FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
  04 ,2020

プロフィール

小々次郎

Author:小々次郎
SR400 に乗っておっかなびっくりいろんな所に出かけては、いろいろ感じる 50代。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
29

Category: 2019年12月31日  隅田川

Tags: ---

本文: 17  Trackback: 0

隅田川 その6
4月のはじめにAmazonさんにお願いしていたマスクがいまだ届きません「お荷物の状況を確認できません」って云ってる やっぱり詐欺なんでしょうか 割とお高めだったし 欲張って100枚も頼んじゃったから 結構な痛手  朝早くからドラッグストアーに並んでご苦労様ですなんて思っていたけど 現物を見て買う安心さをあらためて思い知りました  慣れきった通販な体質も改善しないとダメだな  負け犬は使い捨てのヤツも2回は洗濯して使っています(涙)

泣いてばかりもいられないし 外出も深呼吸もできませんので また「吾妻橋」からシレッとはじめますよ ごめんなさいね

「吾妻橋東詰」から隅田川を「吾妻橋」で渡りきると「浅草」の交差点。 向こう角に建つ「神谷バー」の洋館が懐かしい。 あなた全然変わらないね  30年近く前「電気ブラン」をチェイサーがわりに生ビールをよく飲んだものです 銘柄は当然ご近所の「アサヒビール」。 バーというよりはレストラン使いだったのを覚えてる

PC310270.jpeg

Kさんを押して「雷門」をくぐり  今では考えられないけど おしくらまんじゅうでもしているような大混雑の「仲見世商店街」を器用に抜け 「伝法院通り」を西にしばらく行くと 思った通りここにも行列ができていました「洋食ヨシカミ」。

PC310274 2

田舎者は謝られるほど美味しいって評判のお店にずっと憧れていたから 入り口の張り紙には45分待ちとアルけどしょうがない やっと念願叶うんだから 待ちますよって名前を記入してきた  店頭に並んでるだけじゃなくて30分ぐらいどっかぶらぶらしてる人もいるんじゃないかな  でも10分もしないうちにお一人様の小々次郎様って呼ばれて オレだけ先に入れてもらえたのは嬉しいんだけど 清潔感がない本当に狭い席だった(涙)

PC310277.jpegPC310278.jpeg

両方ともピントが合ってないし 見た目よりは美味しかったんだけど  謝られるほどかと云うと「申し訳ないス!」の「ス!」のあたりにちょっとふざけてるような 気がしたり しなかったり。 エビフライは名古屋にある「はね海老」さんの圧勝。でもナポリタンのマッシュルームが缶詰のじゃなくて生なヤツだったし 謎が深まるインゲンもまぁまぁバランス取れてておいしかった パスタもモッチリと太麺で好みのタイプでしたよ ごちそうさまでした

また一段と多くなった席待ち客を横目に 混雑を避け「仲見世商店街」までは戻らずに アスファルトまでオレンジ色に塗ってある「オレンジ通り」で「雷門通り」まで出て渡り「駒形一丁目」の交差点を右折してしばらくすると、 あなたも塗ってもらったばっかりかな ビシッと決めた「駒形橋」が 頭上にいるお日様のおかげで 光沢と高い信頼を纏っていました

PC310280.jpeg

「駒形橋」
竣工 1927年(昭和2年)
橋長 149.6m 幅員 22.9m
32.461+74.676+32.461mの3径間
 上路 + 中路 +上路
2ヒンジソリットリブアーチ

PC310262_20200427171708742.jpeg

隅田川はなんとセーヌ川と友好河川と云うだけあって 薄っぺらい顔した人間さえ写ってなければ ちょっとだけシャンゼリゼな風が吹いてる 気がしたり しなかったり。 街路灯にチョコンといる小鳥ちゃんもわかっていてそんな風を見つめているのかもしれない  昭和の2年の竣工ってことで 熟考を重ねた親柱のアール・デコ様式のデザインが頂点に達していてカッコイイ。 
 
駒形堂

ここもやっぱり江戸時代から「駒形の渡し」(竹町の渡し)があった場所。駒形の名は上の写真奥に写っている 「馬頭観世音」を安置している「駒形堂」に由来。 この堂宇は当初隅田川に向かって東向に建っていたのが現在は隅田川を背に西向きに建っている 江戸っ子は濁さずに「こまかた」と発音するとアル いまいち江戸っ子のルールがわかんないな

「駒形橋」で隅田川を往復して渡り 首都高速6号向島線が影を落とす暗い道を隅田川の流れに合わせて下ること400m。隅田川の上流から数えて27本目の橋は「厩橋」。

PC310288.jpeg

ここにもやっぱり江戸時代から「御厩の渡し」があって人や物資の輸送に役立っていたとアル。橋名は浅草の米蔵に付属する「御厩」(馬屋)が かつてこの地にたくさんあったことに由来。 なので馬の意匠が随所に施されています

PC310294.jpeg

大きな山アーチの終わりが落ちずにもう一度浮き上がるように小さな谷アーチが作ってある 遠くからなら連なった波を描いたように見えるハズ  美しいと云う人もいるでしょう  でも昭和の大型工業製品みたいな緑青色も手伝ってオレにはバタ臭く見える。 イヤ バタ臭くていい感じ。 街路灯の柱にもワントーン色を薄くして馬の彫刻が施されていて手がかかっているね

PC310292.jpeg

「厩橋」の橋上で上流側に振り返って「駒形橋」の全貌。 こうして見ると「バランスドアーチ」だとわかる 隅田川の川幅は150mぐらい ここまで来ると風も強くなって波も騒がしくなってきた 磯の香りはしなかったけど もう完全に海の色だな 次回はカナブンみたいなあの船に乗ってみたい 「厩橋」の橋上13時36分。

PC310298.jpeg

よく見えないけど 親柱にも馬のステンドグラスが嵌め込まれているから夜は綺麗なんだそう 「厩橋」が初めて架橋されたのが 1874年(明治7年)民間の有志による木橋が初代 1887年(明治20年)に東京府に移管され 1893年(明治26年)に鋼トラス橋に架け替えられた2代目は関東大震災で木製だった橋板が炎上して大破  現在の橋が3代目。

「厩橋」(うまやはし)
竣工 1929年(昭和4)年9月
橋長 151.4m 幅員 22.0m
45.720+54.864+45.720mの3径間
下路のタイドアーチ 3連

07220-768x510.png

葛飾北斎 富嶽三十六景「御厩川岸より両国橋夕陽見」


家でジッとして 隅田川 その7につづく

スポンサーサイト