FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
19

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 18  Trackback: 0

秋分の日
もう ちょっと前のことで恐縮なんですけど。  思うことあって 敦賀の「氣比神宮」にお参りしてこようと キックを踏んだ 秋分の日。 連休はとれなかったんだけど どの季節とも明らかに違う清々しい空気に 重い腰が上がったんだと思う  せっかくのこんないい空気を自分が吸って二酸化炭素に汚して 地球に吐きもどすのは気が引けてしょうがない 本当にごめんなさいね

P9220180.jpg

なるだけトンネル以外では息を吐かないように我慢して 交通量の多い国道21号から もう稲が刈られてこざっぱりした田園風景が広がる国道365号に移って快走。 見上げた伊吹山には雲一つかかってなかった いい天気。  息はしないまま口を半開きにして 小谷城跡を横目に「阿弥陀橋」で高時川を渡って堤防に上がると 水引細工のような彼岸花が ことさら いい季節だなと 教えてくれました

P9220172.jpg

久しぶりに「寿橋」にも寄った と云うか「寿橋」に行くために高時川の堤防に上がったんだけど 「寿橋」は相変わらず息をしてるのかしてないのかわからないぐらい 瀕死の状態(涙) 親柱は横になったままだった 滋賀県の偉い人ぉ いい加減塗ってあげて! そしてできれば色決めの会議に参加させて欲しい

P9220163.jpg

「寿橋」
1932年(昭和7年)竣工 
橋長 122.5m 幅員 3.6m
下路で平行弦のプラットトラス 40.2mの3連

元は単線時代の北陸本線の「高時川橋梁」だったから 幅員が細いんだけど すぐ下流側に架かる新線の「高時川橋梁」には今も時々SLが走るみたいで 前回来た時は たくさんのカメラマンが「寿橋」の橋上にいたから そういう人たちを募って保存委員会を立ち上げなければならない気はしてる まずは滋賀県に住まないといけないのかな  なんにしろ生きてるうちにまた来るね




スポンサーサイト