんでしょうね ちなみに京都の「流れ橋」も竣工は1953年(昭和28年)。(涙)

大井川かち渡り 三枚続

広重「大井川かち渡り」


大井川 その2につづく





02

Category: 2016年08月13日アマハラシ

Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

アマハラシ 完結
10月になって また玄関にコウロギの足が落ちていました でもオレ前に見たんです うちのココさん(猫)の名誉のために云っておきますけど ココさんコウロギは食べなかったです そう、ただ もてあそんだ だけ。 偉いし すっかり秋ですね  なのに暑い日の話を それこそ蒸し返すんだけど ごめんなさいね

P8140128.jpg

翌朝5時41分。 まだ半分寝てたけど1枚だけ撮ってあった 雨晴海岸は日本海なのに朝日が昇るお土地柄。 だからサンセットは陸地(能登半島)に沈んでいった不思議。

P8140133.jpg

しっかり起きて 撤収し終わった頃には 気温は30℃を越えていた(涙) そのかわりまだ8時前なのにビキニのおねいさん達が波とお戯れ遊ばせ でした ほんとうにありがとうございます〜    朝からこの気温で、これからの道のりを想像すると滅入るけど 盗撮疑惑をかけられる前に出発。 もちろんキックは一発。  ありがとうアマハラシお母さん また来るね

磯の香りも毎日嗅いだら飽きるのかな 海岸沿いはいい風が吹いて気持ちがいい。  すぐにご無沙汰してました あなたについていきたい 春色の「高岡大橋」で庄川を渡り、 前回来た時に解体中だった旧橋は完全に撤去されてて 新しくなった 「富山大橋」でお久しぶりの神通川を渡った。 おかわりないのが何よりです

P8140148.jpg

街中の国道41号に移って フルスロットル。  もちろん 高山本線の「第2神通川橋梁」や文化財の「笹津橋」、沿線の名だたる名橋達の復習はおさえてきたけど 高山本線の猪谷駅を過ぎた すぐの分岐で通ったことのない国道360号を選択して国道41とはここでお別れ。  アチーけど少し曇ってきた 初めましての国道360号で高山本線と並走して 宮川沿いをのぼる

P8140152.jpg
 
越中西街道、いきなりの長いトンネルをビビりながら抜けた先 こちらも初めましての「第一宮川橋梁」が 暑さで膨張しきった重い体をどうにもしんどそうに ドッコイセと 宮川をまたいでいました

P8140154.jpg

同じ高山本線なのに上の「第2神通川橋梁」とは色が違う。 岐阜県と富山県の県境の位置だからかなと 調べてみたら 岐阜駅 - 猪谷駅間はJR東海、猪谷駅 - 富山駅間はJR西日本の管轄 なんだそう  私は私で色を決めるから関わらないで下さい と随分仲が悪いご様子。 松葉色の方が鉄道橋らしいけど 統一するなら白に一票入れるかな

「第一宮川橋梁」(高山本線)杉原駅-猪谷駅間
竣工 1931年(昭和6年)
橋長 133.688m
単線上路のワ−レントラス 他

「第一宮川橋梁」の300m先に「第二宮川橋梁」も架かってるんだけど旧道が崩壊してて近づけなかった 残念

P8140166.jpg

「第一宮川橋梁」にさよなら云って しばらくすると やっと「高山」の文字。 さっきもそうだけど 分かれ道って わかっていても つい立ち止まって考えたくなるよね 

P8140168.jpg

意外に慎重派な自分に気づいて またしばらく国道360号で 高山本線と宮川に付かず離れず並走。 上の写真の少し先で一回だけ高山本線を踏切で渡り ズンスン進んで跨道橋で高山本線を2回目にくぐったあたりが 小鳥川と宮川の合流点。 そのちょっと先

IMG_3083.jpg

左端に写っている 今は使われていない吊り橋の主塔が目について まず主塔を中心に写真を撮ったんだけど 最近は田舎のバス停にも萌えるような症状を抑えきれないオレは このバス停もいい感じだなと写真に収めた。 この時は何も知らなかったけど このバス停、「君の名は」の聖地なんだそう。 

「聖地」って漢字を自分が使うのが すごく恥ずかしい。 お恥ずかしくてに逃げるように赤ら顔で急発進したら 国道360号は「河合橋」を渡って小鳥川の方にのぼって行き 直進の道はそのまま国道471号になった

IMG_3085.jpg

国道471号になって最初のトンネルの入り口横に架かっていました この方も当然初対面 初めまして「第十一宮川橋梁」。 アレ第一から10本もすっ飛ばしてきたかな

「第十一宮川橋梁」(高山本線)飛騨細江駅-角川駅間
竣工 1934年(昭和9年)
橋長 106.66m
単線上路のワ−レントラス 他

この方が一番若くて 高山本線全通の年に竣工ってことだから 高山線と飛越線が合体したのはこの辺りなんだと思う カメラの電池がなくなって バス停の写真からスマホ画像だけど自分の場合、いいカメラ(スマホよりと思い込んでる)と同じ使い方だから違いがわからんね でもいいカメラに電池入れてまた来ます

久しぶりに「霞橋」にも寄ったけど同じ理由で割愛。 道路標識に高山って出てから50kmぐらい走って やっと高山に到着した。 2014年のボン休みに 松本城を観光してる時、 なぜか思い出して 高山に宿をとったのはいいけど すごく雨が降ってるからめんどくさくなって 結局食べないまま 次の日「遭難」する原因にもなった 「ちとせ」の焼きそばを今回は食べるってきめていたから  午後1時を少し回っていたけど やっぱり行列に並んだ

IMG_3097.jpg

結局カウンターについたのは2時すこし前(涙)  イカにエビのトッピングぅ。 UFOのソースが少し酸味を増してる感じ じゃぁUFOにシーフードミックス温めて食べておけば 「遭難」 しずにすんだのにね 

IMG_3098.jpg

標高1113m。 ジュニアは ブブブブ ブブブブ 云って一回完全に停車しちゃったけど あの日越えられなかった 「西ウレ峠」を超えて無事帰ってこれました  SRは280kmぐらい走るとガソリンが無くなるけど ジュニアは200km走ったら給油って覚えた。 ジュニアは当然、オレも疲れた(笑)

アマハラシ 完結
2日間の走行距離536km