FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

ヲタカラ
ここんところ 週末になると ポツポツ ポツポツ せっかくの秋の空もご機嫌ナナメですね でもきっと空だって日曜日は晴れたいはずだから 苦汁をなめる思いなんだろうなと 信頼はしています  気のいい空のせいにしてますけど 実はちょっとお仕事パニクってて ハレマスヨウニ と願ってないのが本当のところ みなさん巻き込んじゃって ごめんなさいね

P8120049.jpg

どこにも行けてないから 当然ネタもないし ボン休みと10月の連休に行った「天橋立」キャンプは 「2013年07月15日 海の日」で一回紹介してますから 是非そちらをごらんください きっといい橋との出会いがありますよ(笑) でもそんな「2013年07月15日 海の日」には登場していない「跨線橋」を今回は発見したから1本だけ ご紹介。

P81200高浜

苦汁をなめる思いで エンゼルラインを選択 国道27号に入って 小浜をスルーすると 海とJR小浜線に挟まれて国道27号はつづいていく けど潮の香りは届いてこない  しばらくするとどこにでもあるコメリを発見。 キャンプに使う炭が欲しくて寄ろうと思い なんでか裏から入ろうと手前の信号を左折すると コメリには入店できずに 若狭高浜駅に到着。 あれれ間違えちゃったと Uターンしようとした時、 2007年4月に複合施設として改築したお洒落な駅舎の奥に 不釣り合いな古い跨線橋が ぼーっと ぼーっと立っているじゃないですか!  コメリそっちのけで近づいてみると 北陸の、イヤ日本のお宝を発見!本当は涙でよく見えてない(涙) めちゃめちゃ珍しい 古レールでできた「ハウトラス」さまであらせられます  駅の開業が1921年(大正10年)4月3日ってことなので開業当時のままだと思う 御歳96歳 お疲れ様です  きっとまたおじゃましますね




スポンサーサイト

Comments

おはようございます

お仕事お疲れ様です
しばらく雨続きですが、
お仕事スッキリした後、きっと晴れますね
気分良く乗れるように空も待ってます
駅、引き寄せられましたね
見逃さないのが流石です(^^)
親方ちゃんおはようございます
コメントありがとうございます

サボってた分ちょっと忙しいです(涙)
今日はスッキリ晴れました
雨上がりの青空は一層清々しいですね

たまにこういうことがあるんです
跨線橋は橋としてみなされないのかな
有名人が少ないです ラッキーでした^^

うちの会社の偉いお爺ちゃんと同い年や・・・
お疲れ様です。長生きしてほしいです。
あけぼうさんおはよーございます
コメントありがとうございます

お偉いさんえらい長く生きてますね
スマホ持ってますかね
大正時代からすると平成の世はSFの世界
長く生きてるだけでえらいわけですね


こんにちは~!!
駅のホームにかかってるこういう橋って田舎に多い気がしますが、
年取ったら利用するのが大変そうですね^^
かっぱのしんちゃんおはよーございます
コメントありがとうございます

都会だと建物中でつながってたりしますもんね
向こう側のホームに渡らないと目的地に行けませんから
川じゃなくて線路を跨ぐ橋もまだまだ必要とされています
足腰にガタがきても頑張って渡りますよ^^




あと4年で、妖怪付喪神になるんですね。
ご立派です。
古レールの時代からと考えると、さらにもっとご高齢なんでしょうかね。
ひょっとしたら舶来さんなんですかね。(^^)
そしたら化けて出ても外国語だったりするんでしょうか(^へ^)素敵です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
玉坂めぐるさんこんにちはー
コメントありがとーございます

付喪神 yahooでググりました あちゃらでは どんなものでも100年経つとアンティークっていうらしいことは なんとなく知っていましたが 付喪神とは なんとも日本人らしい発想ですね ものを大事にしろ 道具を大切に使えっていう戒めなんでしょうか 橋の付喪神は ありがたいことに日本全国にまだたくさん存在します ほとんどの方が英語やドイツ語を話すなか 東京都江東区の富岡八幡宮のそばにいらっしゃる「旧弾正橋」は唯一日本語を話す本物の妖怪付喪神。 なるほど容姿も妖怪じみてます 会ってみたいものです^^



鍵コメさんこんにちはー
コメントありがとうございます

ご心配おかけしました
ちょっとお仕事パニクってて ずーっと現場に出ております
まだちょっと続くんですけど 元気にはしております
舞い上がってしまうような 嬉しいコメントもありがとうございます
今はSNSとかの方が主流でブログは時代遅れかもしれませんが
お顔も 本当のお名前も知らない方から こうやって気遣っていただける(涙)
ブログで遠くの方と繋がってるのは本当に素敵なことだと思います
いろんな状況を楽しみにかえてブログを続けていく糧になりますね
また青空のもと旅立てるように もうちょっとお仕事頑張ります^^



Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。