FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
22

Category: 2012年05月06日   信州

Tags: ---

本文: 2  Trackback: 0

2012年5月5日 信州 その3
2012年5月5日 信州 その3

一茶にごちそうさまを云って 出発 

国道18号に戻ってわりとすぐに 「信越本線」を跨ぐ すぐ横にいました「北国街道跨線橋」。現役だけど結構 放っとかれモード。

P5051242.jpg

親柱には、きっと想像もつかない災難があっに違いない 中から鉄筋こんにちはしてるし。 痛そう

P5051246.jpg

跨線橋だから川じゃなくて線路を跨いでる 単線の信越本線がつづいてく

「北国街道跨線橋」
1933年(昭和8年) 櫻田機械製作所製 昨日の「釜口橋」も同じ会社製 
下路でボーストリングプラットトラスの 1連

P5051248.jpg

向こうでSRが まだー って云ってるんで行きます   さようなら



国道18号快走  国道18号の標識とは記念撮影してないと思ってたけど ちっこいカメラの方に1枚あった 
IMGP5222.jpg

国道18号快走 天気はいいけど 普通に街中の国道で量販店が並ぶ 大きな道で交通量は多い ズンズン進むと 千曲川に出るところで国道18号も直角に曲がる 国道18号が千曲川沿いになった しばらくして県道66号に左折して「小布施橋」で千曲川を渡る  渡って「長電長野線」の「小布施駅」に呼ばれた

「小布施駅」の写真撮ってないや 結構立派な新しい駅だったと思う その小布施駅の奥に保存されていました「松川橋梁」。

P5051249.jpg
 
「松川橋梁」は1923年(大正12年)から1990年(平成2年)まで、松川橋梁にて使用されたものとアル
下路で平行弦のポニーワーレントラスで(ピントラス) 30.2m 1連

ピントラスだった すごーい  こんな大きいの邪魔だろうけど 小布施駅の人 保存しといてくれてありがたいね  きっとまた拝みにきますね   さようなら

 

一旦、国道403号に乗って、また県道66号に 山の方に呼ばれて遠回り この県道66号ずーっと登ってくと国道292号に出て志賀高原方面や反対に草津温泉に出れるのか 志賀高原の雪の回廊見てみたいし 温泉好きとしてみれば一回草津温泉に浸かってみたい  今度はそう計画しよう  今日は途中で引き返す

P5051256.jpg

ちょうど道なりに大きく引き返す形になる辺りに 赤い上路のアーチ橋が山間にきれいだった 名前はわからない

この赤い橋で「松川」を渡ると県道351号に変わってた  しばらくすると  これかなと思って単車停めたら これだった「子安橋」。

P5051260.jpg

温泉街なのかなわりと雰囲気のいい町内

P5051265.jpg

「子安橋」
1933年(昭和8年)
上路で曲弦のプラットトラス 1連

上路のプラットトラスは珍しいんだって    すぐ手前の神社に停めさせてもらった 

P5051264.jpg
 
なんだか懐かしい感じたっぷりめ   SRに跨がると シートが暖房便座のように温かかった。


さよなら云って そのまま須坂の街中を抜け 国道406号で 有名な「村山橋」で千曲川を渡る もうすでに新橋が出来て 電車と車が一緒に渡れた「旧村山橋」は撤去されてるのは知ってたけどね

P5051271.jpg

「村山橋」
竣工 2009年
橋長 837.8m
幅  25m
6径間連続のワーレントラス

千曲川を渡って対岸から写真とって Uターンしてまた「村山橋」で千曲川を渡って帰ってきた こんな事する人 は滅多にいない 大抵の人は、対岸に用事がある  大回りな人生を選んだもんだ



2012年5月5日 信州 その4につづく




スポンサーサイト



Comments

こんばんは~!
神社の日だまりで、ほんわかSRよいですね~^^
真夏ならあっちっちでしょ(^○^)
かっぱのしんちゃん こんにちは
いつもコメントありがとうございます
返信遅くてすみません
今日までベトナム出張でした 

本当、この日だけいい天気に恵まれて楽しかった
メモ帳に 「神社で暖房便座」って書いてあって 一瞬なんの事か思い出せなかったです

Leave a Comment