FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2021

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
17

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 4  Trackback: 0

イ キテマス
ライダーがブログを更新しないと死亡説が出まわるのと 近頃はライダーじゃなくてもいろんな噂がたつんで生存報告です  お仕事忙しすぎてシンデマス。(涙)

IMG_7842.jpeg

駅物件の監理で会社にも寄らず 毎日大垣駅に直行直帰 深夜作業の日もあって心を亡っている日々です でも早朝通勤の渋滞中でも 雪降ってこんない冷たくされても 「揖斐川大橋」と「長良川大橋」をくぐる間はニヤニヤしちゃいます 毎度あー見えてきたぁーって思うし 何回通っても背中の筋がゾクゾクってなるから オレ本当に鉄の橋が好きなんだな フフン。

皆様のブログにも顔を出せずにごめんなさいね 今しばらくこの不義理をお許しください



スポンサーサイト



06

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 12  Trackback: 0

アケテマス
結局大晦日までお仕事したんですけど中途半端で完成しずに お仕事も年越しに持ち越しでした 昨年は「奈良健康ランド」が9月ごろから24時間営業じゃなくなり営業時間短縮だったから どこで年を越せばいいんだろうって ウロウロしていたんですけど 結局今年は自宅で膝に歳くった愛猫を乗せ 酩酊しながらも「紅白」を最初から最後まで見れて コレはコレで幸せな新年を迎えることができました

P1020004.jpeg

令和3年1月2日。
寒かったけど いい天気だったからちょっと走ってきましたよ 三河二ノ宮の「知立神社」。まだ9時を少し回ったぐらいだったのにすごい人出  出店もたくさん出ていて賑わってたし なにより白髪の宮司さんが一人 軽快に横笛を吹き続けていたのが印象的でした きっと今年はこの笛の音のように 事もなげに疫病も空に消えていくんだと思えた いいお正月でした

今年もよろしくお願いします  小々次郎



29

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 12  Trackback: 0

隅田川番外編その3 枕橋
まだ年始のお仕事の絵は描き終わってないですけど 今日が仕事納めです 明日も一人だけ出社するしかないです(涙) 毎年恒例のこれで新年の挨拶とか省こうよ的な 嫁家との年末温泉旅行も今年はキャンセルになってしまいました 自分は行きたかったんですけど ご両親共もうご高齢なんでね 今回は寝正月になるのかな

PC310248.jpeg

寝正月には欠かせない”枕”なんですけど「枕橋」ってのもちゃんとあるんですよ 「とうきょうスカイツリー駅」がある東武伊勢崎線と並走する墨田区の「北十間川」が「隅田川」に注ぎ出る その最下流に架かっています 「枕橋」? なんでって思うでしょう 江戸時代この場所に「源森橋」という橋と川に並行する水戸藩邸の堀に「小橋」が架けられていました。 いつしかこの2橋は1つの布団に並んだ2つの枕になぞえられて「枕橋」と呼ばれるようになったっていう ちょっと艶っぽいストーリー フフン。

枕橋

明治になると「小橋」は撤去されたけど「源森橋」は残り、正式に「枕橋」と改名されたとアリます。 ランプの方が威張っているからわかりにくいけど 親柱は中央が膨らんだ円筒形でビア樽を模しています これは近所にアサヒビール工場があったことに由来。 橋名も親柱も江戸っ子の粋なハカライなんですね

「枕橋」
竣工 1928年(昭和3年)
橋長 26.18m 幅員 18.0m
コンクリートアーチ 1連


今年 SRでは1000kmぐらいしか走ってない(涙)。 来年こそは しまなみ街道か、新潟から会津とか 連れてってもらいたい でもこのまま寝正月にはしたくないでので 空模様と相談して SRの刃で冷たい空気を切り裂いてきたいと思います 今年もお世話になりました みなさまも良いお年をお迎えください^^ 

今は深呼吸し辛い時かもしれませんね 
この不穏な空気や 現在の暗闇と まだ見ぬ未来の空が ハレマスヨウニ。

 



  

30

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 16  Trackback: 0

隅田川番外編その2 豊海橋
会社の窓から見える御嶽山の先っちょは もう真っ白な雪を羽織り 塵ひとつ映さない暖かそうな太陽をあびて 白馬の筋肉質な肌を思わせる 誇らしげな姿です 「コロナの影響はどうですか?」って最近よく聞かれますけど 仕事柄なのか 年末に向けても 年跨ぎの物件もあってフツーに忙しい日々を送っております ありがたいことです(感謝)

「豊海橋」に初めて会った日もこんな冬日和でした 「永代橋」の橋上 左岸から隅田川を渡る途中 高いビルに囲まれて日の当たらない”日本橋川”に架かる これまた日陰のゴツい橋。 アイ○ルの CMだと賑わって 渋滞もしているように作られていますが 実際には年末だったのに誰もいない 誰も渡らない 寂しそうな橋でした もう時代遅れなのかな

PC310385.jpeg

隅田川にはたくさんの小さな川が注いでいて 神田川の「柳橋」もそうだったように 最河口、隅田川に一番近くに架かる橋は全部形状が違います。 これは震災復興で架橋された際に 隅田川側から橋の形を見ただけで川の名前がわかるようにとの措置だったとあります けど よっぽどの橋好きじゃないと 川の名前の方が先に出てくる人の方がほとんどなんじゃないかな

PC310389.jpeg

「豊海橋」は1698年(元禄11年)に初めて架けられて 何度となく架け替えられてきましたけれど 江戸時代から永く隅田川の流れを見守ってきました 現在の橋は震災復興事業により 復興局が架設したもので ベルギーのフィーレンデール博士の考案によることから 形式名をフィーレンデールと云って 当時はアメリカにもイギリスにもない最新の技術でした
 案内板には「梯子を横にしたようなこの形は、名橋永代橋との均衡を保つようにデザインされたもので、我が国では本橋意外に数例しかなく、希少価値の高い橋です。」とアリます

「豊海橋」
竣工 1927年(昭和2年)9月
橋長 46.13 m 幅員 8.00 m
曲弦下路のフィーレンディールで1連

P5043724.jpg

上の写真は2013年(もう7年も前か)にトロッコに乗って会いに行った 富山県の黒部川第二発電所の建物につづく 1934年(昭和9年)竣工の「目黒橋」。 「目黒橋」の方がちょっとだけ若いけど橋長が75mと長い。 昭和一桁竣工のフィーレンディールはこの2本だけで 「目黒橋」の方は”平行弦”だと 写真を見て気づいたし トロッコ電車で欅平駅まで行けてなかったのを思い出した

PC310392.jpeg

2019年の日も年も暮れていく「豊海橋」の橋上から細マッチョの「永代橋」を望む 

リベンジしたい場所ばっかりが増えていく(涙)


29

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 14  Trackback: 0

柳橋
ここにスポンサーさんが付かなくなってから やっぱりより一層怠け者になった気はするんですけど またなんかこの時期変に忙しいんですよぉ  知らないうちに関節を摩ってちょっと寒いなって気づいたから 久しぶりに空を見上げると 奥の宇宙の暗闇が透けて見えるぐらいの蒼い空。 色のない風が気圧を押しやって もうとっくに冬を招き入れてしまっていますね  隅田川に架かる橋に会いに行ってからもうすぐ一年が経つ、 時代の流れについていけないからいつもバタバタしてるのかな  もうちょっと懐かしいけど 隅田川の番外編その1 「柳橋」。

PC310343.jpeg

両国橋の袂、神田川が隅田川に注ぎ出る最河口に架かる橋。 界隈は江戸の中頃からある古い「花街」で 1928年(昭和3年)には料理屋62軒、芸妓336名と栄華を迎えていたんだけど 戦争で休業したり被害にあったり また東京オリンピック以降どんどん衰退していって 1999年(平成11年)最後の料亭「いな垣」が廃業して200年近くの長い歴史に終止符を打ちました

浅草橋

橋上から神田川の上流側に振り返ると 今でもビルに囲まれていたって隠せない情緒たっぷりな風景に 思わず鼻を突き出して 遠く今か昔かあやふやになって目が細まってしまいます 見えている橋はこれもまた有名な「浅草橋」。 この屋形船でランチとかあるみたい でも貸し切らないといけないのかな 神田川は三鷹市井の頭池が水源で荒川水系の一級河川。 延長24.6kmって隅田川よりも長いんだ 一回はやっときたいから またの機会がありマスヨウニ。

PC310339.jpeg

「花街」だった頃「柳橋」は船着場でもあったから ここでお酒を飲んでご飯を食べた後 船で吉原の遊郭に向かって隅田川をのぼり 山谷堀の「親不孝橋」(今戸橋)を潜るって流れ(逆流)でしょうか かっこいいなぁ 
案内板があって、案内板には「矢の倉橋」が「矢之城(やのき)橋」になってさらに「柳橋」。とか 柳原堤の末にあったからとか 橋の袂に柳の木があったことに由来するとか諸説あることが記されていました 

PC310350.jpeg

「柳橋」
竣工 1929年(昭和4年)12月
橋長 37.948m 幅員 13.2m
下路のソリットリブタイドアーチ 1連

「柳橋」って云うわりにはゴツいけど台東区は「優美」といい張っています この橋も震災復興で架け替えられたそうで どうやら「永代橋」を真似た縮小版だから「永代橋」の「優美」をいただいているようです オレも「子猫って云うにはゴツいかな」が第一印象だったから 合ってるハズ。   「神田川」編の時にまたお邪魔しますね