FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
21

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 16  Trackback: 0

三河國一之宮 砥鹿神社 奥宮
エアコンが壊れてから三回目の夏を無事今年も乗り切ったようです アチーアチーと云ってはタオルケットを蹴散らしていたのに 低く横広がりな風がモミアゲに心地いい季節となりました すっかりご無沙汰してますが みなさまおかわりなければ幸いです  なんかもうマスクも手洗いも慣れてきたと云うか完全に飽きました  やってますし つらい人には悪いですけどごめんなさいね 正直な気持ちです。

そんな中 自分もヌルッと 久しぶりにSRで県跨ぎ(正確には県内か)してきました それで見てもらいたい「モノ」があって これまた久しぶりにブログを更新しています

P3210280.jpeg

「三河國一之宮 砥鹿神社 奥宮」 の駐車場。 「奥宮」おくのみや ってちょっと隠しているような 行きにくいような そんな秘密な響きがいいですね ここまでくるのにもそれなりのクネクネ道をできるだけバイクを傾けて登ってきましたし 帰り道も今きたクネクネ道しかないのかと思うと ちょっとした覚悟が必要です

P7240023.jpeg

駐車場からも、 高い木に囲まれて薄暗くなった「さんどう」を1kmぐらい登ります 最初の大きくて赤い鳥居の足元にはリュックを背負った女性が一人腰掛けていたけど 目も合わせてくれない さらに登って2番目の石でできた鳥居が上の写真。 一礼してくぐり 人気のない古い建物を横目に 階段を登り始めて すぐ 真新しい朱色の鳥居が見えた時は 「ごめんなさい」って思わず謝った ほんとごめんなさい

P7240025.jpeg

この赤い鳥居を少なくとも人間はいくら頭を下げてもくぐれない だって鳥居の先は切り立った崖と云っていいし だいぶ下の裾野には豊川沿いに「長篠」の様子まで伺える。  風に乗った神様だけがこの鳥居をくぐって 本来の神様の領域に戻ってくることができる 神様用の鳥居なんだと気づく。 やっぱりなんとなくおっかないからもう一回謝っといた

P7240027.jpeg

その鳥居からもう少し登って 問題はこちら。 現場で2分20秒ぐらい 写真を撮ってもいいのか悩んだし 今も、下手に調べてもいないんだけど やっぱり何か封じ込めてるのかな 聞きたいような聞いたら後悔しそうな物語でもあるのかな 今も写真を見ると 背中を鳥の羽でくすぐられているような感じかします  オレ、ホラー映画を映画館で見ると悲鳴を上げて 周りの人にクスクス笑われるような人間なので 知ってる人でも怖いことなら教えてもらいたくないです キッパリ。

IMG_7182.jpeg

オレなんかは先に謝っといたから 画像を載せても今のところ大丈夫だけど もし行かれるのであれば自己責任でお願いします

それと、近くのスパゲティハウス チャオの本店には(本店しかない)鉄板焼きのあんかけスパゲティがあるんですよ 鉄板に薄く溶き卵が敷かれてできたおこげが香ばしいし 本店に来たって云う特別な気持ちが いつもよりさらにおいしく感じさせるんです  フフン。


スポンサーサイト