FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
12

Category: 2014年05月03日 渡良瀬川

Tags: ---

本文: 8  Trackback: 0

渡良瀬川 その11
「小々次郎か!!」

わりと最近でも、 転車台が見たいがために 雪を押しのけて出かけて行った「梅小路蒸気機関車館」は休館日だった  まぁ それは よく調べてない自分が悪いんだけど 「蝉丸橋」もそうだし、 楽しみにしていた「九条跨線橋」にだって足場が架かってた  あの時は橋だけじゃなくて 清水寺にも平等院にも足場を架けておく念の入れよう。  行く先々の足場が視界を曇らせる 雨男ならぬ「足場男」。 あれっ 職人さんっぽくて ちょっとかっこいい?  それはおいといて、 時代の流れで 架け替えられる橋を見れないのは仕方ない事だけど 存在しつづけてる橋に足場が架かってる期間は、長い歴史の中でいったら すごくすごく短いはずなのに ピンポイントでお邪魔しちゃう残念なオレ。(涙)  自分でツッコミ入れたけど メンテナンスしてもらってるんだから強い事も云えないしね  また(涙) 

P5040492.jpg

へー  ライトアップ用のサーチライトには ペンキが垂れても大丈夫なように屋根がかけられてる  逆にこんな姿はなかなか見れないから ひょっとして 広い意味で云うと 運はいいのかな。   あーでも、鉄なのにしなやかで のびやかな感じ  やっぱり素敵だ「晩翠橋」。

P5040495.jpg

この支承なんて 枝をガッシリと鷲掴みしてるようでもありながら  いつでも飛び立てるように力が抜けてる状態のイーグルの足みたいで スゲーかっこいい  できるなら 甘噛みされてみたい  甘掴みか。

P5040517.jpg

今の「晩翠橋」は5代目。たもとの案内板には 歴代の「晩翠橋」や ライトアップされてる夜景、建設中の当時の白黒写真なんかが掲載されてて とっても読み応えがあったから この案内板だけでも見に行った甲斐があったってもんです

P5040519.jpg

奥に4代目が写ってる。 桁と橋脚は無くなってるけど 4代目の橋台は今も残ってた  よく見えないかも知れないけど この時代の建設足場は木で、作業員はヘルメットじゃなくて カンカン帽みたいなのしか かぶってないように見える し 胴綱もつけずに鉄柱の小口に人が立ってるのがわかる衝撃写真  お 恐ろしや どうか「晩翠橋」が誰の血も吸っていませんように 

P5040499.jpg

そう思うと 今の足場は見た感じ コストはかかるだろうけど しっかりしてて安全そう 「安全第一」になったのって いつ頃からだろう  それまでは何が第一だったのかな うわ ちょっとゾッとした。  セ○ムとかもそうだけど 安全安心が高額なのはわかってる そりゃ4452万円ぐらい掛かるはず

奥に見えてる 真っ赤な照れ屋さんは 東北本線の「那珂川橋梁」1919年(大正9年)竣工の 上路のプラットトラス。 と ついでに紹介するような方じゃない立派なご老人。  でも 撮った写真の中では これが一番写りがいい 残念。

P5040506.jpg

暗くて、半分ぐらいしか見えてないけど プラットトラスがよくわかるのは こっちの写真かな。  それで、これが残っていた 4代目の橋台。 1921年(大正12年)の竣工で、 5代目「晩翠橋」が架けられたのは昭和7年だから 11年しか使われなかった 影の薄い方。  使われなくなってからの方が長くなって 役立たずの自分がいまも居座りつづけてるのを恥じているようで  ちょっと気の毒。

P5040530.jpg
 
でも大丈夫。 5代目を眺めるには 4代目の橋台からが 一番よく見えるから ちゃんと役にたっていますよ

「晩翠橋」橋」
竣工 1932年(昭和7年)
上路のブレースドリブ バランスドアーチ 3径間


恋こがれて 何度も夢に出てきた麗しの君 やっぱり めちゃめちゃきれいな橋でした。 案内板にもあったけど 晩翠 は、冬になっても木々の緑が変わらない って意味らしい  何年経っても、冬になっても、足場が架かってても「晩翠橋」の美しさは変わらないって事で 間違いないです  化粧を直した姿を拝見しにまた来ますね  うーん さようなら


Uターンするとここからは帰路になる  結構スピードがのる 国道4号を寒さにに耐えながらひた走る。 走り出して15分もしないうちに すっかり日も沈んだし ますます寒くなって 明日は雨も降る事だしパッチを履こうと誓った  しばらくして真っ黒な鬼怒川を渡るとき 並走する東北本線「鬼怒川橋梁」のポニーワーレントラスが白っぽくぼんやりと浮かび上がっていたけど もう 寄らずに 手だけ上げてさよならした  また今度。

P5040531.jpg

宇都宮駅前にある 本日のお宿の健康ランドに到着したのは 20時ちょっと前 今日もよー走った。


長かった2日目がやっと終わたから良しとして 渡良瀬川 その12につづく


スポンサーサイト

Comments

こんにちは~!
なんでもプラス思考で考えないとダメです。
とっても運のよいツーリングだと思います。
それにしても橋も消耗品。
やはり掛け替えやメンテナンスは必須なんですね。
たどりついた健康ランドは、まさにパラダイスですね^^
かっぱのしんちゃんおはよーございます
コメントありがとーございます

そーですよね なかなかこんな姿見れないです(負け惜しみ)^^
ぼくが税金を納めていない 知らない土地で古くから頑張ってるわけですから 
当たり前ですがこっちの都合に合わせてもらえません 天気もそうですよね
橋も道路ですから管理が大事です おかげで安全に簡単に川を渡れます ありがたいことです
でも、いつもちょいちょい運が悪い自分が愛おしいです^^


「晩翠橋」
「晩翠橋」、近くにいるのに橋をジックリ見たこと無い!
今度見てこようっと。
古い資料良く見つけましたね。
足場の事ですけど、中国系は凄いですねー、未だに竹の足場ですよ。

DEN
DENでんさんおはよーございます
コメントありがとーございます

「晩翠橋」のお近くとはうらやましい
めちゃめちゃきれいな橋ですね ライトアップを見てみたかった
まぁ自分も「木曽川橋」や「忠節橋」が近所ですからオアイコですけどね^^
古い資料はたもとに設置してあった案内板の写真をカメラで撮りました(笑)
案内板も見応えありますよ 足場がとれたら是非紹介してください
何卒よろしくお願いします^^

お久しぶりです
「晩翠橋」いいですね、鉄の強さとしなやかさを感じますね。

足場は・・・・・・滅多に出会わないでしょうからすばらしいタイミングと言うことで(;^ω^)

相変わらず、そそる橋をありがとうございます!
足場問題、同情は禁じ得ませんが
笑いも禁じ得ません、、すいません。ウププ。

うちの近所に平成うまれのかわいい小台橋というのがありますが
あの子が初めてのペンキのメンテをしたとき。
まずは鉄パイプやイントレなどで足場が組まれて
大きなアーチ形の部分に塗装職人さんを川風から
守るみたいにベニヤ板の壁が
てらーっと虹の形に沿って並べられました。
それを少し遠くから眺めると、
初期のファミコン画像みたいにギザギザなんだよね。
いつもならなめらかなアーチが、初期デジタルギザギザ
モザイク処理橋なわけ。思わずマリオのテーマをくちずさんだっけ♪


ペンタさんおはよーございます
コメントありがとうございますー

連休にまた出掛けとりました すみません

そそられましたかぁー 「晩翠橋」は日本で一番美しいと思っています
なので遠いけど がんばって すごく楽しみにしてたんですよ
滅多にないことにちょうど出会ってしまうのが 小々次郎(涙)
いつかこの小さな不運が大きな幸せとなってかえって来るのを願うばかりです^^


玉坂めぐるさんおはよーございます
コメントありがとーございます

いろんな条件が一致して やっとこさ来てみたら足場男。
まだ雨が降ってないだけマシなのかもしれませんけどね
こういった小さな不運にみまわれる人の総称が「小々次郎」になるまで頑張ります^^

「小台橋」!!震災後に顔つきの変わった電灯の橋ですね
122mで1連はご立派と思いますし オシャレさん この色他で見ないです
塗装職人さんも塗ってて楽しいでしょうし 誇らしいでしょうね
想像するに 中央が一番高い下路のアーチ橋は足場を掛けにくいと思います
そうやって思うと足場も職人技。 簡単に嫌ってもいかんですね

ゲームをしない自分でも当時のマリオカートはやったことあります 四角かったです
あのテーマと インテルの最後の音、 あとマックの短いテーマ。
耳に残ります 残りますw

Leave a Comment