FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2021

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
23

Category: 2013年02月10日 京都大阪

Tags: ---

本文: 18  Trackback: 0

目指したのは淀川沿い その1
どこに行っても黒い街宣車が大きな声で建国について語っていた2月の連休日。 志は高く大阪を目指した 早起きはしたものの 道路の凍結が心配なのと寒さもあって8時過ぎの出発。 SRも ぐずってキックは10発以上 幸先悪かったもんなぁ

キンキンした空気を自ら切り裂いて冷たいんだけど期待値の方が断然高くて気分は上々 天気もよさそう あっちの最高気温予想は10°だったけど 関ヶ原で見た温度計は1°を指してた 凍結も今解除したばっかりでまだ路面は濡れてるけど寒いのに朝から塩化カルシウムを撒いてくれた人に大感謝 ありがとうね

P2102545.jpg

晴れてるけど山の陰になって薄暗い国道21号をやっと抜けて彦根を過ぎた辺りだったと思う 湖岸道路に出たくて知らない道を右折したら 今は休んでいる田んぼにうっすらと雪が積もった壮大な景色の中に一人 名前も無いけどみんなに必要とされたコンクリート桁橋が 冷たそうな用水路に足を突っ込んで耐えてた

P2102548.jpg

いつの雪かわからないけど 固くなった雪の残る橋上を田んぼ仕事に関係のない自分が渡らせてもらい 一般道に出て琵琶湖を目指すけど道はなぜか彦根の方に戻ってしまう 勘を働かせて方向を決めて左に左に進んで行くと突然 大きな大きな湖が開けた。 向こう岸が見えないよ 本当に海みたい

P2102549.jpg

ここからは、風が出てきた滋賀県道25号の湖岸道路で琵琶湖の地形ををたどる 常に右側にツーリングの幸せを感じながらニヤニヤ。 波の側面に当たる太陽がキラキラとシールドに反射して冷たいのに暖かい気分 フフーンだ やめられん  当然だけど磯の香りは全くしない

P2102553.jpg

湖岸道路も少し大きくなって南に向う側は車も多くなってきた頃 信号が少ないので、それでもみんな60kmぐらいで流れていたんだけど オレの後ろから軽自動車のおじいさん 何を思ったのか反対車線にはみ出して、オレを追い抜こうとすごい音。 車間距離しかあけてない間に入ってきてご満悦 何がしたいのかわかんないし危ないよ 

P2102554.jpg

抜かれる事に執着がないオレだったから良かったけど もうちょっと若い人だったら意地悪されたかもよ まぁ信号待ちのとき先頭に出て抜き返したからオレも大人気ないんだけど   気を取り直して「道の駅草津」でトイレだけ借りて大津に向う 国道1号から国道161号に斜めに入ってすぐ 見つけた

P2102556.jpg

「蝉丸跨線橋」(せみまるこせんきょう)
京阪電気鉄道京津線の大谷駅-上栄町駅間 
くぐってるのは東海道本線 
1921年(大正10年)
煉瓦アーチ 2連

短いからそれほど恐怖は感じないけど一人で長くは耐えられない フェンスが張られてて網の中にレンズを突っ込んで撮ったらみんなピンぼけでこれしかない残念。 だけどこう云うのは一回くればいいや 

この時もう午後1時 湖岸道路は気持ちがいい素敵な道だけど地形をたどっている分距離があって時間がかかってしまった まぁ急ぐ旅でもないんだけど これはちょっとまずいかも まだ一本も鉄橋が出てきてないから心配して下さる方もいると思いますが(笑)

目指したのは淀川沿い その2につづく


スポンサーサイト



Comments

こんばんは~!
いつも思うのですが、ちゃんとバイクの写真を撮ってるのがスゴイですね^^
札幌で月の大半を過ごしているので、キャブ車はつらいです(^○^)
こんばんわ、
キック10発ですか。
軽のおじいさんも
そゆ人いるんだけど、なんだかね。

琵琶湖を見るとほっとします。
でもこれからか・・・
どんなひどい目に遭われるのでしょうか。
観月橋は、流れ橋は・・・

せめて美味しいものとの出会いはあったことを望みます。
こんばんわ

寒いの中のツーリング、ご苦労さまです(笑)
琵琶湖、いいですよね。いつ来ても「ここは海か~。」と思ってしまいます。
湖岸の空もきれいでとても気持ち良いツーリングだったのだなぁとうらやましく拝見させていただきました。

続き、楽しみにしています。
これやこの蝉丸?
このあたりがしるもしらぬも逢坂の関なんですねきっと。
あの〜
大阪へ向かわれたんですか。
これはつづきが気になります。
道中、お気をつけください。
かっぱのしんちゃん おはようございまーす
コメントありがとうございます

いつも一人なので写真撮る相手がSRしかいないだけなんです
こんなツーリングにつき合ってくれるのSRだけだし(涙)
北海道はまだまだエンジンかけられないでしょうねぇ 
早くあったかくなるといいですね^^
いちしんふたば さん おはようございまーす
コメントありがとうございます

寒いとエンジンかけるのも一苦労
キックが辛くてSR下りた人 多いって聞きます(笑)
軽のおじさんもたち ほんと要注意です
前の人も後ろの人も口開けてたのは笑ったけど

琵琶湖 名前もいいしきれーですよね
ひどい目にはあってませんよ自分がどんくさいだけです^^
仕事で使っているパソコンしかないので更新頻度は低いですが
ちゃんと流れ橋も見てきましたのでまた少しお付き合い下さい^^

yasu0405 さんおはようございます
コメントありがとうございます

寒中水泳とかする人は変人だと思っていたんですけど
長時間の事を考えるとたいして変わらない人間になってしまいました
でも 寒いより楽しい は正常だとおもいます^^
いつも琵琶湖に救われますね 頼りにしてしまいます

でも楽しかったのはここまででした^^


玉坂めぐるさんおはようございまーす 
コメントありがとうございます

へー 蝉丸さんなんだ  確かに坂でしたよ
すぐ京都だし この近くに碑があったのかな
視野のせまい変な行動力と食欲だけではだめですね
折角行ったのに情けないです(涙)
今度からツーリングルートを提出しますから赤ペン入れて下さい^^


広報ミヨっちゃん おはようございまーす
コメントありがとうございます

大阪を目指したのは目指したんですが
大阪の思いでは布施の健康ランドだけです(涙)
必ず近いうちにリベンジします
ありがとうございます 道中気をつけます^^
SRのキック、10発は
朝からしんどそうだなあ  (笑)

でも単車だと目の敵にするおじさんって
いまだに多いですよね
原付でも良く抜かれますが
たいていおじさんというか、おじいさん、、、、
車間距離が無くても抜いてくもんなあ
危ないよね 
しかし…バイクをムキになって抜かしてくる人いますよね…。危ないから辞めてほしいです…。


本当に海みたいですね~。私が行った時は確か大津市方面でした。
そのとき見たよりも海っぽく見えます。

前回は半周で終わってしまったので、次は一周してみたいですね^^
加夢 さんおはようございますー
コメントありがとうございます

寒い日はSR ご機嫌ななめなんです
足の付け根がすごく痛くなってくるんです
ひょっとして加夢 さんSR乗られてましたか?

おじいさん きっと悪気は無いと思うんです
バイクは抜くもんだと決めてる気がします
だって迷いが無いですから^^
こちらが気をつけるしかないのかも(涙)

SomeDay さんおはよーございます
コメントありがとうございます

同じ速度で流れているのに同じ車線で抜いてく人もいますよね
敵意を感じます すごくこわいです 車線の真ん中走りましょう

琵琶湖は本当に海みたいにおおきくて静かで綺麗でした
名前も昔話とかに出てきそうで なに時代からそう呼ばれてたのかなと思ったり

そうだ ぼくも割と近いのに一周したことないや 次回チャレンジしてみます^^
昨年の秋に琵琶湖に行った際に
蝉丸というトンネルをくぐりました。
もしかしたらここと近いのかな?
って思いました(*^。^*)
SR欲しい!
SR欲しいけど、もう乗れないかなー!
体力的にね!

DEN
あけぼう さんおはようございまーす
コメントありがとうございます

昨年の秋でしたっけ割と最近紹介して頂いた様に記憶してました
ぼくもいつか琵琶湖を一周する時は三井寺は外せんなぁと思いましたもん
蝉丸トンネルは間違いなくこの辺りです「逢坂の関」。玉坂さんに教えてもらいました^^
この辺りに住んでたその蝉丸さんが琵琶の名人だったから琵琶湖になったのかも
この「蝉丸跨線橋」の先が「関蝉丸神社」です 今度は是非^^
DEN さんおはようございまーす
コメントありがとうございます

SR楽しいですよー オーソドックスで飽きがきません
ぶっ飛ばす単車じゃないし軽いから体力的にも大丈夫ですし
いい年したおっさんの宝物です^^

Leave a Comment