1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
17

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

吾嬬橋
前半の連休は気休め程度にお仕事をして 後半のGWに2泊3日で信州と少しだけ群馬県を回ってきた 3連休って何年ぶりだろう  あぁ 年末年始とかもっと休んでるな。

例年には珍しく 朝から13度ぐらいあった憲法記念日。 一応薄手の冬用グローブを選択して 6時ちょっと過ぎにキック15発(涙)で 出発。 うすーく 雲がにじんでいるせいで 透明感はないけど まぁまぁいい天気 おかげで適温 ありがたい  あっち方面に行く時の 仕来たりに従って 春日井から国道19号に入ると スピードは1段階上がったんだけど 朝から交通量が多いなぁ〜  中でもトラックや キャリアに脚立を結んだワンボックスカーが目立つ みんな普通にお仕事してるんだね ご苦労様です

P5030060.jpg

内津峠をトンネルで越えてズンズン進み 中津川の市街地をやり過ごして 「落合川」を渡ると 道はだんだんと中山道らしくなっていく 沿線に咲く 白や赤や黄色、 なんてったってサクラの花が 今日オレが通るのを知っていて 散らずに待っててくれました おはようございます  帰りも通りますから もうちょっと頑張ってね 

2017年GW 記念すべき本日の橋1本目、 今年は渡りましたよ「木曽の大橋」。 こんなところにも中国人観光客が何人かお見えになりました いったい何が狙いなんだろう 漆器かな

P5030062.jpg

「誰のために〜咲いたの〜♪ それはあなたのためよ〜♪」 鼻歌のトーンも気温も急上昇! ハンドルより先に鼻を突き出して 風薫る国道19号 清香をかき分けて 中央本線と並走。 

口を半開きにして 塩尻まで下りてくると 道はそのまま国道20号になったけど 中山道の文字は消えなくて また徐々に登り始める。 まだ11時前だったけど 高台のどこかの道の駅で あたたかい信州そばを食べた

P5030068.jpg

国道20号に戻ってしばらくすると 国道142号に突き当り その国道142号を10kmぐらい登った 分かれ道。 3年前は直進の「新和田山トンネル」を通って 千曲川に出たなぁ 川の中に立たされたままだった「布引電気鉄道 千曲川橋梁」の橋脚は 今もちゃんと立っているんでしょうか  今回はビシッと左折して 念願のビーナスラインに挑む。

P5030070.jpg

国道142号で和田峠をトンネルで越えて すぐの分岐路で 無事ビーナスラインに入った  だからここは ビーナスで云うと”つま先”の辺りかな 

はじめのうちは誰もいなくて 美しいビーナスを独り占めだったんだけど 上に行くに従って 道も細くなるし 停められるスペースもないから クネクネ道に車も詰まってきて ちょっと渋滞気味。 でも追い立てられるのもイヤだし おかげでオレにしてみれば 安心のゆっくりペースで ビーナスをなめまわしてきた フフン。

P5030072_20170518112738973.jpg

雪が残っているのわかるかな  今度は車で 自分が渋滞の先頭になって 嫁にも見せてあげたい 

P5030073 (1)

たぶん一番奥が浅間山だと思う  深呼吸が癖になるね  でも自分、 深呼吸するとき 必ず 「ちぃ〜らし〜すしなぁ〜あぁらっ♪」って聞こえてくるんです きれいな景色がちょっと台無し(涙)

P5030077.jpg

後半の ”ビーナス”の脇下から首筋にかけても 存分に味わって 麓に下りてきた。 美ヶ原高原美術館の駐車場から こちらの上田側に下りてくる人は ほとんどいないようで 後半はここで一台のバイクに抜かされただけだった みんな知っているのかもしれないけど こちら側は路面状態があんまり良くなかった  だからすげービビったし 「存分に味わった」 は 云い過ぎた(涙)


ビーナスラインを制覇したから 良しとして 吾嬬橋 その2につづく



 

スポンサーサイト