FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
  10 ,2020

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
29

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 14  Trackback: 0

柳橋
ここにスポンサーさんが付かなくなってから やっぱりより一層怠け者になった気はするんですけど またなんかこの時期変に忙しいんですよぉ  知らないうちに関節を摩ってちょっと寒いなって気づいたから 久しぶりに空を見上げると 奥の宇宙の暗闇が透けて見えるぐらいの蒼い空。 色のない風が気圧を押しやって もうとっくに冬を招き入れてしまっていますね  隅田川に架かる橋に会いに行ってからもうすぐ一年が経つ、 時代の流れについていけないからいつもバタバタしてるのかな  もうちょっと懐かしいけど 隅田川の番外編その1 「柳橋」。

PC310343.jpeg

両国橋の袂、神田川が隅田川に注ぎ出る最河口に架かる橋。 界隈は江戸の中頃からある古い「花街」で 1928年(昭和3年)には料理屋62軒、芸妓336名と栄華を迎えていたんだけど 戦争で休業したり被害にあったり また東京オリンピック以降どんどん衰退していって 1999年(平成11年)最後の料亭「いな垣」が廃業して200年近くの長い歴史に終止符を打ちました

浅草橋

橋上から神田川の上流側に振り返ると 今でもビルに囲まれていたって隠せない情緒たっぷりな風景に 思わず鼻を突き出して 遠く今か昔かあやふやになって目が細まってしまいます 見えている橋はこれもまた有名な「浅草橋」。 この屋形船でランチとかあるみたい でも貸し切らないといけないのかな 神田川は三鷹市井の頭池が水源で荒川水系の一級河川。 延長24.6kmって隅田川よりも長いんだ 一回はやっときたいから またの機会がありマスヨウニ。

PC310339.jpeg

「花街」だった頃「柳橋」は船着場でもあったから ここでお酒を飲んでご飯を食べた後 船で吉原の遊郭に向かって隅田川をのぼり 山谷堀の「親不孝橋」(今戸橋)を潜るって流れ(逆流)でしょうか かっこいいなぁ 
案内板があって、案内板には「矢の倉橋」が「矢之城(やのき)橋」になってさらに「柳橋」。とか 柳原堤の末にあったからとか 橋の袂に柳の木があったことに由来するとか諸説あることが記されていました 

PC310350.jpeg

「柳橋」
竣工 1929年(昭和4年)12月
橋長 37.948m 幅員 13.2m
下路のソリットリブタイドアーチ 1連

「柳橋」って云うわりにはゴツいけど台東区は「優美」といい張っています この橋も震災復興で架け替えられたそうで どうやら「永代橋」を真似た縮小版だから「永代橋」の「優美」をいただいているようです オレも「子猫って云うにはゴツいかな」が第一印象だったから 合ってるハズ。   「神田川」編の時にまたお邪魔しますね


スポンサーサイト