FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
07

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 24  Trackback: 0

新緑キャンプ
暦と瓜ふたつなゴールデンウイークは職場事情。 10連休とか取れたら九州とか北海道とか本州以外を走ってみたい。 夢大きおじさんは現実を噛みしめて また近場でキャンプしていた前半の連休日。 向こうに予定がない限り週一のお休みはすべて嫁に捧げることを約束に連休は自由にさせてもらっている。 だけど いつもは虫がイヤだからキャンプなんてしたくないって云ってる嫁が今回は連れていけと。 適度にハイキングしたい。 単車の後ろは長時間乗りたくない。 テント泊もヤダってわがまま付き。 

P4283144.jpg

難しい条件を満たした三重県の端っこ「赤目四十八滝キャンプ場」に車で一泊してきた。 足の長いバンガローが本日のお宿。 虫は嫌いだけどバンガローでガンバローって 嫁のテーマは小学生以下。

駐車場から離れてて荷物を運ぶのにすごく苦労したけど この時期に寸前でも予約が取れたのは この不便さが理由なんじゃないかな オレもたぶんもういかない。

一段落して「赤目四十八滝」を見てきた 川沿いの遊歩道を大小さまざまな滝を眺めながら 往復4時間ぐらい歩いて第一条件の適度なハイキングは達成。

P4283145.jpg
 
天気もよくて 一段と新緑が輝きを増し 鳥のさえずりや川のせせらぎに申し分なく癒されて 来て良かったなぁ と本気で思った

P4283176.jpg

ただ 誕生日に妹さんからもらったライトな登山靴とすぐ汚れてしまいそうなリュックを使いたい為だけにデビューした新人には距離に無理があったご様子。 結果このピンクがアクセントのリュックはオレが背負うハメに。似合うと褒められても説得力がイマイチ だいたいなにが入ってるんですか この重さ。

P4283154.jpg

橋脚がダイナミックな天然石で逆反りのアーチ橋はコンクリート桁の3径間。年代はわからない


P4283164.jpg

上の橋は薄い木を貼付けてごまかしてるけど オレの目はごまかせんぞフフフ ちゃんと鋼橋じゃないか しかもプラットトラス。 中路にすることで手すり替わりの高さにするあたりが只者じゃないな 探したけど銘板がないのが悔やまれるところ 同時に年代も不明。 これだけの実力者なのに残念


P4283162.jpg

赤目って云うと うさちゃんのことと思われるかもしれませんが 牛の目が赤かった なんとかって神様が赤い目の牛に乗って現れたそう  ふーん。


P4283202.jpg

おっ 古い橋の橋脚が残ってる って思ったけどよく見ると木製の路面が置いてある と云うことは これは間違いなく「流れ橋」。 対岸には何も用事がなさそうだけど どうしてだろう 先のプラットトラスといい マニアなのか。

数えてないけどちゃんと滝もいっぱいありましたよ に加えて飽きさせない工夫に満ちあふれた「赤目四十八滝」おすすめです

P4283267.jpg

帰りに「へこきまんじゅう」の列に並んで さつま芋の生地で出来たうまい饅頭をたべた オレは粒あんをチョイスしたけど嫁の選んだクリームチーズも味が濃くてうまかった

 
キャンプ場に戻って まずごはんの支度。 いつも一人でキャンプするときは ただ何かを焼いたり炙ったりするだけでお酒のつまみ程度の事しかしないんだけど 今日は嫁がいるからカレー作ってくれた すげー  火加減だけ調節してあげれば チャチャとカレーつくっちゃって ちょっとでも寝かした方がいいからと 風呂に入りに行ってきた その間にお米も水に浸しておいたよ お米を炊くのはオレの仕事だから

P4283272.jpg

近くの旅館のお風呂だったけどいいお湯だった さっぱりして帰ってきて慎重にお米を炊きました なんたってカレーはもう出来てるんですから 台無しにしないためにもね 

P4283284.jpg

ちょっと固めだったけど 上手に炊けた いつもだったらウインナー焼いてちくわかじってるだけなのにやっぱり違うね すげーうまいし 調子に乗るから云ってないけど どんなキャンプ道具よりも嫁便利だなーと この時ばかりは大尊敬

 
でも翌日は曽爾高原をまたピンクがアクセントのリュックを背負わされて すごく歩かされた 曽爾高原は登山と云っていいかもしれない すれ違う人が全員「こんにちは〜」って挨拶するのは山ならではの習わしのはず
P4293311.jpg

前半のゴールデンウイークは単車には乗れなかってけど とにかくよく歩いて ものすごく健全にすごしたから 職場でちょっと痩せた? なんて久しぶりに云われるかと思ったけど この微妙な違いに誰も気づかない。


後半のゴールデンウイークは単車で富山県の海を見てきた もちろん橋梁もたくさん。 またゆっくり聞いて下さい 



スポンサーサイト



Comments

http://nojyukukappa.blog133.fc2.com/
こんばんは~
赤目四十八滝は、2回くらいいきました。
そのときは車でしたけど^^
奥さん乗せてのタンデムは、気を遣うしつかれたでしょうね。
でも、お手製のカレーで疲れもふっとんだでしょうね^^
こんばんは~

天候に恵まれ キャンプ 日和でしたね
奥様も ご満悦でしたでしょうね^^
カレー美味しそうです~☆
あの〜
カレーがたまりません。
見た目からして、
ボンカレーとはまったく違う
美しさですね。
曽爾高原は中学の時に
行きましたが、牧場とかもあって
乳製品がおいしかった記憶しかないですw
「 虫は嫌いだけどバンガローでガンバローって 嫁のテーマは小学生以下。」
おいらは、ちょっと好きかも(;^ω^)

キャンプはカレー・・当然の決まりですよね(@^▽^@)ニコッ

女性の荷物の多さは七不思議ですね。。。信じられないくらい多い(;^ω^)

嫁さん孝行、お疲れ様でした。

流橋は良いですね!
かっぱのしんちゃん おはようございまーす
コメントありがとうございまーす

変な書き方しちゃいました 単車じゃなくて車で行きました ごめんなさい^^
大阪からも割と近いですよね すぐ奈良だったし きれいな所でした
キャンプ場はもういいですが赤目四十八滝はまた来たいなと思いました
しんちゃんさんならきっと川縁で野宿できそうです
カレーは特別に美味しかったです 一人だとレトルトカレーが関の山ですからね

トマトの夢3 さんおはようございまーす
コメントありがとうございまーす

晴れ男復活です 違うかな
今年のゴールデンウイークは全国的にいい天気だったようで
ぼくが毎日ハレマスヨウニとお願いしてるのが天に届いたのでしょう(嘘)
本当にいい天気できれいなところでした
外で食べるカレーは特別ですね 美味しかったです^^

広報ミヨっちゃん おはようございまーす
コメントありがとうございまーす

ミヨっちゃんさんもそうですけど
料理出来る人尊敬します
シーフードを先に炒めて一回取り出してたし
アスパラガスは最後の最後に入れたり
少しでも寝かせるとか そんな知識にびっくりしました
ボンカレーもおいしいですが
作る過程がおいしさを増してるような気がしました。
曽爾高原はすすきが揺れる秋がいいみたいですね 
たしかに牧場っぽかったですが今はなにもいなかったです^^

ペンタさんおはようございまーす
コメントありがとうございまーす

「バンガローでガンバロー」。小学生の時、絶対誰かは云ってましたよね
ひょっとしてペンタさんが云ってた人なのかも^^

キャンプはカレーですよね
大人になってからは複雑な料理だと思ってましたが
さすがベテラン主婦 ちょっと見直しました

リュックの中身は遭難したときの為にと水が1Lと
お菓子やらチーズたらとUV化粧品がわんさか
遭難しようもない場所なのに(笑)たのしんだようです


週一を嫁にささげれば
連休は自由がもらえるんですか?
なんてうらやましい、、、、、
自由なんて言葉は僕には無いです  (泣)
キャンプでカレーなんて
昔は定番だったんですけど
最近は聞きませんね
ソロキャンプじゃしないだろうしね  (*^▽^*) 
こんばんわ
三重に来られてたのですね。
車にも乗られるんですね^_^;
この時期のキャンプって寒くないですか?
おいしそうなカレー。
おひさしブリーフ

どんなキャンプ道具よりも嫁便利だなー って…

ふむふむ (笑)

よろしいですね~
うちは、GWに一日はどっか行きたい
と奥様からご要望

キャンプは?
行かない!


こどもの日に友達と釣りに行くけど?
どこまで行くん?
玉野の磯
トイレあるん?
んなもんない
んじゃ行かない

まぁ、キャンプ行っても飯の仕度は全部自分だし
釣りに行っても、エサ付けから針はずしまで自分だし
こっちの自由がなくなるだけだからよかったけど(笑)
加夢 さん こんにちはー
コメントありがとうございます

かなり強引ではありますが説得したんですw
そのかわり週一のお休みは何処までも何時までも運転してます
大体温泉が多いから自分も好きなんでいいんですけどね
自由は勝ち取るものです(笑)
普段ソロキャンプばかりでろくなもん食べませんから
カレーは嬉しかったです^^

こころん さん こんにちはー
コメントありがとうございまーす

GW、この地方は全部天気が良くてよかったですね
もうすぐ奈良県ってところでした三重県の端っこ
桑名からもう渋滞でなんとかならんですかね あの道。
赤目はちょっと上の方でしたからやっぱり寒かったですよ
寝袋は持って行ったんですが現地で毛布を借りました 臭かったです。
家で食べると普通ですけどカレーも外で食べるとうまいんですよー^^

お嫁ちゃんの素敵な後姿にドキドキ♪(*//∇//*)

>すげーうまいし 調子に乗るから云ってないけど

ぇぇぇ・・ それは言ったげて(;´Д`)ノシ)))
そのひと言さえあれば
幸せが無限大に広がっていくんだから~ぁぁ♪
トモ松さんこんにちはー
コメントありがとうございまーす

あけおめ ことよろ おひさし鰤の刺身。

そうだ、奥さんバンガローから徐々に慣れてもらえばいいじゃないですか
コレが蛇遣い座だよ とか云ってそのうちテントで星見る方が断然素敵。になるはずです
普段ソロキャンプばっかりでろくなもん食べてないでしたからカレーはうれしかったです
嫁にかぎらず料理出来る人尊敬します ぼくも出来る人になればいいのか(笑)

むらさん こんにちはー
コメントありがとうございますー

> キャンプは?
> 行かない!

はやっ 即答ですか 
でもたしかにトイレの有る無しは女性にしてみたら重要でしょうね
キジ撃ちセットを渡しても理解してもらえないでしょうし^^

むらさんみたいに料理が出来る人すごく尊敬します しかもいつも超本格的。
30代は仕事しかしてなかったですが40代になって趣味がすごく増えたので
料理も一つに加えるとこんな時楽しみの幅が広がりそうです
だけどハードルが高いので いつか簡単なのにうまい料理紹介して下さい(笑)


ako ちゃんこんにちはー
コメントありがとうございますー

なぜドキドキなんでしょうか(笑)

ごめんなさい 感謝の気持ちは伝えなくちゃだめですね
でもそうなると10日ぐらいはカレーになると思います
うちの嫁、調子の乗り方もハンパないですから^^
「うまーい」とはちゃんと云いましたよ 自然に出たから
天気もよくてたまには夫婦で楽しい時間でした^^

やっぱキャンプはカレーですね!
なんだかキャンプに行きたくなってくる記事でした(´∀`)
へこきまんじゅう、初めて聞きましたけど
美味しそうですね~。
軽く疲れてきたところで食べたら、
甘さがしみわたりそう・・・・☆
名前はアレだけど ( ´艸`)ムププ
赤目48滝!行きました行きました。けっこう平たいところの遠足だから、子連れも楽しめていいですよね。「赤目四十八滝心中未遂」って小説が直木賞とって間もないころでした。映画化されて、それもエロくて話題でした。懐かしい。近所の日本サンショウウオセンターも楽しかったです。これは行かなかったですか?
曽爾高原!行きました行きました。登っていくと結構やばい崖とかあるんですよね。どんどん上がって行ったら、「電磁波が電磁波が」と騒いでる白装束集団に遭遇して、逃げました(^^)。。。出会いが旅の醍醐味ですね。いろいろ思い出しました、ありがとうございます。
キャンプ、はまれば楽しいですよね。一時期は休みのたびにキャンプしていました。でも最近行かなくなっちゃったな。あの準備や片付けやキャンプ中のいろいろめんどくさい感じの非日常ストレスは、ふだんの日常ストレスの解消にもってこいだったはずなんですが…。
あけぼう さんおはようございまーす
コメントありがとうございまーす

日本のカレーは外で食べるイメージありますね
リンゴとはちみつの入ったカレーCMは外で食べてたからですかね
キャンプはカレー。 おせちもいいけどカレーもね。
よく考えると随分踊らされていますし周りはカレーだらけ
まぁ外で食べるとおいしいですからいいんですけど^^
へこきまんじゅうは大人気で前の人は30コぐらい買ってて引きました
かわ?が100%さつま芋で餡が焼き芋に包まれてる感じ うまいはずです
これ食べてたらおなら出ても許されそうです(笑)

玉坂めぐるさんおはようございます ー
コメントありがとうございまーす

大阪からも割と近いですもんね でもいろんなとこ行かれてますね
「赤目四十八滝心中未遂」初めて知りました YouTubeで予告を見てみたら火曜サスペンスの「ダーダ」がどこからか聞こえてきました 直木賞っていつも疑問に思います 
日本サンショウウオセンターももちろん行きました ですが写真が1枚もない。 想像よりかなりでかいのもいて珍獣認定してきました 自分だけそっと覚えておいて、帰りの車中でウーパールーパーの指は何本でしょうと ヤな問題を嫁にしてました(笑)
報道されてた電磁波嫌いの白装束集団は曽爾高原にいたのですか つい最近のことのように記憶してましたがもう10年前。まだ活動してるようなので逃げきれてよかったですね そんな出会いでも10年経てばいい思いででしょうか
バイクでソロキャンプばっかりしてるので一人用の道具しかなくてマイペースだし いつもは準備や片付けもそんなにめんどくさくないのですが 相手がいたりして自然の中で家事をする感じになるとストレスでしょうね でも蛇口をひねれば水がでる日常では誰かが運んでくれてることに気づかずに錆が混じってれば文句も云うし街路灯がないと暗くて危険な道だなと思うけど 非日常ではそのことを感謝できますから またたまにはキャンプもいいと思いますよ^^
こんばんわ
週一の休みすべてお嫁さんに捧げて
GW前半も、これはお嫁さんにささげたものですね。
大変な愛妻家ですが、愛されているのですね。
ラブラブなんですね。(がらにもない言葉)
小々次郎さんのピンクのリュック姿はどんなだったのだろう。
やはり背中に「愛妻家」と書かれていたことでしょう。

それでも鉄の橋に目がいくところがすごい。
いちしんふたば さん おはようございます
コメントありがとうございます

本当の愛妻家の方に怒られると思います
四十半ばでラブラブもないし 久しぶりに聞きました(笑)
ただ母親を早くに亡くしています 
彼女には楽しい思いでとかあったのかな と思うと
嫁には多少ね 楽しんでもらえたらなとは思います^^
松重閘門以外のピンク色は好きな色なので違和感無く似合っていたと思います(笑)

この花はなんて花 と同じぐらい橋に目がいく病なんです^^


Leave a Comment