FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
19

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 12  Trackback: 0

文化の日
またスポンサーがついてくれる時期になってしまいました(涙) こちら地方も最低気温が一桁になって 膝や踵にカサカサの白い粉が浮かんでくる今日この頃です まぁお肌の曲がり角はとっくの昔に直角に左折してるから 別にいいんですけどね でもこの時期だけじゃなくてもいつも心配なのは 頭皮! 気をつけましょう。  またちょっと前の事なんですけど まだ朝の最低気温がギリギリ二桁だった 文化の日。 京都に行ってきた 

PB030137.jpg

朝、SRのタイヤの空気圧を計ったら半分ぐらいしかなくて 空気を入れたり ミラーを調整したり モタモタしていたから 8時ごろ キックは20回以上(涙)で出発。 風はなく空気に冬の匂いが混じり始めたいつもの国道22号 いつもの「新木曽川大橋」の橋上に取り付けられてる温度計は14℃ と体感より低い気がする

PB030144.jpg

いつもと違って旧国道を走ったおかげで 久しぶりに「長良川大橋」と「揖斐川大橋」を続けてくぐり ご無沙汰していた無礼をお詫びしてこれました  そのまま大垣城を横目に目礼して 旧国道の突き当たりまで行くと チャーミングな駅を発見して寄ってみた 今は第三セクターになった養老線の「西大垣駅」。

PB030148.jpg

跨線橋がないから単線なんだろうと思ったら この駅は「相対式2面2線のホームを持つ行違い可能な地上駅」とアル 構内に踏切があるんだって のぞいてくればよかった ポストがあるのはポイント高いけど 親子かな、空き缶入れさん達は寒そうに寄り添っていた 開業は1913年(大正2年)。きっと開業当時のままのお姿だと思う これからも おきばりやすです さようなら

寒がりなご家族にもさよなら云って 国道21号に合流すると「中山道」の文字がチラホラ。 天気予報はハレマークだったのに中山道に入ると急に雲行きが怪しくなってきた 

PB030154.jpg

急でもないか。 中山道は東京の日本橋から京都の三条大橋までの約530kmで69次もあるのか こんなこと云われるとSRで制覇したくなるな よく考えたら渡良瀬川の時に熊谷宿くらいまでは行ってるし なんか行けそうな感じ。

悪い癖で大口を叩くから宿題ばっかりがたまっていく小々次郎の旅路から木曽路とも呼ばれた中山道に戻ってしばらく進み 突き当たった国道8号が中山道の名を受け継いだのはいいんだけど 国道8号に移った途端に交通量が増えてきた

ラーメン屋さんだらけで もう中山道っぽくない国道8号、前のトラックに完全に視界をふさがれ テールランプとにらめっこ状態が長いこと続いたから まさかにらめっこでテールランプに負けるヤツはいないだろうとニヤニヤしてたら発見!「愛知川橋梁」。

PB030175.jpg

「愛知川橋梁」
近江鉄道本線の愛知川駅-五箇荘駅間
架設 1898年(明治31年)ハンディサイド製
橋長 239m
下路で平行弦のポニーワーレントラス(ピントラス) 30.1m 1連
上路のプレートガーダー 22m 2〜9連

おじいさんなのにキュートさがUPしてる また塗ってもらったみたい ここ6年で2回は塗ってもらってるハズ 近江鉄道は儲かってるのかな 樽見鉄道の「第一根尾川橋梁」の半分はもう10年ぐらい塗ってもらってないのに(涙)。

急遽のスポンサー対策なんでとりあえずこの辺でヨシとして 文化の日 その2につづく


スポンサーサイト