FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
04

Category: 2016年03月20日  領内峡

Tags: ---

本文: 20  Trackback: 0

領内峡


いま思うと あれが春一番だったのかもしれない

ヘルメットのシールドの中にまで入ってきて ヒーゴーヒーゴー ひどい笛を吹くし SRが瞬間 ”横” 移動するぐらい 風がとても強かった春分の日。  随分前に奈良に行ってきたって 自慢していたんだけど 奈良は「春日大社」にしか行ってなくて 翌日のルート上の いい位置に「奈良健康ランド」があったからなんで 「春日大社」の方が ついでみたいな感じになっちゃうと あんまり自慢してもいかんね

P3200061.jpg

もちろん「春日大社」に罪はない  むしろ鹿の着ぐるみを着た外国人の方が 厳かな雰囲気を台無しにして カラカってるんじゃないのかなと思う  あと、やっと靴を履かせてもらったぐらいの ヨチヨチ歩きの赤ちゃんが 鹿のう○ちを拾って握りつぶす光景は この辺りでは当たり前のことだと知った 違うのはそれぞれのお母さんのリアクション。 



翌朝 ちょうど6時59分。

「奈良健康ランド」がある国道24号を南下。  あんまりいい天気じゃないし 指先が冷たいのを我慢して 街中の国道165号から 山の方に向かう国道166号に入ると 道路脇に取り付けられてる温度計は4℃って云ってたから 鼻歌の「春なのに」がスイッチオン

P3210079.jpg

突然すぎて理由はわからないけど 最近、田舎の「バス停」や「踏切」にも萌えるようになってきた。  もういい 寄り道王にオレはなる。

徐々に登っていく国道166号 「女寄峠」をトンネルで越えると 太陽が顔を出すようになってきた 日の温かみを左側に感じながら到着した「道の駅宇陀路 大宇陀阿騎野宿」の足湯は 干からびてて まだ営ってない 仕方がないから早いうちに「佐倉峠」も越えようと また登り始めて数キロ

P3210083_2016050409073732e.jpg

水分の多い朝日を受け止める一本桜。 おはようございまっす  この気温でこの時期の割には頑張ってる方だと思う けど 実はバックミラーには写ってるんだけど この桜のすぐ前で 大きなサルが交通事故で亡くなられていた 人間で云うと小学校高学年ぐらいの体格だから結構年もいってるはず(涙)  サル年に年男がサルの死体を目撃するなんて縁起でもない アーメン。

めちゃめちゃ動揺しながらも「佐倉峠」を超え 続けて 急激に登って下る「高見峠」も長いトンネルで超えると そんなことも忘れてスピードがのった頃でした。  まだ色の淡い景気の中に 消えいりそうな類似色の古い橋が 息を殺して櫛田川に影を映していました  

P3210094.jpg

見っけ。

「乙栗子橋」。(おとぐるすきょう)
竣工 1931年(昭和6年)
橋長 46m
幅員
コンクリートアーチの2連

昔話に出てきそうなネーミングは この辺りの町内の名前なんだそう この橋が架けられた時 地元の人達は天にも昇るほど喜んで 渡り始めの祝賀では唄を歌ったそうな 愛されてるな いい話。  また来るね。

控えめな 昭和美人の「乙栗子橋」に なんとかサヨナラ云って 国道166号に戻り ちょっとガソリンが心配だったんだけど 一件あったスタンドが休みだったから仕方なく 若草色した「大谷橋」のワーレントラスで櫛田川を渡り 国道422号に移って「湯谷峠」に挑んだ

P3210122.jpg

いつの間にか SRを傾ける時 お尻始動の走法に変わっていることに気づいた これがなかなか良くて 難なく「湯谷峠」を今度は短いトンネルで超えて スルスルと降りてきた 突き当りの国道422号で 宮川沿いを遡ること3kmぐらい 領内町の郵便局を左に入ったところでリザーブタンクに切り替えた あぶねぇ

そのまま少し下ったところにいました「領内橋」。

P3210126.jpg

すごーーい  入り口の斜材も 垂直材も 橋門構材までもがタイプレートもほとんどなく レーシングバーで丁寧に編み上げられている しかもピントラス。 こんなの初めて見た。  あっと思い出して 渡良瀬川に架かってた「水路橋」や「田元橋」と比べてみたけどやっぱり雰囲気が違うし 自分は見つけられなかったけど 諸先輩の話だと鉄材は八幡製鉄製とアル。 入り口の両角に連結用?の突起物が残されてるから どこかからやってきて 架けられたんだろうけど こんな奥地によくぞおいで下さいました ありがとうございまっす

P3210136 (1)

ピン結合のギリギリまでキレーに編んである やっぱりこれは日本人の仕事のように思える  大きさから見て軌道橋だったのかもしれないし どんなドラマがあってこの地についたのかな でも本人は間違いなく ここの居心地と景色を気に入ってるはず フフン。

「領内橋」
竣工 1924年(大正13年)
橋長 53.0m
下路の平行弦プラットトラス(ピントラス) 32.9m 1連

P3210134.jpg

領内峡は紅葉が綺麗だって じゃらん先生は云ってみえますから またその頃伺いますね さようなら

Uターンして 県道31号に入ってしばらくしたら 無事給油も出来たし 宮川沿いにはまだまだ 役者が揃ってるんだけど また今度。今回はお伊勢さんには寄らずに四日市を通って帰りました


GWはほとんど仕事になっちゃったんだけど 1日、2日と一泊して 竹田城址を観てきたんで またゆっくり聞いてください


スポンサーサイト

Comments

こんばんは~!
奈良健康ランド、まだ健在でしたか!
ぼくの高校の同級生がCMに出てました^^
竹田城趾最近はひどい人だかりみたいですが、
大丈夫でしたか!?
こんばんは

領内橋って僕は全く知りませんが
雰囲気といい色といいグッときますねぇ
突然目の前に現れたらドキッとしそう(^^)
橋自体もいいんでしょうけど周りの風景に溶け込めてるんでしょうね
おはようございます。
小々次郎ここにありの記事ですね。

外国の方の我が物顔ぶりは
最近他の方のブログでも見かけますね。
奈良健康ランドは私も思い出があります。

領内橋、
確かに、大きな手芸作品みたいですね。
青色がすがすがしくて素敵です。

「春なのに」か・・・
今日の仕事中の鼻歌で出そうです。






かっぱのしんちゃんおはよーございます
コメントありがとーございます

すーげー 有名人が同級生なんですね!
奈良健康ランドは健在どころか 
いつ行っても満員で大人気です
中の居酒屋の鶏皮ポン酢も安くて美味いんですよ

竹田城趾は朝一で行きましたので大丈夫だったんですが
最後の残り1kmの登山がしんどかったです^^

親方ちゃんおはよーございます
コメントありがとーございます

ピントラスが日本製ってのが珍しいのです
歴史的にも大正末期がピンポイントですしね
降りていけなかったですけど結構高い位置に架かっています
半分隠居してるようなのどかさでした^^

いちしんふたばさんおはよーございます
コメントありがとーございます

> 小々次郎ここにありの記事ですね。
相も変わらず ですね マンネリは自覚してます(涙)
でも毎回初見は同じような橋でも興奮します
景色が違うからでしょうか 
今見てもとびきり美しい橋です^^


ツーリング季節ですね!
秋の季節と共に、最高のツーリングの季節ですね。
更なる活躍(ツーリング)記事、楽しみです。

DEN
そ、そんな。
マンネリだなんて決して思っていません。
(涙)されたのならごめんなさい。
幼児の鹿のうんち所作、つぶすにとどまるならOKですね(^^)。
そのあと口に持っていくタイプかどうかが
母のリアクションの違いになるのかもしれません。
(^へ^)

春日大社の神様は、この時期本社から出て
拝礼所に少し近い別荘にいらっしゃったはず。
まして春分の日、
訪れた人々にあまねく(鹿カブリモノの外国人にも)きっと
あまねく景気よくご利益を振りまいてくださったに違いないですよ。
おめでとうございます(^こ^)♪

さて、先日はお目もじにあずかり
ホントにホントに嬉しかったです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
DENでんさんおはよーございます
コメントありがとーございます

梅雨前あたりまでいいシーズンですよね
活躍したいです
ただ自分の仕事は春と秋が繁忙期なんです(涙)
いちしんふたばさんおはよーございます
コメントありがとーございます

えへへ ごめんなさいね
マイナス思考の悪い癖なんです
特に最近自分自身がそう感じていました
まぁ同じものの調査なので仕方ないですけど
もっと楽しまないといけません^^

玉坂めぐるさんおはよーございます
コメントありがとーございます

赤ちゃんは距離感がわかりづらいのか掴みずらそうにやっと握りますね
なんでも口に持ってちゃうのは鼻がまだそんなに効かないのかもしれませんし
本人、食べることしか考えてないんでしょうね 怖い怖い^^

そーいえば なんとか遷宮みたいなこと書いてありました ラッキーです
もしかして鹿の被り物は積極的に春日大社側が販売してるんでしょうか
まぁ可愛いから許すんですけどね

本当に先日はありがとうございました
お会いするまでは鼻から脳みそが出るぐらい緊張してましたけど
悪口じゃなくて 理想どうりの方でしたので 嬉しかったですよぅ
もう岐阜には用事がないかもしれませんが どっかで一杯やりましょう
今後ともどうぞどうか宜しくお願い致します^^


寄り道王になってください、是非♪
そうか、とうとう玉さんと会ったんですねー。
それはそうと、春日大社とは全然話題が違って申し訳ないのですが、GWの福井県で、もしかして小々次郎さんだったらどうしよう!って思うくらい、そっくりのバイクに乗って、一人で土手で写真撮っている男性を見かけました。通りすがりに・・・。
でも行き先が竹田城とは。
全然他人だったってことですね~。大興奮して損したー(笑)
あけぼうさんおはよーございます
コメントありがとーございます

いつも何かと急いでいますからね 寄り道王の道のりも険しそうです

自分、玉坂さんのファンなので京都まで追っかけていきました
めちゃめちゃ緊張したんですけど会えてよかったですw

GW今年は福井県だったんですね 自分も日本海側から竹田城に行きました 福井県は横長なので前半は通っていますし 土手で写真も撮ってますけど ”男性” じゃ、間違いなく自分ではないです 見かけたのが ”おっさん” だったら可能性もあったんですけどね^^ 

>小々次郎さん、
ほんとに、いつかどこかで一杯やりましょう。
ひや汗かきながら「玉坂です」とうすーく書いた紙持って
ロビーにふうっと踏み出た途端に、
「あ☆あの人だ、たぶん…」とわかったのは運命でしょう(^こ^)
鼻から脳は少ししか出てませんでした。
だからホントにいつかいっぱいやりましょう。

>あけぼうちゃん、
小々次郎さんはね。
「かっこいいラクダ」をイメージすると見つけやすいです。
人間に例えると、國村隼さんの末の弟って感じがしました。

(スイマセン(^^:)。
 玉坂はラクダと國村さんのファンですからほめています)。
玉坂めぐるさんおはよーございます
コメントありがとーございます

自作のプラカードは答え合わせ程度でしたよ ペットボトルのお茶が転がっちゃって隣の人たち全員起立させてるのも見てたし 自分の横を通り過ぎる時に「みんな遠慮してるから前に行こう」って旦那さんをひっぱてく声を聞いた時からわかってました 玉坂オーラ出まくってますから気をつけたほうがいいですよ  國村隼さんに似てるって初めてです 光栄ですけど褒めすぎです  本当、また誘ってくださいね^^ 


ええええええええーっ☆
なんでだなんでだ。
声も顔も、全然知らないはずなのにwww
小々次郎さんって、なにものなんだよう・・・。
び・び・びっくりですわ・・・。
そんじゃ、いただいた連絡先がスマホ内に見つからなくて
バタバタしてたのも、みてたのかな。あげくのプラカードなんだけど。。
た、ただのラクダじゃないな、あの大きな眼球、さては心眼…。

玉坂めぐるさんおはよーございます
コメントありがとーございます

うへへへへ
バタバタは見てなかったす
悪魔の実の能力者でもないですけど
でもやっぱり ただの勘でけではないような気はします
旅するラクダ ってことで宜しくお願いします^^


今晩はコメント有難うございます。
近畿周辺をうろうろ~してますので
何処かでお会いしたりするかもしれないですね~
その時は宜しく!!!
明日はSL走りますのでお近くに行かれるときは
是非~^^
x都人x さんおはよーございます
コメントありがとーございます

わぁ ご丁寧に かえってすみません
いつも素晴らしい お写真楽しみにしています
行動半径がかぶってるようなので 本当どこかで発見するかもしれません
その時はよろしくお願いします^^

Leave a Comment