FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2021

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
29

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 14  Trackback: 0

ホンジツカイテン
本日モール物件が無事にOPENして お仕事が一段落しました 世の中 待ちに待ったGWに突入ですが またまた 突っ込んじゃいけない雰囲気に満ち満ちていますね  

だから岐阜県内のキャンプ場にマスクをしてバイクで一人、カッパを着て 黙って行って 黙って帰ってくることにしました もちろん道中もなるだけトンネル以外では息を吐かないつもりです 

IMG_7989.jpeg

うちのココさん(猫)も連れてけって シートバックの中で液体みたいになって動こうとしないけど 今回はおみやげも買ってこないから ごめんね。 


スポンサーサイト



31

Category: サクラ

Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

サクラサク
どうでもいいし 知ったことかと思われるでしょうけども 3月も今日で終わっちゃうので 生存報告PART2です ごめんなさいね 

P3200010.jpg

三嶋大社の枝垂れサクラ。

こんな禍々しい空気の中でも 雨は上がるし 知らん顔していつもみたいに 儚くサクラは咲くんですね ちょっと瞼が熱くなりました。 

サクラに励まされたから もうちょっとだけお仕事頑張ります(涙)



17

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 10  Trackback: 0

イ キテマス
ライダーがブログを更新しないと死亡説が出まわるのと 近頃はライダーじゃなくてもいろんな噂がたつんで生存報告です  お仕事忙しすぎてシンデマス。(涙)

IMG_7842.jpeg

駅物件の監理で会社にも寄らず 毎日大垣駅に直行直帰 深夜作業の日もあって心を亡っている日々です でも早朝通勤の渋滞中でも 雪降ってこんない冷たくされても 「揖斐川大橋」と「長良川大橋」をくぐる間はニヤニヤしちゃいます 毎度あー見えてきたぁーって思うし 何回通っても背中の筋がゾクゾクってなるから オレ本当に鉄の橋が好きなんだな フフン。

皆様のブログにも顔を出せずにごめんなさいね 今しばらくこの不義理をお許しください



06

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 12  Trackback: 0

アケテマス
結局大晦日までお仕事したんですけど中途半端で完成しずに お仕事も年越しに持ち越しでした 昨年は「奈良健康ランド」が9月ごろから24時間営業じゃなくなり営業時間短縮だったから どこで年を越せばいいんだろうって ウロウロしていたんですけど 結局今年は自宅で膝に歳くった愛猫を乗せ 酩酊しながらも「紅白」を最初から最後まで見れて コレはコレで幸せな新年を迎えることができました

P1020004.jpeg

令和3年1月2日。
寒かったけど いい天気だったからちょっと走ってきましたよ 三河二ノ宮の「知立神社」。まだ9時を少し回ったぐらいだったのにすごい人出  出店もたくさん出ていて賑わってたし なにより白髪の宮司さんが一人 軽快に横笛を吹き続けていたのが印象的でした きっと今年はこの笛の音のように 事もなげに疫病も空に消えていくんだと思えた いいお正月でした

今年もよろしくお願いします  小々次郎



29

Category: 未分類

Tags: ---

本文: 12  Trackback: 0

隅田川番外編その3 枕橋
まだ年始のお仕事の絵は描き終わってないですけど 今日が仕事納めです 明日も一人だけ出社するしかないです(涙) 毎年恒例のこれで新年の挨拶とか省こうよ的な 嫁家との年末温泉旅行も今年はキャンセルになってしまいました 自分は行きたかったんですけど ご両親共もうご高齢なんでね 今回は寝正月になるのかな

PC310248.jpeg

寝正月には欠かせない”枕”なんですけど「枕橋」ってのもちゃんとあるんですよ 「とうきょうスカイツリー駅」がある東武伊勢崎線と並走する墨田区の「北十間川」が「隅田川」に注ぎ出る その最下流に架かっています 「枕橋」? なんでって思うでしょう 江戸時代この場所に「源森橋」という橋と川に並行する水戸藩邸の堀に「小橋」が架けられていました。 いつしかこの2橋は1つの布団に並んだ2つの枕になぞえられて「枕橋」と呼ばれるようになったっていう ちょっと艶っぽいストーリー フフン。

枕橋

明治になると「小橋」は撤去されたけど「源森橋」は残り、正式に「枕橋」と改名されたとアリます。 ランプの方が威張っているからわかりにくいけど 親柱は中央が膨らんだ円筒形でビア樽を模しています これは近所にアサヒビール工場があったことに由来。 橋名も親柱も江戸っ子の粋なハカライなんですね

「枕橋」
竣工 1928年(昭和3年)
橋長 26.18m 幅員 18.0m
コンクリートアーチ 1連


今年 SRでは1000kmぐらいしか走ってない(涙)。 来年こそは しまなみ街道か、新潟から会津とか 連れてってもらいたい でもこのまま寝正月にはしたくないでので 空模様と相談して SRの刃で冷たい空気を切り裂いてきたいと思います 今年もお世話になりました みなさまも良いお年をお迎えください^^ 

今は深呼吸し辛い時かもしれませんね 
この不穏な空気や 現在の暗闇と まだ見ぬ未来の空が ハレマスヨウニ。