FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
  02 ,2020

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
08

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 14  Trackback: 0

野宿
毎年恒例になってきている 「奈良健康ランド」での1人年越しを 今年も嫁に申し出たところ どうも今年のこの時期自分には方角が悪いとのこと。 自分は29日の午前中までお仕事をしていたから その日先行している嫁達を追いかけて 一人、愛知県の蒲郡市にある「三谷温泉」の最寄駅に Kさんを担いで降り立ったのが ちょうど15時47分。

PC290014.jpg

これも恒例になりつつある 「これで新年の挨拶とか省こうよ」 な 「第3回年末嫁家族との懇親会」に参加したのはいいんだけど いい加減食べて飲んでから すぐ近くの「ラグーナ蒲郡」極寒のイルミネーション&花火を見に連行されて 完全に酔いが覚めた。 コンビニの幟はクリスマスが終わった途端「恵方巻き」に変わるのに ラグーナのイルミネーションはクリスマス仕様のままだった 

PC290035.jpg

翌朝30日、普段朝ごはんはヨーグルトとフルーツしか食べないのに 朝食バイキングだと どうしてあんなに食べちゃうのかな 冷静に考えれば冷めた焼きそばなんて競って食べるもんじゃないのにね

チェックアウトが済んだら車で来ている「嫁家族」に最寄駅まで送ってもらい「良いお年を」と云って別れ 1人「豊橋駅」から「こだま」に乗った。

PC300047.jpg

小ちゃいって云っても 折りたたんだ状態でワイドが650mm高さが590mmのKさんだから 指定席は1番先頭の通路側を確保。 都内に入って 京浜東北線の「王子駅」までは1番後ろの車両の端っこにKさんを置いて 自分はKさんを庇うように立って乗せてもらった

そして大変お会いしたかった  古いレールを優雅なアーチ橋にまで高められた「飛鳥山下人道跨線橋」さまです(感激) ははじめましてでございます

PC300056.jpg

ずっと電車に乗ってたから分からなかったけど ついさっきまで冷たい雨に打たれていたのかな 夏の暑い時期は伸びちゃうレールのご出身でしょうけど 今日は冷たく収縮に身を削った最小形態でしょうか シュッとしていますね

PC300057.jpg

わずかだけど ブレスで編んだアーチのリブが 中央に向かうにつれて細くなっていき 美しさを際立てているのがわかると思います  

PC300061.jpg

「飛鳥山下人道跨線橋」
竣工 1925年(大正14年)
橋長 38.9m 幅員 3.7m
中路ブレースドリブアーチ 1連

よっぽど嬉しいのか 写真に写っている少年は橋上でほとんど飛び跳ねてた 気持ちはわかるけど なにぶんご老体なので自分は我慢しましたよ 今度は天気のいい日にまたお邪魔しますね

何気に「王子駅」のホームの屋根を支える柱も古いレールでできててラッキー 「飛鳥山下人道跨線橋」にさよなら云って 次の「東十条駅」にも一本呼ばれた  「東十条駅」の南口を出て1秒。「ビョウ」

PC300067.jpg

「十条跨線橋」。 明治の初めから中頃にたくさん輸入されたイギリス式のポニーワーレントラス(ピントラス)。 うちでも紹介したことがある「小貝川橋梁」(真岡鐵道)や「五行川橋梁」(真岡鐵道)とか「見沼代用水橋梁」(秩父鉄道)などと同種。いずれもどこかからの転用だから 東北線旧荒川橋梁の一部だったのがここに転用され道路橋として「十条跨線橋」に生まれ変わってもそんなに不思議じゃないとは思う ただここにあげた4本のポニーワーレントラス中「十条跨線橋」だけ制作会社が違う 近所に同じ苗字の人が住んでるけど親戚じゃないって感じ? ちょっと違うか

PC300068.jpg

初めて見た「十条跨線橋」にはコクラン社の銘板がついてた 「小貝川橋梁」も「五行川橋梁」も「見沼代用水橋梁」も製作はパテント・シャフト社だったけど たまたまだったんだな 設計はポーナルさん系で間違いないんだろうけどね

PC300062.jpg

「十条跨線橋」
竣工 1931年(昭和6年)製作年は1895年(明治28年)
橋長 30.175m 幅員 5.5m
ポニーワーレントラス(ピントラス)の1連

なんでも南口の整備で近々撤去されるそうな この時は全然知らなかったし 撤去されるのは残念だけど 居なくなる前に会えてよかった 古い鉄橋なんだから また来るねって 軽々しく云うもんじゃないね 今生の別れだったかもしれない「十条跨線橋」にさよなら云った時のことをしっかり覚えてない(涙)


「東十条駅」から「南浦和駅」で武蔵野線に乗り換えて「東浦和駅」で下車 Kさんを組み立てて 本日のお宿「健康ランド武蔵野」に向かう

PC300081.jpg

30日の年末でも駐車場はギッシリで大賑わい 結構年季の入った健康ランドだったけど 掃除は行き届いて清潔感があったし イベントだったのか「奥飛騨の湯」ってのがあってニヤっとした トイレもみんなシャワートイレだったしね

PC300083.jpg

ただ Kさん初野宿。 駐輪場には屋根もなくて寒いし雨も降りそうだったから気の毒だった これからのKさんとの旅はこう云うことも考えていかないといけない ごめんなさいね


でも翌朝から晴天で念願の 隅田川沿い その1につづく






 
スポンサーサイト



Comments

新年
明けましておめでとうございます^^
今年も宜しくお願い致します

王子駅の陸橋、今、孫の大人気のトレインビューの1つになっています
在来線や新幹線、降りて駅向こうに行けば都電と、電車好きには天国の
ようです
一方、飛鳥山公園では毎年、桜の頃のお花見、線路脇の飛鳥の小径の
紫陽花を見に、訪れたりしていますよ^^
古いレールとは思えないです。美しい!
すごい貴重な出会いになったんですね~。

そう考えたら、最初は方角なんてそんなに気にしなくても!って思ったけど
王子方面のほうが、結果、良かったですねえ♪
本年もヨロシク


嫁家族♪


うちにもありましたよ



私たちとアナタ



なんか、歌が作れそうな感じ(笑)

こんにちは~!
野宿したのは次郎さんではなくKさんでしたか(笑)
橋の上で踊る少年は愛嬌たっぷりでかわいいですが、
over50の場合はキ○ガイだと思われるので、
心外ですが我慢するのが正解です(爆)
くろすけさんおはよーございます
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

長年行ってみたかったんですよ
やっと夢が叶いましたが そうか冬枯れの寂しい時期でした
写真に写ってる少年も電車が来るたびに飛び跳ねていました
今度は華やかな季節の晴天の日にお邪魔したいものです^^

あけぼうさんおはよーございます
コメントありがとうございます

線路としては磨耗して耐用年数を過ぎたレールがいろんなものに化けてます
「飛鳥山下人道跨線橋」は古いレールでできた橋としては最大級だと思います
ですからアーチが大きくてとっても優美なお姿になりました

嫁さん月謝払ってなんとかってやつ勉強しててうるさいんですよ
別に神社に行かなくてもいい方角にいるだけでもいいみたいなんで黙って聞いてます(涙)
それにあっち方面って云われたら会いたい物件も浮かんできますしね^^



むらさんおはよーございます
コメントありがとうございます

親と親族と私〜♪
歌作れそうですね 自分には無理ですけど^^
ちょっとお互いに遠慮してる関係性
自分の実家で云ってることと向こうの実家で云ってること
微妙に違う違和感を感じたら愛想笑いの顔になってしまいます
もう20年以上の付き合いなんですけどね(笑)


本年もよろしくお願いいたします。

知らなかったです、古いレールがちゃんと使われるって素敵。

Kさんとの旅は都会とマッチしそうですね。
かっぱのしんちゃんおはよーございます
コメントありがとうございます

Kさんには辛い思いをさせましたが
自分はしっかりと温まりました^^
over50ですから物事の道理をわきまえないといけませんね
誰も見ていないときはいいですよね?

misachi68さんおはよーございます
本年もよろしくお願いいたしますw

今は溶かして再利用するのが当たり前ですが
昭和の初め頃まではレールの形のまま建材として使用されていました
何気ない風景中目を合わせないように知らん顔して何かに化けていますよ^^

Kさんとビル風の強い街を走ってきました
バイクと違ってあったまるからこの時期はいいです

もしKさんがパクられたら難儀やがなΣ(゚Д゚)

rossiさんおはよーございます
コメントありがとございます

見知らぬ旅の地でKさん盗まれたらそれこそ路頭に迷ってしまいます
でもまぁ都心ならなんとかなるから Kさんは街乗り用ですかね^^


わあ、いらしてたんですね。
我が庭にww(^^)しかもKさんも。
飛鳥山の橋の件は何年も前にうかがってたので
誰かと渡るたびに、自慢げにうんちくを試みるんだけど
話し始めても、知識がないのですぐ行き詰ります(恥)
とにかく「橋マニア垂涎なんだって!」。
「ふ~ん」を何度か繰り返しています。
んで、東十条にもお宝名所が?
昨年は義父がこの街の病院に入院してて
よくわたりましたよう。もう無為に。
うーん。そういうもんですね。めんぼくない。(^皿^)

首だけ出してるKさん。
素敵ですね。「エスパー伊東さん」みたいです。
玉坂めぐるさんおはよーございます
コメントありがとうございます

年末におなじ空気吸ってごめんなさい
念願叶ってやっとお会いすることができました
数字ではわかっていたんですが 案外小さいなと
思ってた以上に 華奢だなと
そしてやっぱり 美しいなと 感服しました
残念ながら時間がなくてダビンチさんまで及ばず再会を約束してきました
次は桜の季節に伺いたいものです
東十条の125歳のジェントルマンは再開発で撤去されるそうですよ
橋詰め交番の若いお巡りさんに声をかけられたので講釈を垂れときました^^

ほんとだ「エスパー伊東さん」で画像検索したらKさんとそっくり!
JRの規定では首だしちゃいけないみたいなのでこの姿は見納めです

Leave a Comment