FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2021

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
14

Category: 2013年01月13日 堀川沿い

Tags: ---

本文: 16  Trackback: 0

堀川沿い 完結
美味しかったけど もう今年はいい。年に一回ぐらいにするか大盛りをやめないとダメだな 単独行動だと誰も見てないから調子に乗ってお腹いっぱい食べてしまう  私の生き方をときどき遠くで叱ってほしい

お腹ポンポンで出発。 名駅通りから「山王橋 」で堀川沿いにまた戻りしばらく下ると「古渡橋」に遭遇。ちゃんと屋根も窓もある親柱。入口さえあれば2時間ぐらいは住めそう 雨宿りには最高だと思う  この橋も堀川に最初に架けられた堀川七人衆の一人。

P1132443.jpg

この橋には本当に住人が居る 橋のすぐ横にブルーシートで上手に家を作って結構いい暮らしをしていた けど 堀川におしっこしてるのを目撃してしまった 逮捕だ あのヤロウ 市県民税も払ってないくせに 今度から小さい鳥居をいつも持ち歩こうと誓った 腫れちゃえ


気を取り直してまたしばらく進むと「尾頭橋」。この近くにJRAがあるからなのか昼間から酔った人が多い いやJRAに罪は無いし 博徒はもっと誇り高い。 はず

P1132449.jpg

「尾頭橋」(おとうばし)も堀川に最初に架けられた七橋のひとつで「佐屋街道」とある
「佐屋街道」は、東海道の宮宿と桑名宿とを結んでいた道。 普通なら宮宿と桑名宿間は「七里の渡し」を利用しなければならなかったけど 天候次第で船が出ない日もあったり、船酔いをする人や、犯罪に巻き込まれやすい女性や子供の旅人からは敬遠されてて、「七里の渡し」の迂回路として盛んに利用されたのが、この佐屋街道であるとアル。ようは遠回りの脇道。 オレもこっちを利用したい 東海道の「七里の渡し」は、今は天下の国道1号。フンダンに鉄を使った「尾張大橋」となって大出世をはたす よっ

実は「古渡橋」も「尾頭橋」も渡ってなくて、今の橋が何年に竣工されたのか見てきてない お腹いっぱいなのは、いろんな緊張感を解いてしまうからだめだな  まぁ自分の目で見る事が目的だし当然好みもあるからね


きっと次の鋼橋がもう見えてたんで上の空だったんだと思う 次の橋は「住吉橋」。午後からの曇り空に機嫌を悪くしたのか ぶすっとした表情で川面におなかを映していました ちょっと冷えてきたね

P1132450.jpg

なんでだろ親柱が2つづつ 計4つもある 両サイドのコンクリートアーチは、後から拡張したのかな しかしなにがあっても絶対に飛び込みたくない川の色。 とは対照的に 鉄の冷たくて固いイメージを ほんわかした優しい雰囲気にかえてくれる浅緑色。 やっぱり色って大事だね 「尾頭橋」から250mぐらいなのに治安もよくなった

P1132455.jpg

メリーゴーランドみたいに回わちゃいそうなランプはどっかと交信できそうだし 欄干にはめ込まれた鋳鉄の装飾もダサくてかっこいい デザインはこの時代に出尽くしてるな

「住吉橋」(すみよしはし)
竣工 1937年(昭和12年) 
橋長 30.4m 橋幅 24.5m
構造 上路でソリッドリブアーチの1連
   コンクリートアーチの2連

晴れた日は印象が違うでしょうね また来ます さようなら


ストトトトー(SRはこんな音がして頼りない)とつづけて左岸側を走ると「熱田記念橋」。

P1132457.jpg

片持ちの吊り橋で 主塔が1本しかないからちょっとめずらしい橋 堀川も川幅が広がってきた いよいよ海に出るけどこの先に興味のある橋はないんで「白鳥橋」から国道1号を通って ずーっと呼ばれ続けてたけど行けてなかった「神宮前駅」に初到着。

本日のメインイベント とってもお会いしたかった「御田人道橋」。手作り感満載のそのお姿は夢にまで見ていました

P1132476.jpg

すぐ下の名鉄神宮前1号踏切とJR東海御田踏切が合体している踏切は 「開かずの踏切」として超有名だった 国土交通省では「開かずの踏切」を「ピーク時の遮断時間が1時間あたり40分以上となる踏切」と定義してる  この名物踏切も2012年6月30日廃止。 トラ柵で封鎖されてたのはいいけど 問題はそのトラ柵に貼ってあった案内。

P1132460.jpg

踏切跡に新しい歩道橋が出来るとアル。 あーあ「御田人道橋」撤去確実だな 平成28年完成とアルから それまでに出来る限り 何度でも弁当を持って通う覚悟がかたまった。

P1132462.jpg

JR東海道線を跨ぐのは 下路でボーストリングストラスの1連

P1132473.jpg

名鉄名古屋本線を跨ぐのは 下路で平行弦のワーレントラスの1連


どちらもいろんな国製の古くなったレールを再利用してつくられてて 今も健気に人の役に立っていました この満身創痍の姿故 哀切このうえない思いではありますが もう休ませてあげるのも愛。

P1132479.jpg

支柱も古レールを上手に曲げて再利用。 こんなかわいい跨線橋が大好物 今度は錆び止め塗料でも持って また近いうちに必ず伺います(涙)


長々とごめんなさい 本日の走行 73km



スポンサーサイト



Comments

熱田記念橋、、、、これ珍しい形ですネエ
片持ちなの?へえ、、、デザイン重視って訳じゃないだろうけど
なかなかしゃれてますねえ (*^▽^*) 
線路をリサイクルして作られた橋なんて素敵だねぇ^^

満身創痍で頑張ってる。
休ませてあげるのも愛かぁ・・。
ここじろさんのそういう言い回し
とても好きー♪

個人的には
メリーゴーランドの通信機に興味が。(笑)
こんばんは~!
川にお小水をする原住民いけませんね^^
天誅です(^○^)
こんばんは~
「開かずの踏切」・・廃止になったのですね
複雑な 心境ですね☆
あの〜
73kmお疲れさまでした。
橋といえば川に架かるものと
思いがちですが、
跨線橋も趣きがありますね。
線を跨ぐ橋っていう名前も
なんとなく親しみをもてます。
この御田人道橋の上で、
お弁当たべながら電車を
眺めたりしたらいいでしょうね〜
加夢 さんおはようございますー
コメントありがとうございます

熱田記念橋。 ねぇ ちょっと見ないですよね
これは歩道橋だから出来た業だと思います
車を通すとなるとこんなデザインでは難しいでしょうから
考えた人は楽しかったでしょうね^^
ako さんおはようございまーす
コメントありがとうございます

わー 照れるぜーー
でも本当に心の底からそう思うんです
これはやっぱり橋に対する愛情以外にない
作った人や毎日渡る人の思い出は残るはずだし
記憶しておきたいですね^^
かっぱのしんちゃん おはようございまーす
コメントありがとうございまーす

いろんな事情があって
ここに住むしかないのはいいんですけど
恩を仇で返す行為だって事がわかってないのがダメなんです
でもぼくも何度か経験あります 天誅です ごめんなさい^^
トマトの夢3 さんおはようございまーす
コメントありがとうございます

良くも悪くも名物が無くなるのはイヤですね
この踏切は手動だったそうです
どんどんシンプルになって
人との関わりが薄くなってく気がしますね
広報ミヨっちゃん こんにちはー
コメントありがとうございまーす

ちょこっとしか走ってないし
ツーリングなのに疾走感もないですが
本人すごく楽しんでます

電車の流れを跨ぐ跨線橋もとっても魅力的。
橋は人が流されないようにと労りの賜物ですから
自然と親しみが湧いて来るのかもしれません
火も水面も電車の流れも動いてる物は不思議と見飽きないです
なにか考えてるかと云えばなんにも考えてない
橋上にはそんな贅沢な時間が確かにあると思います 
ぼくだけでしょうけど^^

ちっさい鳥居、携帯するんですかwwイイネ。
あっちこっちの狼藉者を腫らしちゃうというゲリラ活動。
玉坂も参加したい気もします。

線路をまたぐ人道橋。私のナワバリ東京でも何箇所か馴染みの場所があります。
橋そのものには関心がなかったから、今度はよくみてみようかな。
JRの王子駅からたくさんの線路をまたいで江戸時代からの花見の名所飛鳥山に届く細長い橋。名前は知りませんが、そこではよく電車好きの幼稚園児やおっさんが張り付いて電車の流れを飽かずひぐらし見ています。何がおもしろいんだか。。。でもおもしろいんだよねえ。(^^)「
玉坂めぐるさんこんにちはー 
コメントありがとうございまーす

ええ ベニア板で何枚も作って手裏剣の様に使ってやろうと思います
聖橋をくぐった時におしっこの臭いがしてました 玉坂さんのナワバリはおまかせします

王子駅の跨線橋。 ううわー そのお方は「飛鳥山下跨線人道橋」様です そんなお宝が出て来るとは思いませんでした この業界では(なんの?)美しいと評判の橋 大正14年生まれの古レールで出来た日本を代表する跨線橋です しかもアーチ橋。 いつか渡ってみたい橋ベスト5を数えた時の中指の位置です すいません取り乱しています うらやましいです

ぼくも電車には全く興味がないので「何がおもしろいんだか」です  でも鉄橋が電車の重みを必死に耐えている姿に萌えますから ひょっとしたら鉄男とくくりは同じになるのかなぁ^^

こんにちは
名古屋へ行ってきました。
例のあれを見に・・(笑)
こころん さん こんにちはー
土曜日が休みなのうらやましー
しかもいい天気だし 良かったですね^^
へええ、飛鳥山の橋、そんな名のある橋でしたかw
古線路製でしたかー大正14年でしたかー
お見それしました(^^) みんなに教えてあげよう。
距離が長くて、危なっかしい感じはありありなんですよね。
狭いので、電車に向かってぴょんぴょんはねて叫ぶ幼稚園児を縫うようにしてわたる橋ってイメージです(^^)

あー聖橋のおしっこ臭、そういえば以前ここじろうさん嘆いてましたね。
うーん。。。。腫れますように。。。。わはははははは
玉坂めぐるさんおはようございまーす 
わははははははーー
もーー台無しじゃないですかぁ
橋に対するコメントの感心あるような無さかげんもフリだしぃ
腫れますように 言いたいだけですやん^^
そんなふうに念じられたらタマランですね
タイトルをカタカナにしといて良かったです(笑)

Leave a Comment