FC2ブログ
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  10 ,2016

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
25

Category: 2016年10月09日  大井川

Tags: ---

本文: 11  Trackback: 0

大井川 その2
最近 うちのココさん(猫) 朝方になると なんか ”にゃうにゃう” 文句云いながら 布団の中に入ってくるけど 昼間はまだ冷たいコンクリートの床にお腹をつけているから 本人もここんところのへんてこな気象に困惑してるのかな。  でも彼の場合 春夏秋冬 朝昼晩 ほとんど寝てるから そんなに関係ないハズなんだけどね。

雨上がりの体育の日のつづき  「蓬莱橋」が架かっていたココ、静岡県島田市は 「文金高島田」とかの「島田髷」の発祥地。 毎年9月の第3日曜日に「島田髷祭り」が行われている。 今日は10月9日なので「島田髷祭り」じゃぁないだろうけど この日も駅前の道路をホコテンにして 大層 騒いでいたから 島田市民はお祭り好きなんだと思う。 おかげで 大回りしなきゃいけないし 迂回路は大渋滞。 30km離れた静岡駅近くの本日のお宿に到着した時には すでに 夜の帳シャッターが閉店ガラガラ(涙) 

PA100077.jpg

個室にトイレとお風呂がない部屋は一泊3、900円の 「サンキュープラン」。 大浴場には小さいけどサウナも付いてて大満足。 お世話になりました

翌朝6時19分。 息も白くないし ホテルの人がここに停めてって云うから心配したけど シートも濡れてなかったからよかった SRもチョークを引かなくても キック1発 おはよう 出発。


PA100081.jpg

ホテルがある「しあわせ通り」から 県道208号を左折して 進んだって云っても 500m。 まだ開けきってない うす曇のふわふわとした 穏和 でさえ あなたを より 剛健 とするための 演出なのでしょうか 「安倍川橋」。  はじめまして おはようございます。

PA100083.jpg

間違いなく 旧国道1号で 由緒正しき東海道。 安倍川も明治になって川越人足が廃止になり 渡船の後、木橋がかかり 現在の橋が3代目。 右岸側(写真右側)の1連が大きいのは、1990(平成2)年、右折レーンを設けるために 2連のトラスを撤去して 3車線分の幅をもつローゼ桁に取り替えられたから

「安倍川橋」
1923年(大正12年) 下路のボーストリングトラス 35.1mが12連
1990年(平成2年) 下路のローゼ 1連

もちょっとしっかり明るくなるのを待てばよかったかな  ちょっぴり後悔しながら 「安倍川橋」で安倍川を2回渡って 安倍川沿いを上る。

PA100091.jpg

大都会の「安倍川橋」から安倍川沿いを15kmも遡ると 民家もなくなって 完全に夜が明けた。 安倍川は河原に何本もの流れの筋を作って まとまりがないし 水量もそんなに多くないと思う。  県道27号をしばらくして「玉機橋」で安倍川を渡り、 「西山橋」で中河内川を渡ってからは いよいよ山道になる雰囲気。  最初の分岐で県道189号を選択すると 並走するせせらぎは西河内川になった。

PA100095.jpg

県道189号に入ると当分登りだから 道もくねくねしてくるし 木の影になって気温は下がる  昨日の雨の名残なのか この辺りはいつもそうなのか知らないけど アスファルトはちょっと湿り気味。 慎重に進むから鼻歌はいつの間にか「君が代」をローテーション。  ちーよーにーー やぁーちーよーにーー と 標高1049mの 「笠張峠」 を越えた

PA100100.jpg

「笠張峠」を越えてすぐの開けた場所に 掲げられた道路標識には「左折 大型車通り抜けできません」の文字。 イヤイヤ ここまでだって無理でしょう と思ったけど  万が一ここまで大型車が来てしまった時は Uターンできるように 大きくスペースとってあるのかな  大型の運ちゃんが ブツブツ云いながらも 苔を払うぐらいに スペースを目一杯使って 綺麗にUターンしていくシーンが浮かんだ

PA100101.jpg

運ちゃんに口笛吹いて 県道60号を井川方面に進み 今度は標高1184mの 「富士見峠」を越えた 越えてから30分ぐらいくねくね道を走って トンネルを抜けると 井川ダムの堰上道路に到〜着。 バイクに乗ってる方は ダムが好きな人が多いってことは知ってる 自分は興味がないわけじゃないけど どっちかって云うと ビビってて おっかない。  同じライダーとしてダムに萌えない自分を恥じながら 一枚だけ写真を撮って 既読スルーです ごめんなさいね

PA100108.jpg

堰上道路の突き当たりを左折してすぐ 大井川鐵道井川線の「井川駅」。 残念ながら 2014年9月の大雨の影響で土砂崩れが発生して 末端側の接岨峡温泉~井川間が不通となってて 今は、ロープで簡単にだけど 封鎖されていたし 人っ子一人いない状態。 でも調べてみたらこの11月に再開するみたい

PA100110 (1)

この分岐に気づかずに えんじ色の板金屋根が並ぶ町内をだいぶウロウロした  井川ダム建設で沈んだ井川村は 金銭補償ではなくて代替地造成による新しい井川村の創造という補償を求めたそうだから  きっとあの町内が新しくなった井川村なんだと思う  お墓とかもちゃんと移せたのかな。 


見えにくいけど 今日の中間目的地、「千頭」の文字がやっと見えたから 良しとして 大井川 完結につづく



スポンサーサイト