FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 24  Trackback: 0

そうなん?
毎年お盆休みには 一部保存されてるであろう「餘部橋梁」に会いに行く計画を立てるんだけど 毎年なんらかの理由で計画がフイになる。  今年も前の週までは行くき満々だったけど 天気予報が当日からお休みの間中雨にかわったから やっぱり呪われたルートなのかと思って早々にあきらめてた

そんな事情をしらない嫁は友達が泊まりにくるから「出てって」って云うもん(涙)。 無言で流れ出た涙を洗い流しに雨の中一人旅立った。 宛てもなく さすがに車で出発。

初日の15日は中途半端な時間に出たから移動だけで 前にも泊まったことがある「信州健康ランド」に泊めてもらい 16日の朝には念願のビーナスラインを走ることはできた。

P8160027.jpg

ここはビーナスで云うと どのあたりのラインだろうか 腋の下あたりかな。  ごらんのように いっちょんつまらんばい。 

このあと一人松本城に行って お堀の鯉のデカさに驚き。 急に焼きそばが食べたくなったんで「ちとせ」にしようと高山に宿をとった。 途中、ひらゆの森で小雨の露天風呂に入り ずーっと浸かってられて雨もいいなと この時は思ったんだけどね

ホテルに入ると雨がすごいから めんどくさくなって 1階の居酒屋の焼きそばですます こだわりのなさ でも、どこにでもあるはずのオニオンスライスがめちゃめちゃうまくて 得した気分でご就寝。 

翌朝17日。 のんきに朝食バイキングでムチャをして 8時半過ぎにチェックアウト。 激しく雨の降る中出発。 おなか一杯で「ちとせ」の焼きそばにも興味をなくしたから 明宝温泉にでも入って帰ろうと「せせらぎ街道」に入ったのがいかんかった

P8170085.jpg

あとでニュースで知ったけど 橋が流された川上川は朝からこんな状態。「引き返せって」親切に対向車は全員パッシングしていくんだけど この時は道もまだきれいだったし 不謹慎だけど どこかお祭りさわぎみたいな感じもあって 進んじゃった

次第に ワイパーも効かなくなってきたけど ゆっくりでも進んでいく 何台かのグループが出来てて、最後尾にグループ入りした。  仲間入りしたグループの結束力はたいしたもので 途中、何度も傘をさして外に出て 道路上に流れ出た障害物を協力して撤去した。ベチャベチャになってもニッコリ笑って全員と見つめ合い みんなで西ウレ峠を目指した。 こいつらとなら越えれる気がしいてた


P8170087.jpg

地図上では西ウレ峠まであと400mといったところ。 先頭の50代後半ぐらいのご夫婦がUターンして自分のところに来ると 窓を開けて「もうあきらめて引き返そう」って。 オレはこれぐらいなら またみんなで協力すれば 行けそうだと思ったけど ずっと先頭で耐えてきた おとうさんに黙って従った。

全員がUターンするのを見送って 一旦、おとうさんがUターンした場所まで行って「大雨で西ウレ峠越えられません」と嫁にメールしたのが9時34分。 メールを送って自分も引き返した。 でも500m戻らないうちに 今度は揺るぎない大木が道を塞いでた。 

P8170089.jpg

やべーな立往生じゃんか とこの時はまだちょっと他人事のよう  上の写真は割とすぐ駆けつけてくれたパトカーが来てくれた時。 でも警官さん一人だけだったんで ちっとも状況はかわらないから 「手伝いますよ」と軽はずみな事を云ったけど 警官さんにしてみれば 二次災害のほうが心配なようで 若くて頼りなく見えたけど「新たに木が倒れてこないところに車を移動して」と的確な指示をしていたし カッパは着てるけど自分は雨に打たれっぱなしなのに「疲れてないですか」と頻繁に声を掛けてくれてたな  ちゃんとありがとう云ってないや 

IMG_1171.jpg

消防車も割と早いうちに来てくれた こんな大きな車が来れたんだからと 少し希望を持ったけど 消防さんも作業に取りかかろうとはしなかった いま思えば状況を把握して手配するのが手一杯だったんだろうけど この時はなにやってんのなと 思ったのは本当。 ごめんなさいね 

なんの進展もないまま 14時35分なった。 雨がちょっと上がったし みんな暇なもんだから かたずければ通れそうだと思った Uターンした場所を見にピクニック気分で歩いていったら こりゃ大変!

IMG_1167.jpg

こっちの方がすごい事になってた。 たぶんUターンした直後じゃないかな こんな丸太を鐘撞きのように横っ腹にくらってたら絶対命はない  お、おとうさん命の恩人だわ  随分前に見に行ってた消防の人もこっちの方が酷いとは云ってたんだけど 自分の目で見るまでは信じてなかった。 しょうがないからもう覚悟を決めた

IMG_1173.jpg

また雨も降り出して薄暗くなってきたみたいだけど 運良くガソリンは満タンに近かったから 暑くも寒くもないし 昨日買ったペットボトルの水1本と缶コーヒーがある 朝、バイキングで無茶したおかげで おなかもすいてない。 時間の事はあきらめて おとなしく助けを待ってたら 17時頃「すのまた」まで重機が道を片付けながら登ってきてるからと 消防さんが教えてくれた 地図を見るとあと4kmぐらい。 ここだけじゃなくて各所でやられてたんだな

IMG_1181.jpg

日が暮れた19時過ぎ。遠くにランプの光が見えた時は みんな車から飛び降りて喜びあった。轟音をあげて次々に現れるブルドーザーは本物のヒーローのようにたくましくて 優しかったぁ。 

業者さんもお盆休みだっただろうにね ブルドーザーのわきを 感謝の気持ちとともに頭を下げながら そーっと通る時、警官さんに自分の車のナンバーを確認してもらい「一人ですか」と訊ねられたから 「すみません一人です」と答えたら おにぎりとお茶を一人分くれた おなかはすいてない気でいたけど 涙が出るほどおいしかった 

結局、一旦高山に戻るから 家に帰って来れたのは23時。 すげー長い一日だった(涙)



スポンサーサイト

Comments

大変な1日でしたね
無事でなによりです。
私も、2月の大雪で足止め
頂いたおにぎりやお茶
みそ汁、お菓子
涙がれるほど嬉しかった!
お話は聞いてたけど、お写真でひどかったんだってあらためて驚きました。
高山や私の町も川が氾濫して道路が冠水した場所もあったけどこの流木が怖いですね。
先頭の方のUターンで皆さんが戻ったからほんとによかったです。
それにほかの車もいたからちょっと安心だしね。

せせらぎ街道の紅葉が今年も綺麗だといいな。
小々次郎さんもとっても疲れただろうけどまた懲りずに走りにきてくださいね(^^)
小判ちゃんおはよーございます
コメントありがとーございます

広島や福知山はもっと甚大な被害にあってます
自分なんかまだ運がよかった方です
経験した事がなかったから判断がダメダメだったんです
もう大丈夫 今度からはみんなを引き止める側にまわります
救助に来てくれたうえにおにぎりまで
日本人てすごい心遣いですね 大感謝。

チビmomoさんおはよーございます
コメントありがとうございます

11時間身動きがとれなかったですが 早かったです
ブルドーザーの人達、すごくかっこよくて、たのもしかったです
逆にキチンと連携とか管理の行き届いた安全な道だと知りました。
 
普段は超素敵な道の「せせらぎ街道」。
標高差があるから紅葉がグラデーションがかるんですよね
大好きな道の一つです 懲りるどころか積極的に伺いますよ^^

うわ、えらい目に遭われましたね・・・。
と、同時に日本人の素敵さがあふれたエピソードでしたね☆
お盆はどうも天候に恵まれず(ていうか今月は土日ほとんど恵まれてないですが)、出かけたくても我慢してじっとしておりましたが、もし無理やり出かけていたら、小々次郎さんとおなじような事になっていたかもしれません。
無事で何より
スゴイことに成ってたんですね!
小生も、マレーシア赴任中、夜中にゴム園の中の道を走っていた時、大雨でゴムの木が目の前で倒れてきて、危うく直前で止まったので、つぶされずに済んだ経験があります。
小々次郎さんも、無事で何よりでした。

DEN
こんばんは~!
大変でしたね。
ちょっと引き返すのが遅かったですね。
ムリは禁物です^^
あけぼうさんおはよーございます
コメントありがとうございます

広島の方がすごい事になってますから心苦しいです
ほんと、出かけなくてよかったですよ 大変な事になってたかもしれません
でも、まだ水をたくさん含んでますから山側も注意してくださいよ
おにぎりもお茶も身に染みましたが なにより気遣ってくれる心がうれしかった
こういう時、日本人でよかったなと思います^^

DENでんさんおはよーございます
コメントありがとうございます

マレーシアは未舗装でしょうか
ゴムの木だとしなってムチ打たれるようで強力ですね^^
マレーシアのジャングルも雨が多そうですし赤土が流れ出すイメージがあります(怖)
今なら良い経験になったと思えるのは無事だったからですよね
引き返すのが正解でした 次からは即引き返します

かっぱのしんちゃんおはよーございます
コメントありがとうございます

雪の日に行った京都もそうですが ほんとに無理は禁物です(涙)
あと400mで峠だったんです ここまでなんとか来れたのが災いしました
引き返すと今までの苦労がもったいないと思ってしまうんです
釣り人が川に流される場合のほとんどが竿がもったいなくて掴んだままなのが原因だと聞きます
早く帰る時間や苦労よりも命が一番大切だと思い知りました^^


御無事でなによりです。
無理しないでください。
ここのところのニュースを目にすると自然の怖さを感じます。
こんばんは!
大変な一日だったようですね、無事に帰れてよかったですね、
いやあ、書いてくださってよかったです。
ついこの間のことですよね。
さすがに臨場感がありますね。
勉強になりました。
長野の山奥で大雨の翌日に、
無かったはずの滝ができていたことがありました。
車道にジャージャー注いでいました。
今覚えば山の上の方で水の流れが変わるような
大きな地形の変化が起きてたんだなと・・・。

うーん。気をつけましょう。
こころんさんこんにちはー
コメントありがとーございます

ここんところ大変なニュースばかりですね
なんか地球がイヤよイヤよっていってる気がします
自然相手に無理は禁物でした^^

尾張小牧さんこんにちは
コメントありがとうございます

お気遣いいただきましてありがとうございます
尾張小牧さんきっと自分とご近所ですよね
いつもは素敵なせせらぎ街道もこんなことになってました
大変だったけど 怪我もなく無事に帰ってこれただけでも良かったです
この辺りはちょっと行っただけでも山深いところがありますもんね
雨の日の撮影はご注意してください


玉坂めぐるさんこんにちはー
コメントありがとうございます

そーですぅ この間のお盆休みです
なんともなかったから良かったんですが 相変わらず間が悪いです(涙)
雨の中「出てって」っていう嫁もよめですが 何かあったら後悔したでしょうね
はじめのうちは雨の中の洗い越しみたいな状態でした
そのうち土が混ざりだして黄土色の水になったと思ったら一気です
雨ばっかりでしたから山も元々ポンポンの状態だったんでしょうね
長野の山奥も翌日まで降り続いてたらヤバかったんじゃないでしょうか
自然相手に勇気見せてもなんにもなりません 逃げるが勝ちです
ほんと気をつけましょう


そうなん?ってそうなの?の方じゃなくて遭難だったんですねw
うわー・・・。
大冒険しちゃいましたね・・・。
すげぇ・・・。
私はいまだかつでこんな経験したことありません
私の地元で河川がもうあぶないって時には
北海道でのうのうと、宿で台風をやり過ごす準備をしてましたw
いやー、しかし土砂災害怖いですねぇ・・・。
旅人Yさんおはよーございます
コメントありがとうございますー

そうなの。^^
大冒険ならかっこいいんですが遭難ですからね
しかも自分の判断ミスですから救いようがありません
危険を回避する道はたくさんあったはずです
なかでも北海道での危険回避が一番オシャレです(悔)
目の前で塞がれて、ついさっき通った場所に土石流。
ほんとにあっと云う間です 一瞬の判断ミスが命取り。
土砂災害怖いですねぇ・・・。


大変でしたね。
無理は良くないですよ。。。

若い頃には災害出動要請の現場で結構やばいときもありましたので
無理をしないのが一番だと思っています。

土砂災害は・・・怖いですよね。

くれぐれも、無理をしないで楽しんでくださいね。
えっぐーーー!!

こりゃ死んでてもおかしくなかったですね

お互い気をつけましょうお♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ペンタさんこんにちは
コメントありがとうございます

> 若い頃には災害出動要請の現場で結構やばいときもありましたので
> 無理をしないのが一番だと思っています。

ペンタさんレスキューさんもされるんですね
レスキューさんが来てくれたときは嬉しかったのとすごく安心しました
お盆やすみなのに大変ご迷惑をかけました ありがとうございます
無理な事だと云う事がわかってなかったです 大失敗。
この経験で身に染みましたました もう無理はしません 
道の選択も吟味するし これからは引き止める側にまわります
お気遣いありがとうございました


むらさんこんにちはー
コメントありがとうございます

本当に間一髪でした
引き返したら、さっきは大丈夫だった所がもうダメ
くずれだしたら早い早い あっという間でした
誰も怪我がなかったのがせめてもの救いです
いくら素敵な道でもこんなときは気をつけないといかんですね^^

カギコメさんこんにちはー
ご丁寧に まぁ^^ ありがとうございますー

自分も肉体と魂が分離してるとき あります あります
魂よく出かけていってしまいます 長いときは2泊ぐらい
でも自分の場合、お腹がすくと魂は肉体に帰りますから その程度。
だれもどこにも行かずに待ってますから 無理しないで ごゆっくりどうぞ(笑)

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。