FC2ブログ
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
  02 ,2013

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
23

Category: 2013年02月10日 京都大阪

Tags: ---

本文: 18  Trackback: 0

目指したのは淀川沿い その1
どこに行っても黒い街宣車が大きな声で建国について語っていた2月の連休日。 志は高く大阪を目指した 早起きはしたものの 道路の凍結が心配なのと寒さもあって8時過ぎの出発。 SRも ぐずってキックは10発以上 幸先悪かったもんなぁ

キンキンした空気を自ら切り裂いて冷たいんだけど期待値の方が断然高くて気分は上々 天気もよさそう あっちの最高気温予想は10°だったけど 関ヶ原で見た温度計は1°を指してた 凍結も今解除したばっかりでまだ路面は濡れてるけど寒いのに朝から塩化カルシウムを撒いてくれた人に大感謝 ありがとうね

P2102545.jpg

晴れてるけど山の陰になって薄暗い国道21号をやっと抜けて彦根を過ぎた辺りだったと思う 湖岸道路に出たくて知らない道を右折したら 今は休んでいる田んぼにうっすらと雪が積もった壮大な景色の中に一人 名前も無いけどみんなに必要とされたコンクリート桁橋が 冷たそうな用水路に足を突っ込んで耐えてた

P2102548.jpg

いつの雪かわからないけど 固くなった雪の残る橋上を田んぼ仕事に関係のない自分が渡らせてもらい 一般道に出て琵琶湖を目指すけど道はなぜか彦根の方に戻ってしまう 勘を働かせて方向を決めて左に左に進んで行くと突然 大きな大きな湖が開けた。 向こう岸が見えないよ 本当に海みたい

P2102549.jpg

ここからは、風が出てきた滋賀県道25号の湖岸道路で琵琶湖の地形ををたどる 常に右側にツーリングの幸せを感じながらニヤニヤ。 波の側面に当たる太陽がキラキラとシールドに反射して冷たいのに暖かい気分 フフーンだ やめられん  当然だけど磯の香りは全くしない

P2102553.jpg

湖岸道路も少し大きくなって南に向う側は車も多くなってきた頃 信号が少ないので、それでもみんな60kmぐらいで流れていたんだけど オレの後ろから軽自動車のおじいさん 何を思ったのか反対車線にはみ出して、オレを追い抜こうとすごい音。 車間距離しかあけてない間に入ってきてご満悦 何がしたいのかわかんないし危ないよ 

P2102554.jpg

抜かれる事に執着がないオレだったから良かったけど もうちょっと若い人だったら意地悪されたかもよ まぁ信号待ちのとき先頭に出て抜き返したからオレも大人気ないんだけど   気を取り直して「道の駅草津」でトイレだけ借りて大津に向う 国道1号から国道161号に斜めに入ってすぐ 見つけた

P2102556.jpg

「蝉丸跨線橋」(せみまるこせんきょう)
京阪電気鉄道京津線の大谷駅-上栄町駅間 
くぐってるのは東海道本線 
1921年(大正10年)
煉瓦アーチ 2連

短いからそれほど恐怖は感じないけど一人で長くは耐えられない フェンスが張られてて網の中にレンズを突っ込んで撮ったらみんなピンぼけでこれしかない残念。 だけどこう云うのは一回くればいいや 

この時もう午後1時 湖岸道路は気持ちがいい素敵な道だけど地形をたどっている分距離があって時間がかかってしまった まぁ急ぐ旅でもないんだけど これはちょっとまずいかも まだ一本も鉄橋が出てきてないから心配して下さる方もいると思いますが(笑)

目指したのは淀川沿い その2につづく


スポンサーサイト