FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2020

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
30

Category: 2012年05月06日   信州

Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

2012年5月5日 信州 その5
2012年5月5日 信州 その5


国道403号に戻って 屋代駅は、高い位置から見たけどスルー 結構 都会だった  国道18号に合流して、千曲川沿いを走る なんか地元でおなじみの国道156号 長良川沿いと錯覚してしまう よく似た景色。  この時は千も曲がるくねくねした川かと 考えながら走ってたけど  調べてみると、日本一長い「信濃川」の長野県での呼び名で 実は信濃川だった 延長367kmの内 名実共の信濃川は153kmで 千曲川と呼ばれている部分の方が214kmと長い 信濃川は 「あれオレ」詐欺で日本一を獲得していた  ちょっとずるい。

しばらくすると 千曲川が国道18号に近づいてきて 渋滞してきた 後ろから現れたライダーが横からスリ抜けしてったのをきっかけに 自分もついてく と渋滞の先は、事故だった 血まみれではなっかったけど 女性が気分悪そうにしゃがんでて 車はクシャケて横むいてた  その車の向いた先が  「昭和橋」。

P5051299.jpg

「昭和橋」
1937年(昭和12年)
下路でコンクリートアーチの 9連

本当このすぐ横に事故車が停まってて 渋滞抜けた先でカメラ出したオレを みんなは、事故現場の写真を撮ると思ったに違いない  渋滞をよそに橋の写真を撮った  事故に興味はない



わるいな と思ったけど先に進み国道18号 より千曲川側に入ると 川幅を大きくした場所に 居ました 上田交通の 「千曲川橋梁」。

P5051300.jpg

電車きた  いい景色だな 土手に芝桜が満開。  満開って云うのかな 手が込んでる  色も縫ってもらったばっかりかな   橋を透かして向こうの景色を眺めてたら 

P5051303.jpg

背中が熱くなって、いきなり 記憶がよみがえった オレここ来たことある 20年以上前 この向こうの小高い丘に、日○電気さんの ホレスとヒルズ新築 のお仕事に 当時 単身で何日も すぐそこのぼろい「常磐館」に泊まった 

P5051304.jpg
 
4月だったのに雪が降ってきて驚いたし その日は仕事にならず 旅館の窓から千曲川とこの「千曲川橋梁」をぼんやりみてた そのときは、全く橋に興味はなかったけど  今はわざわざ尋ねて廻る  廻ってたら こんな事もあるんだね

「千曲川橋梁」上田交通別所線 は上田駅-城下駅間の千曲川に架かる橋梁。
1924年(大正13年)竣工 横河橋梁製 
橋長 224m 
下路で平行弦のプラットトラスで単線 144ft の5連
端っこにコリジョンストラットを備えてる 小さい斜めのやつ

おおーー  別れ惜しいぞ  また必ず来るからね    さようなら
 
P5051306.jpg

振り向いた この橋のたもとに「常磐館」があったはず  でも探したけどなかった 当時もボロボロだったからなぁ

 
 

国道141号に出る所 右折の停止線が下げてある これ頭いいなと思った 

IMGP5223.jpg

すぐ国道141号が国道18にそのままなって 大屋駅前で国道152号に右折。  地図では何度も確かめた町内にはいってるはずなのに しばらく迷ってたら  また何家族もの鯉のぼり 今日がこどもの日だから今日までが主役
  
P5051309.jpg

この鯉のぼりの 向こうの建物のおかげで場所が分かって 助かった   もう暗くなってきたな

 

すぐ近所に発見。 「りんどう橋」

P5051311.jpg

現役を退いたような佇まい  余生か  保存が目的だもんね 

P5051321.jpg

なんかの本に書いてあったけど 歳取ると男は鉄を好きになり 女は石が好きになるって 石は宝石か

P5051328.jpg

ドイツ語かな   オレ間違いなく鉄が好き 

P5051317.jpg

「りんどう橋」
下路でポニーボーストリングワーレントラスの(ピントラス) 1連

P5051318.jpg

へたしたら121歳 いろいろあって この地に落ち着いた ハードな人生だったぶん ここでのんびり余生を過ごして下さい    さようなら

P5051333.jpg

このとき もう18時  うーんどうしよう ビーナスライン 走りたいけどなぁ 予定より2時間遅れてる とりあえず「三才山トンネル」の入口まで行ってから決めようと思って出発。

県道174号から国道254号に入る この道も懐かしい道 若い頃 ユーノスロードスターに乗ってて、この道をオープンにして 毎夏 軽井沢に行った 当時は軽井沢の似合う男だったのに 今は近寄る事も出来ない 当時の彼女は残念ながら嫁じゃない どうしてるかな  なんて考えながら走ってたら  着いた。

daijyoubu

「三才山トンネル」の入口。 単車停めた後ろの 県道464号 からもビーナスラインに入れるけど 地図をたどって考えるも   うーん あきらめた どう考えても諏訪湖側にでるのは、21時をまわる すごく楽しみにしてたけど ヘタレなオレを許してくれSR。

「三才山トンネル」を抜けて帰る これはこれで勇気のいる 長いトンネルだ 料金は400円。 

長いトンネルの途中で大きなトライクが避難地帯に停まってた 故障だと思うけど大丈夫だったかな オレがこんな長いトンネルで 故障して一人でレスキュー待たなきゃならなくなったら きっと 気が狂う  お気の毒様。

三才山トンネルを抜けたら もう日が暮れてた 松本城のすぐ横を通ってから国道19号に入り「信州健康ランド」に着いたのは 19時30分だった 

IMGP5224.jpg

本日の走行距離362km 

今日もたくさん走った ビーナスラインは残念だったけど 充実の一日。またこんな事が出来る様 いろんな人、いろんな物に 感謝して生きようと誓う。


もう帰るだけ だけど 2012年5月6日 信州 その1につづく 



        
スポンサーサイト



Comments

こんばんは~!
コンクリの橋桁(!?)は経年変化にもろそうです。
河原の芝桜(!?)が素晴らしいです^^
かっぱのしんちゃん おはようございます
コンクリの橋桁(!?)は経年変化にもろそうです。

ぼくもそう思います 
だからか この形状の橋は新しく作られる事がないそうで ある意味貴重です

信州はちょうど春がきてました。
[歳取ると男は鉄を好きになり 女は石が好きになるって 石は宝石か]

納得する言葉ですね、(●´∀)bぅんぅん

「千曲川橋梁」ですか、化粧直しがされていて最高ですね。

造形美を感じます。
ペンタさんこんばんは
ぼくも妙に納得しておぼえてたくらいですから
本質をとらえてるんでしょうね

橋は、古くても現役の物はやっぱり力強い感じがします
って事は、鉄も人も何かの役に立つのが若さの秘訣?だったりして

Leave a Comment