2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 40代。 もう後半に突入

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
21

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 16  Trackback: 0

雪鯨橋

春分の日は大阪に行きました もちろんSRと。

P3180025.jpg

欄干が鯨の骨でできている 世界に一つだけの橋 鯨の骨は雪のように白いから「雪鯨橋」。

また ちょっとゆっくり聞いてください


スポンサーサイト

Comments

えええーっ。
世にも珍しい橋ですね!
しかもちゃんと今でも残っているのがすごい!
渡るだけでなんか色々なご利益がありそう。
なんですってぇ!?Σ(゚Д゚)
そりゃぜひとも聞きたいですよ、えぇ。
見えている欄干が、骨ですか?
なんかファンタジーですね。
「作りたいから作った」みたいな気がする。する。
こんばんは~!
雪鯨橋、長く大阪に住んでますが、
はじめて聞きました!
これは珍しいですね^^
こんばんは

驚きですねぇ、
そんな橋があるんだ
世の中いろいろな橋があって面白いですね(^^)
あけぼうさんおはよーございます
コメントありがとうございます

最近、捕鯨はオーストラリアの団体からめっちゃ文句言われてますね
この橋も多分供養のためだとは思うんですけど 重ぐるしさにちょっと引きます
この橋のクジラの骨は五代目って書いてありました ご利益ありますかね^^

ますかっと さんおはよーございます
コメントありがとうございます

世界に二つとない奇妙な橋です
「大阪の橋」って本に載ってましたので
確かめに行ってきました ホラーです^^
玉坂めぐるさんおはよーございます
コメントありがとうございます

手前の橋ではなくて 奥にやっと見えている太鼓橋がそうです
骨は結構繊維質で乾麺の素麺のようにポロポロと床面に落ちていました
今の骨は五代目ですが初代は和歌山県の港町の方が持ち込んだようです
「作りたいから作った」のならいいんですけどね^^

かっぱのしんちゃんおはよーございます
コメントありがとうございます

大阪市東淀川区瑞光2丁目2-2「瑞光寺」ってお寺に架かってます
たぶん世界に一つだけ 結構、お近くじゃないでしょうか
今自分も地図で確認したら「万博公園」も近いから寄ればよかったな
是非行ってみてください



親方ちゃんおはよーございます
コメントありがとうございます

ねぇ世の中狭いようで広いです
いろんなご縁があって いろんな橋があります
自分の目的は「その橋」の橋上に立つ事です
立って深呼吸してそこからの景色を眺めたい^^

こんにちは。
鯨の骨を使うなんて珍しいですね。
つい面白がって
ググってみましたよ。

絵本も出てるらしいですね。
misachi68さんおはよーございます
コメントありがとうございます

鯨の骨は大きいくて丈夫そうだから 
その曲がったのを何かに使えないかなと考えたんでしょうか
欄干にぴったりって思いついた時はオレ天才ってドヤ顔だったのかも(笑)

自分も当然、事前にググッたんですが絵本には行き着きませんでした
リサーチの仕方にもセンスがいるんですね(涙)


こんにちわ
原始時代の名残のようにも思える豪快な奇妙さですね。


いちしんふたばさんおはよーございます
コメントありがとうございます

はじめ人間ギャートルズのマンモスの骨のイメージでしょうか
ちなみに「マンモスの骨の橋」と軽くググってもヒットしませんでした(笑)
この骨の鯨が生きて大口を開けていて 大量の海水とともに自分が飲み込まれる
胃の中で消化され、自分が骨になっていくシーンが浮かんで首を振りました
現場は奇々怪々な空気に包まれています^^


げ、ギャートルズのようにと書きかけてやめたのです。
おみそれしました。
わたしもググったのですが当初18本もの骨の寄進があったそうですね。
一体どういうつもりで・・・供養だけだなく捕鯨を容認してもらうためにか、
はじめから建築材料として寄進したのか・・・
くじらの供養塔を作ることもできただろうに・・・
奇々怪々、まさにそのとおりなんだろうなと思います合掌。
いちしんふたばさんおはよーございます
コメントありがとうございます

やっぱり^^
大きな骨ってだけで刷り込まれていますよね

骨を持ってくることと それを欄干として使う行為
個人的には悪趣味だなぁと思います
日本昔話とか童謡って怖い部分がありますよね
人間が生きるための捕鯨という殺生。
戒めとして一部分をこの神社が担っているのかもしれません



Leave a Comment